新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アストンマーティンVantage GT3スペシャルエディション / navi

クルマニュース

アストンマーティンVantage GT3スペシャルエディション / navi

(2015/03/11)

• 軽量化を追求した究極のVantageスペシャルエディションは100台の限定モデル
• モータースポーツ直系のシャーシ、空力、ハンドリング
• 公道とサーキットのギャップを埋める架け橋

Vantage GT3スペシャルエディション

2015年2月18日、ゲイドン:
アストンマーティンは、本日、Vantage史上もっともポテンシャルが高く、妥協を排除した究極のモデル、Vantage GT3スペシャルエディションの詳細を発表します。

全世界でわずか100台限定のニューモデルは、長年にわたるアストンマーティンのモータースポーツ活動の経験が十分に活かされ、Vantage史上もっともパフォーマンスに特化したロードゴーイングカーとして登場します。

最新世代に進化した6.0リッターV12エンジンは、最大600PS1の最高出力を誇り、車両重量はスタンダードバージョンのV12 Vantage Sよりも100kgも軽量化されています。

エンジニアリングが抜本的に見直されただけでなく、スタイリングにもメスが入れられた結果、GT3マシンにインスピレーションを受けたスペシャルエディションは、ヴァンテージ・ファミリーでももっとも低く、もっともワイドです。フロント、リアともにトレッドが拡げられたことにより、左右方向の荷重移動が少なくなり、コーナリングフォームがいっそう安定しました。ミシュランPilot Super Sportタイヤの採用により、既存モデルを上回るハンドリングを実現しています。

エクステリアとインテリアにカーボンファイバーを多用し、大型リアウイングや存在感溢れるフロント・スプリッターなど、サーキット走行を重視した空力パッケージなど、先進のモータースポーツ直系デザインを纏うこのニューモデルは、ロードゴーイング・アストンマーティンに、これまで以上のポテンシャルとスタイリングをつけ加えています。

特に空力パッケージの効果は大きく、強大なダウンフォースを生み出し、超高速走行時のグリップと安定性を向上させます。

アストンマーティン・レーシングによるモータースポーツ・プログラムの成功に刺激を受けたVantage GT3は、英国ウォリックシャー州ゲイドンのアストンマーティン・ヘッドクオーターでデザイン、エンジニアリングされています。その仕上がりは、Vantageを定義するすべての要素が極限まで引き上げられ、一般道では驚異的なドライバビリティを、そしてサーキットでは妥協を排除したダイナミックなパフォーマンスを提供します。

大きく張り出したカーボンファイバー・フロントウイング、カーボンファイバー・ボンネット、レース直系のリチウムイオン・バッテリー、カーボンファイバー・ドアケーシング、カーボンファイバー・ルーフ(オプション)、軽量ポリカーボネート・リアウィンドウ(オプション)、リアクォーター・ウィンドウ(オプション)は、可能なかぎり軽量化を追求するエンジニアの決意の表れです。この徹底的なアプローチが功を奏して、Vantage GT3スペシャルエディションの車両重量は、1,565kg2に引き下げられています。

グラマラスなボディの下には、600PS1の最高出力を誇るV12エンジンのほか、テーラーメイドのエンジニアリング・アップグレードが施されています。ジオメトリーが見直されたマグネシウム・インテーク・マニホールド、軽量マグネシウム・トルクチューブ、センター出しのフルチタン・エグゾースト・システムなどが、エクスクルーシブ性の高いこのニューモデルのリエンジニアリングの好例です。

インテリアにも、エクステリアと同等の見直しがなされ、フルカーボンファイバー・センタースタックやタッチセンサー・コントロール、レース直系のカーボンファイバー・スポーツシート、アルカンターラ・トリムのほか、アストンマーティンが誇るパーソナリゼーション・サービス、Q by Aston Martinによるビスポーク・オプションが豊富に用意されます。

Vantage GT3スペシャルエディションを発表したアストンマーティン最高経営責任者(CEO)のDr. アンディ・パーマーは、次のように述べています。「アストンマーティンには、モータースポーツの血統が受け継がれています。Vantageは、世界各国のトップレベル・スポーツカー選手権に参戦しているため、モータースポーツのノウハウを量産車にフィードバックし、エクスクルーシブな限定仕様を製作するには、Vantage以上に適したモデルはないでしょう。」

さらにDr. パーマーは、次のように付け加えています。「Vantage GT3スペシャルエディションは、アストンマーティンのデザインとエンジニアリングにおける専門性の高さを証明する1台であり、100名のオーナーの皆さまには、公道とサーキットとを問わず、ステアリングを握るすべての機会と時間を心から楽しんでいただけます。」

Vantage GT3スペシャルエディションは、3月3日、第85回ジュネーブ・インターナショナル・モーターショー(ホール5、スタンド5253)で一般公開されます。お客様への納車は、2015年第3四半期から始まる予定です。

関連画像:http://we.tl/18T9QPzvrU

1 最高出力は推定値

2 装備重量は推定値


※Vantage GT3スペシャルエディションは、北米および中国では販売されません。



詳しい情報は:



詳しい情報は、アストンマーティン公式ウェブサイト(www.astonmartin.com)または公式メディアサイト(www.astonmartin.com/media)から入手可能です。Vantage GT3の主要諸元および技術データは、添付1をご覧ください。

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アルピーヌ A110S │腕自慢に乗ってほしい! 本場アルプスで鍛えられた、超ストイックなリアルスポーツカー(2020/05/22)
【試乗】新型 BMW X7|500km以上の道のりでも駆けぬける歓びが絶えず湧き上がるラグジュアリーSUV(2020/05/18)
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
【試乗】BMW 8シリーズグランクーペ M850i xドライブ│長距離は大得意! とにかくエレガントな4ドアクーペ(2020/04/28)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル(2020/04/12)
3
up
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
4
down
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
5
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
6
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
7
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
8
down
【試乗】新型 ホンダ N-WGN│室内広々、出だしは力強い! 街乗りにピッタリな1台(2020/04/18)
9
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
10
down
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027