新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧TOYOTA、クラウン誕生60周年記念特別仕様車“空色 edition”ならびに“若草色 edition”を設定 / navi

クルマニュース

TOYOTA、クラウン誕生60周年記念特別仕様車“空色 edition”ならびに“若草色 edition”を設定 / navi

(2015/03/26)


TOYOTAは、クラウンの誕生60周年を記念し、外板色に空色および若草色を採用した特別仕様車“空色 edition”ならびに、“若草色 edition”を設定。全国のトヨタ店(東京地区は東京トヨタおよび東京トヨペット)を通じて、4月1日(水)から30日(木)までの1カ月間、期間限定で注文を受け付ける。なお、生産開始は2015年6月を予定している*1。

クラウン特別仕様車 アスリートS“空色 edition”(特別設定色 空色) クラウン特別仕様車 アスリートS“空色 edition”(特別設定色 空色)

クラウン特別仕様車 アスリートS“若草色 edition”(特別設定色 若草色) クラウン特別仕様車 アスリートS“若草色 edition”(特別設定色 若草色)


今回の特別仕様車は、アスリートS(ハイブリッド車・2WD)、アスリートS Four(ハイブリッド車・4WD)をベースに、2014年7月から全国で放送しているクラウンのTV-CMに登場する空色、若草色クラウンをイメージして開発。具体的には、現在販売中の特別仕様車“Black Style”で採用しているブラック塗装を施したフロントグリル(格子部分)やブラックスパッタリング工法*2で塗装を施した18インチアルミホイールなどの装備に加え、外板色にはクラウンに乗った際に感じられる「爽快感」や「開放感」を象徴する空色、若草色を設定した。インテリアにおいても、特別設定色「ホワイト」を本革シート表皮などに採用したほか、インストルメントパネルサイドとドアトリムに空色、若草色の専用ステッチを施すなど、誕生60周年の記念にふさわしい特別感を備えた仕様としている。

*1 納車開始のタイミングは仕様・地域によって異なる
*2 銀白色の金属であるクロム原子を真空中で付着させる工法

【特別仕様車の概要】

クラウン特別仕様車 アスリートS/アスリートS Four“空色 edition”
■外板色
▽特別設定色「空色」<8V7>
■特別装備
(外装)
▽フロントグリル(ブラック+スモークメッキ枠付)
&ボンネットフードモール(スモークメッキ)/王冠エンブレム(メッキ+スモーク塗装)
▽225/45R18 91Wタイヤ+18×8Jアルミホイール(ブラックスパッタリング塗装)
&センターオーナメント(スモークメッキ)
▽ヘッドランプ(ブラッキッシュエクステンション+スモークメッキ加飾)
▽リヤライセンスガーニッシュ(スモークメッキ)
▽リヤバンパースポイラー(ブラック)
▽LEDリヤコンビネーションランプ(ダークスモークメッキエクステンション)
(内装)
▽専用ホワイト仕様
•本革シート表皮&ドアトリム
•インストルメントパネルアッパー
•シートベルト
•センターコンソール&オーディオカバー
•フロントセンターアームレスト
▽専用「空色」ステッチ
•インストルメントパネルサイド/ドアトリム(フロント・リア)
▽カーボン調パネル
•インストルメントパネル
•ドアトリム
•シフトノブ
(その他)
▽ドライバーサポートパッケージ(オートワイパー[雨滴感応式]/自動防眩インナーミラー)
▽イージークローザー(ラゲージドア)
■専用販売店装着オプション
(外装)
▽特別設定色「空色」<8V7>
•リヤスポイラー
•サイドプロテクションモール
(内装)
▽専用「空色」メタルネーム
▽専用「空色」パイピング
•専用フロアマット

クラウン特別仕様車 アスリートS/アスリートS Four“若草色 edition”
■外板色
▽特別設定色「若草色」<6W5>
■特別装備
(外装)
▽フロントグリル(ブラック+スモークメッキ枠付)
&ボンネットフードモール(スモークメッキ)/王冠エンブレム(メッキ+スモーク塗装)
▽225/45R18 91Wタイヤ+18×8Jアルミホイール(ブラックスパッタリング塗装)
&センターオーナメント(スモークメッキ)
▽ヘッドランプ(ブラッキッシュエクステンション+スモークメッキ加飾)
▽リヤライセンスガーニッシュ(スモークメッキ)
▽リヤバンパースポイラー(ブラック)
▽LEDリヤコンビネーションランプ(ダークスモークメッキエクステンション)
(内装)
▽専用ホワイト仕様
•本革シート表皮&ドアトリム
•インストルメントパネルアッパー
•シートベルト
•センターコンソール&オーディオカバー
•フロントセンターアームレスト
▽専用「若草色」ステッチ
•インストルメントパネルサイド/ドアトリム(フロント・リア)
▽カーボン調パネル
•インストルメントパネル
•ドアトリム
•シフトノブ
(その他)
▽ドライバーサポートパッケージ(オートワイパー[雨滴感応式]/自動防眩インナーミラー)
▽イージークローザー(ラゲージドア)
■専用販売店装着オプション
(外装)
▽特別設定色「若草色」<6W5>
•リヤスポイラー
•サイドプロテクションモール
(内装)
▽専用「若草色」メタルネーム
▽専用「若草色」パイピング
•専用フロアマット

【メーカー希望小売価格】(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円/消費税込み)
■クラウン特別仕様車 アスリートS“空色 edition”:5,550,000~5,766,000
■クラウン特別仕様車 アスリートS“若草色 edition”:5,550,000~5,766,000
*価格にはリサイクル料金は含まれない

クラウン特別仕様車車両情報はこちら:http://toyota.jp/crownathlete/grade/special2/

クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027