新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧LEXUS、新型プレミアムクロスオーバー「RX」をワールドプレミア / navi

クルマニュース

LEXUS、新型プレミアムクロスオーバー「RX」をワールドプレミア / navi

(2015/04/02)

LEXUSは、米国・ニューヨークで4月1日より開催されている2015年ニューヨーク国際オートショー*1において、新型プレミアムクロスオーバーRX450hとRX350を発表した。

RXは、1998年に初代モデルを北米などで発売以来、プレミアムクロスオーバーマーケットをけん引するリーダーであり、LEXUS販売を支える主力モデルとして高い評価を受けてきた。新型RXは「RXでありながら、RXであることを超えていく」を命題に開発され、歴代モデルが培ってきたお客様からの高い信頼にさらに磨きをかけると共に、新しい魅力をもったプレミアムクロスオーバーへと進化を遂げた。

具体的には、流麗さと力強い存在感を兼ね備えた外観デザインや、操作性に配慮した先進機能と上質感が融合した内装を実現。また、サスペンションやボディ構造の改良により操縦安定性をさらに高めると共に、ミリ波レーダーとカメラを用いた予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を導入し、多面的な安全運転支援も図っている。

なお、新型RXの日本での発売は、2015年秋以降を予定している。

LEXUS RX450h(北米仕様) LEXUS RX450h(北米仕様)


<RXの主な特長>

▽魅力的で力強いエクステリア

・ホイールベースを従来型より50mm延長し、20インチへとホイール径を拡大することで堂々としたプロポーションとし、力強いアンダーボディの存在感を強調。併せて充分な室内空間を確保しながら、滑らかで優雅なキャビンシルエットを実現
・SUVとして独自の進化を遂げたスピンドルグリルから始まり、ボディ後端まで続く菱形のメインボディと、大きく張り出した前後のホイールフレアが、滑らかで堂々とした力強さを表現
・伸びやかなボディに、ブラックアウトしたクォーターピラーにより浮いたように見えるルーフなどのシャープな機能部品が溶け込み、先鋭的な優美さを持った造形を創出
・L字型の三眼フルLEDヘッドランプはLEXUSのアイデンティティを表現すると共に、フォグランプと一体化し、高い位置に配したコーナリングランプが安全性とスマートさを訴求。また、リヤにはボディ側面へ回りこんだL字型テールランプをLEXUS初採用しワイド感を強調
・新開発の取り付け構造により、トリム脱着が可能なセレクタブルカラートリムホイールをLEXUSで初採用し、外板色との組み合わせで足元に華やかな色を添える

LEXUS RX450h(北米仕様) LEXUS RX450h(北米仕様)
LEXUS RX450h(北米仕様) LEXUS RX450h(北米仕様)

▽上質感と先進性が融合したインテリア

・インストルメントパネルの水平軸を低い位置で貫通させ前席の広がりと一体感を強調する一方、色や素材の切り替えと立体を関連付けて造形に深みを与えることで、運転席と助手席の各空間を分離する効果も創出
・表示スペースを拡大することで視認性を高めたヘッドアップディスプレイを起点に、メーターフードからセンターコンソールへ滑らかに繋がる導線が、前後方向の伸びやかさを形成し、運転に集中できる空間を実現
・リヤシートは、従来型よりさらにレッグスペースを広げ、電動でリクライニングが可能なパワーシートや、乗員を直接温めるシートヒーターなどの機能を追加することで快適性を向上

▽素直な応答性で心地よい操縦安定性

・フロントプラットフォームを徹底的に改良し、軽快な乗り心地と安定した旋回性を実現
・ボディ剛性をさらに高めることで、乗り心地の向上だけでなく、リヤ席の振動低減や、ロール方向への動きに対する安定感の向上に寄与
・滑りやすい路面でも安定した車両制御を可能にするVDIM*2や、最適なシフト制御で快適な乗り心地を確保するAVS*3などが、確かな走行性能を支える
・RX350の直噴機構D-4S*4を搭載したV型6気筒3.5Lエンジンは、パワーと燃費・環境性能を両立。一方RX450hのハイブリッドユニットは、熱効率を追求したV型6気筒3.5Lアトキンソンサイクルエンジンと高トルクモーターを内蔵したトランスミッションを組み合わせ、低燃費とCO2排出量の低減を実現。
・スポーティバージョン“F SPORT”は、新たにチューニングを施した電動アクティブスタビライザーが、フラットかつ安定したコーナリング走行をサポート

▽予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を採用

・衝突回避支援または被害軽減を図る「プリクラッシュセーフティ」(PCS*5)、車線内走行をしやすいようにステアリング操作をサポートする「レーンキーピングアシスト」(LKA*6)、夜間の前方視界確保を支援する「オートマチックハイビーム」(AHB*7)、高速道路で先行車との車間距離を適切に保ちながら追従走行ができるレーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)、これら4つの先進安全技術をパッケージ化し搭載することで、多面的な安全運転支援を可能にする
・カメラにより、前方の車両光源を検出し、ヘッドランプの配光を先行車両や対抗車両に直接ハイビームを当てないよう最適な状態に切り替える「アダプティブハイビームシステム」(AHS*8)や、「パノラミックビューモニター」などもオプション設定し、安全運転支援を強化する

【RX主要諸元】

▼RX450h
全長(mm):4,890
全幅(mm):1,895
全高(mm):1,690
ホイールベース(mm):2,790
トレッド 前/後(mm):1,640/1,630
駆動方式:2WD(FF)、AWD
エンジン最高出力:―
システム全体最高出力*9:約300hp
タイヤ&ホイール:235/65R18、235/55R20
▼RX350
全長(mm):4,890
全幅(mm):1,895
全高(mm):1,690
ホイールベース(mm):2,790
トレッド 前/後(mm):1,640/1,630
駆動方式:2WD(FF)、AWD
エンジン最高出力:300hpを目標
システム全体最高出力*9:―
タイヤ&ホイール:235/65R18、235/55R20

*1 正式名称は「New York International Auto Show」 4月1日(水)・2日(木)プレスデー、3日(金)~12日(日)一般公開日
*2 VDIM:Vehicle Dynamics Integrated Management
*3 AVS:Adaptive Variable Suspension system
*4 D-4S:Direct injection 4stroke gasoline engine Superior version
*5 PCS:Pre-Collision System
*6 LKA:Lane Keeping Assist
*7 AHB:Automatic High Beam
*8 AHS:Adaptive High Beam system
*9 エンジンとバッテリーにより、ハイブリッドシステムとして発揮できる出力。LEXUS算出値

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる(2020/10/29)
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027