新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ、新型軽商用車「エブリイ」 新型軽乗用車「エブリイワゴン」を発売 / navi

クルマニュース

スズキ、新型軽商用車「エブリイ」 新型軽乗用車「エブリイワゴン」を発売 / navi

(2015/02/18)


エブリイ PC

エブリイワゴン PZターボスペシャル


スズキ株式会社は、軽商用車「エブリイ」と軽乗用車「エブリイワゴン」を全面改良し、2月18日より発売する。

今回発売する新型「エブリイ」「エブリイワゴン」はともに、「広さ」「低燃費」「使いやすさ」を追求した軽ワンボックスである。
新型「エブリイ」は、クラストップ※1の荷室サイズ※2、クラストップ※1の低燃費と力強い走り、豊富な収納スペースと優れた積載性を特長とする、仕事に役立つ軽商用車である。
新型「エブリイワゴン」は、クラストップ※3の室内サイズ※4、全車ターボエンジン搭載による軽快な走りとクラストップ※3の低燃費を実現し、快適装備も充実させた趣味・レジャーを楽しむ軽乗用車である。
さらに、「エブリイ」「エブリイワゴン」ともに、クラス初※5となる衝突被害軽減ブレーキをはじめとする先進安全技術を採用した。
※1 軽キャブバンクラス。2015年2月現在、スズキ調べ。
※2 荷室サイズとは、荷室長・荷室幅・荷室高の寸法(国土交通省審査値)。
※3 軽キャブワゴンクラス。2015年2月現在、スズキ調べ。
※4 室内サイズとは、室内長・室内幅・室内高(ハイルーフ車)の寸法(国土交通省審査値)。
※5 エブリイは軽キャブバンクラス。エブリイワゴンは軽キャブワゴンクラス。2015年2月現在、スズキ調べ。

新型「エブリイ」の主な特長


(1)クラストップ※1の広い荷室と開口部

荷室空間・居住空間
・クラストップ※1を実現した1,910mm(PC、PA)の荷室長(2名乗車時)、1,385mmの荷室幅(4名乗車時)、1,240mm(GAを除く)の荷室高、1,955mm※6の荷室床面長(2名乗車時)。
・助手席前倒し時床面長(1名乗車時)もクラストップ※1の2,640mmに拡大。
・タイヤ位置とダッシュパネルを前方へ移動することで、荷室を拡大しながらも、先代モデル同等の前席乗員スペースを確保。
・シートスライド量を運転席で65mm、助手席は60mm拡大。
※6 助手席シートスライドを最前端にした際の助手席後端からバックドアまでの長さ。
バックドア・後席ドア開口部
・1,165mm(GAを除く)のバックドア開口部高、1,340mmの開口部幅(最大)ともにクラストップ※1を実現。荷室床面地上高を650mmに下げて荷物の積載性を向上。
・後席ドア開口部はクラストップ※1の1,255mmの開口部高、375mm(JOINターボ、JOIN除く)のリヤステップ高の低さに加え、開口部幅を拡大し、クラストップ※1の775mmの開口部幅(最大)を実現。積載性とともに後席の乗降性も向上させた。
   

(2)クラストップ※1の低燃費と力強い走り

低燃費
・クラストップ※1の低燃費20.2km/L(PA・GA 2WD・5AGS車)と、力強い走りを両立させた。
NA全車はクラスで唯一※1エコカー減税に対応し、さらに5AGS車は免税対象とした。
エンジン
・NA・ターボともに吸気VVT機構を採用したR06A型エンジンを搭載。太い中低速トルクにより、荷物積載時にもスムーズな走行性能を実現。
トランスミッション
・5MTをベースに、クラッチおよびシフト操作を自動化したオートギヤシフト(AGS)搭載車をNA車に新設定。電子制御による優れた燃費性能、MTベースの力強い走破性、ギヤ比の最適化による高い登坂性能、高速走行時の高い静粛性を実現。
・ターボ車に設定した4ATは、中低速域での扱いやすさの向上を図り、トランスミッションのトルク容量を最適化した。
最大40kgの軽量化
・高張力鋼板の使用範囲を増やしたボディーをはじめ、エンジンや足回り、内装、電装部品等、車両全体で40kg(5MT車。先代モデルとの比較)の軽量化を実現。

(3)豊富な収納スペースと優れた積載性

収納スペース
・使いやすい位置に設けたインパネドリンクホルダーや、スマートフォンを置くのに最適なセンターミドルトレー、A4サイズの書類を収納できるフロントドアポケットなど、お客様の声に応えた豊富な収納スペース。
・前席の頭上に、A4ファイル2冊と薄型のティッシュボックスを収納できるオーバーヘッドシェルフを採用(JOINターボ、JOIN、PC)。
積載性・運転のしやすさ
・荷室空間を有効活用できる、マルチルーフバーやネットラックなどの販売会社装着アクセサリーに対応したユーティリティーナットを荷室上部や側面に新設定。
・後席スライドドアには、より開閉のしやすい縦型ドアハンドルを採用。
・ロングホイールベース化しながらも、最小回転半径4.1mの優れた小回り性能を実現。

(4)クラス初※1の衝突被害軽減ブレーキを採用(メーカーオプション設定)

・クラス初※1となる衝突被害軽減ブレーキを搭載したレーダーブレーキサポート装着車を設定。
*JOINターボ 4AT車とJOIN 5AGS車にレーダーブレーキサポート[衝突被害軽減ブレーキ]、誤発進抑制機能、エマージェンシーストップシグナル、ESP(R)をセットでメーカーオプション設定。
PAとPCの5AGS車にレーダーブレーキサポート[衝突被害軽減ブレーキ]、誤発進抑制機能、エマージェンシーストップシグナル、ESP(R)、4輪ABSをセットでメーカーオプション設定。

新型「エブリイワゴン」の主な特長


(1)軽乗用車トップ※7の室内長をはじめ、クラストップ※3の室内サイズ※4

室内空間
・軽乗用車トップ※7の2,240mmの室内長をはじめ、クラストップ※3となる1,420mmの室内高(ハイルーフ車)、1,355mmの室内幅を実現。
・フロントシートにはゆとりのあるベンチシートを採用。また、シートスライド量を運転席は65mm、助手席は60mm拡大した。
・ロングホイールベース化とリヤシートスライド量の拡大により、クラストップ※3の1,080mmの前後乗員間距離を実現。
※7 2015年2月現在、スズキ調べ。

(2)R06A型ターボエンジンによる軽快な走りとクラストップ※3の低燃費

エンジン
・低速域から力強いトルクを発揮し、高速域では伸びやかな走りのR06A型ターボエンジンを全車に搭載。軽快な走りとクラストップ※3の低燃費16.2km/L(2WD車)を両立させた。
トランスミッション
・ターボエンジンに合わせトルク容量を最適化した4ATを採用。中低速域での扱いやすさを向上した。

(3)趣味やレジャーを満喫できる使い勝手と快適装備

シートアレンジ・使い勝手
・左右分割可倒式リヤシートや助手席前倒し機構による、多彩なシートアレンジ。
・販売会社装着アクセサリーを装着できるユーティリティーナットやラゲッジボードステーにより、趣味やレジャーに合わせた室内空間のカスタマイズを可能とした。
快適装備
・携帯リモコンを身につけていれば、ワンアクションスイッチを押すだけで解錠と開閉が可能なワンアクションパワースライドドア[挟み込み防止機構付](PZターボスペシャル:後席両側、PZターボ:後席左側)。
・左側スライドドアの開閉に連動して出現・格納し、乗り降りに便利な電動オートステップをクラスで唯一※3採用(PZターボスペシャル:後席左側)。
・車速が約15km/hに達すると、全てのドアを自動で施錠する車速連動式オートドアロック。

(4)広さやゆとり、上質感を追求したデザイン

エクステリア
・極限まで広さや大きさを追求したスタイリング。シャープで上質感のあるフロント、安定感のあるサイド、スマートな印象のリヤビューにより、質感を表現。
・新色「ガーデニングアクアメタリック」「ムーンライトバイオレットパールメタリック」をはじめ、全5色の車体色を設定。
インテリア
・機能性を重視したインパネレイアウト。インテリアはベージュを基調に高い質感に仕上げ、包み込まれるような安心感と、広々とした解放感に満ちた室内空間を表現。

(5)クラス初※3の衝突被害軽減ブレーキを全車に標準装備

・クラス初※3の衝突被害軽減ブレーキをはじめとする先進安全技術を全車標準装備とした。
*レーダーブレーキサポート[衝突被害軽減ブレーキ]、誤発進抑制機能、エマージェンシーストップシグナル、ESP(R)。

販売目標台数(月間) 新型「エブリイ」、「エブリイワゴン」合計7,000台


メーカー希望小売価格(消費税8%込み/単位:円)


エブリイ(商用)
■GA:923,400~1,053,000
■PA:923,400~1,128,600
■PC:1,013,040~1,218,240
■JOIN:1,099,440~1,304,640
■JOINターボ:1,199,880~1,426,680

エブリイワゴン(乗用)
■JPターボ:1,425,600~1,566,000
■PZターボ:1,566,000~1,706,400
■PZターボスペシャル:1,641,600~1,782,000

* 2WDは後輪駆動。
* 価格には、リサイクル料金、保険料、税金(除く消費税)、届出等に伴う費用は含まれない。
* 環境対応車普及促進税制による自動車取得税の減税措置は平成27年3月31日新車届出、自動車重量税の減税措置は平成27年4月30日新車届出まで。
* パールホワイト・ムーンライトバイオレットパールメタリック塗装車は21,600円高。(エブリイワゴン)
* レーダーブレーキサポート、ESP(R)、誤発進抑制機能、エマージェンシーストップシグナル、ヒルホールドコントロール、4輪ABSはセットでメーカーオプション設定、48,600円高。(エブリイ「PC」「PA」5AGS車)
* レーダーブレーキサポート、ESP(R)、誤発進抑制機能、エマージェンシーストップシグナルはセットでメーカーオプション設定、43,200円高。(エブリイ「JOINターボ」4AT車、「JOIN」5AGS車)
* バックアイカメラ装着車は10,800円高。(エブリイワゴン「PZターボスペシャル」)
* ESPはDaimler AGの登録商標。

「エブリイ」WEBカタログ
「エブリイワゴン」WEBカタログ

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト(2020/03/28)
【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト(2020/03/25)
【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし(2020/03/24)
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
【試乗】スバル WRX STI タイプRA-R|最後のSTIコンプリートモデルだけあって納得の完成度の高さだ(2020/03/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
3
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
4
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
5
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
6
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
7
down
【試乗】スバル WRX STI タイプRA-R|最後のSTIコンプリートモデルだけあって納得の完成度の高さだ(2020/03/15)
8
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
10
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027