新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧2015年シカゴオートショーで新型「パイロット」を世界初披露 / navi

クルマニュース

2015年シカゴオートショーで新型「パイロット」を世界初披露 / navi

(2015/02/13)

Hondaの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーター(本社:カリフォルニア州トーランス 社長:山田 琢二)は、2015年2月12日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

Hondaは、2015年シカゴオートショー(プレスデー:2月12日〜13日、一般公開日:2月14日〜22日)にて、新型「パイロット」を世界初披露しました。

3代目となる新型パイロットは、モダンで洗練されたデザインと車格にふさわしい堂々としたフォルムを実現した、Hondaのトップレンジに位置付けられるSUVです。パワートレインには、3.5L直噴SOHC i-VTEC V型6気筒エンジンを採用。トランスミッションは6速オートマチックに加えて、上級グレードには9速オートマチックを採用し、走りと燃費性能を高次元で両立しています。また、パイロットはトップレンジにふさわしい数々の快適装備や高レベルの衝突安全性能に加えて、ミリ波レーダーと単眼カメラによる高精度な検知機能を備えた先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を採用し、安心で快適な運転や事故回避を支援します。

パイロットは米国オハイオ州にあるホンダR&Dアメリカズで開発されました。Hondaは米国アラバマで新型パイロットを量産し、2015年夏に米国での発売を予定しており、「Sport/Utility of the Year」※1を受賞した「CR-V」や、今春発売予定の「HR-V(日本名:ヴェゼル)」と合わせて、より強力なSUVラインアップへの拡充を目指します。

※1 米国モータートレンド誌 「2014 Motor Trend Sport/Utility of the Year」

新型パイロット


■新型パイロットの主な特長

・エクステリアデザインはモダンでありながら、堂々としたフォルムを実現しており、LEDヘッドライト※2やLEDリアコンビネーションランプ、20インチアルミホイール、パノラミックルーフ※2などがそれを際立たせています。また、インテリアはキャビンに採用されたソフトタッチな素材やLEDルームランプなどにより、プレミアムな質感を一貫しています。加えて、シートヒーターや、3列目シートへのアクセスを容易にする2列目キャプテンシート※3を設定することで、快適性も高めています。

・パッケージングは、従来モデルに比べて全長を約8cm延長し、カーゴスペースを大幅に拡大。クラストップ※4の室内空間を実現しています。また、ワンタッチのボタン操作でスライドやチルトを可能にするワンタッチウォークイン機構を備えた2列目シートを採用し、3列目シートへの乗降性を大きく向上しています。

・パワフルな3.5L直噴SOHC i-VTEC V型6気筒エンジンは、アイドリングストップ機構を備えることで優れた環境性能も実現しています。また、トランスミッションは6速オートマチックに加えて、上級グレードには9速オートマチックを採用することで、ダイレクトなレスポンスと、クラストップ※4の高い燃費性能を発揮します。FFモデルに加えて、走破性に優れた新開発のAWDモデルを設定し、クラストップ※4の空力性能とともに、従来モデル比で約130kgの軽量化を実現しており、上級SUVにふさわしい静粛性能も備えています。

・複数のUSBポート、AUX、HDMIやヘッドフォンなどの豊富な入力端子、12Vと115Vの電源を備えたインテリアは、日常的に使われるスマートフォンやタブレットなどのデジタル機器を、車内でもストレスなく使用できる環境を実現しています。また、最新のテレマティクス装備として、8インチのタッチスクリーン式ディスプレイオーディオも採用しています。

・パイロットは、高レベルの衝突安全性能に加えて、ミリ波レーダーと単眼カメラによる高精度な検知機能を備えた先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を採用することで、安心で快適な運転や事故回避を支援します。

※2 オプション設定
※3 上級グレードに設定
※4 Honda調べ(2015年2月現在)

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027