新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧2015年ジュネーブモーターショーにて欧州向け新型「シビック TYPE R」を発表 / navi

クルマニュース

2015年ジュネーブモーターショーにて欧州向け新型「シビック TYPE R」を発表 / navi

(2015/03/04)

Hondaの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッド(本社:バークシャー州ブラックネル 社長:神子柴 寿昭)は、2015年3月3日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

Hondaは、ジュネーブモーターショー(プレスデー:2015年3月3日~4日、一般公開日:3月5日~15日)にて、欧州向け新型「シビック TYPE R」を発表しました。

欧州向け新型シビック TYPE Rは、「歴代最高のシビック TYPE R」を目指し、レーシングカーのような高い走行性能を発揮するモデルとして開発されました。
エクステリアデザインは、ダウンフォースを高めながらドラッグ(空気抵抗)を減らすエアロダイナミクス性能を徹底して追求し、スポーツモデルらしい魅力と、性能を兼ね備えたデザインとしています。

パワートレインには、走りと環境性能を高次元で両立させる新世代パワートレイン技術群「EARTH DREAMS TECHNOLOGY(アース・ドリームス・テクノロジー)」の一つとなる新開発「2.0L VTEC TURBOエンジン」を初採用。歴代TYPE Rモデルで最高となる最高出力310馬力※、最大トルク400N・m※を達成しています。
また、19インチの大径アルミホイール&タイヤ、ブレンボ社製ブレーキキャリパー&350mm径ブレーキディスクローターなど、高い動力性能を生み出すさまざまな機能を採用しています。

欧州向け新型シビック TYPE Rは、2015年夏に欧州各国で販売を開始する予定です。

※ Honda測定値

欧州向け新型シビック TYPE R


【欧州向け新型シビック TYPE Rの主な特長】


・「2.0L VTEC TURBOエンジン」を初採用。新開発となるこの直列4気筒エンジンは、Honda独創のVTECに直噴技術とターボチャージャーを組み合わせることにより、最高出力310馬力※1、最大トルク400N・m※1という、歴代TYPE Rモデルで最高となる性能を発揮します。また、6速マニュアルトランスミッションとの組み合わせにより、0-100km/hの加速は5.7秒※1、最高速度は270km/h※1と、FFハッチバックモデルにおいてトップレベルの走行性能を実現しました。

・エクステリアデザインは、欧州シビック(5ドア)をベースに、高い走行性能に貢献する機能性と、スポーツモデルらしいアグレッシブさを備えたデザインを目指しました。

・エアロダイナミクス性能は、高速走行時の安定性と高いダウンフォース性能の実現を目指し、コンピューターによるシミュレーションや風洞施設の活用のほか、北海道・鷹栖プルービングセンターのテストコースや三重県・鈴鹿サーキット、そしてドイツ・ニュルブルクリンク北コースなど、さまざまなコースでの徹底したテスト走行を通じて開発が進められました。

・車体底部を平らにするように配置された整流板と、リアバンパー下部のディフューザーにより、車体下部を流れる空気を効果的に流すことで高いダウンフォースを発生させるとともに、フロントバンパー下部のスポイラーとサイドスカートがリフト(車体を上に持ち上げようとする力)を低減させています。

・リアウイングスポイラーやフロントバンパーなど、随所においてドラッグ(空気抵抗)の低減とダウンフォースの増加に貢献するデザインとしたことで、高速走行時の安定性を生み出しています。

・高出力を確実に路面に伝え、爽快なハンドリングを実現するため、「アダプティブダンパーシステム」を前後サスペンションに採用しました。また、高出力のFF車の特徴であるトルクステアを軽減する「デュアルアクシスストラットサスペンション」をフロントに採用。コーナリング時の安定性やステアリングフィールの向上を生み出しています。

・19インチ軽量アルミホイールと235/35R19タイヤ、また、高出力による走りに対応するため、フロントブレーキにブレンボ社製4ピストンブレーキキャリパーと350mm径ドリルドディスクローターを、シビック TYPE R専用装備として採用しました。

・より爽快で本格的なスポーツ走行が可能となる「+R」モードを採用。インストルメントパネルにある「+R」ボタンを押すことで、エンジンのレスポンスや力強さ、サスペンションのダンパー性能、パワーステアリングのアシスト力などが変更され、さらに高いハンドリング性能をドライバーに提供します。

・こうした高い走行性能の追求により、ニュルブルクリンク北コースにて開発車両で行われた走行テストにおいて、FFハッチバックモデルでトップ※2となる7分50秒※1のラップタイムを記録しました。

※1 Honda測定値
※2 Honda調べ(2015年3月現在)

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027