新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産自動車、ニューヨークモーターショーで新型「マキシマ」を公開 / navi

クルマニュース

日産自動車、ニューヨークモーターショーで新型「マキシマ」を公開 / navi

(2015/04/07)

新型「マキシマ」


日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は、2015ニューヨーク国際オートショー(プレスデー:4月1日~2日、一般公開日:4月3~12日)にて、今夏発売予定の新型「マキシマ」を披露しました。日産の最先端技術を搭載した8代目となる同車は、優れた走行性能、最新のデザインを誇り、中型セダンセグメントに新基準を打ち立てる「4ドア スポーツカー」として革新的なモデルとなっています。

新型「マキシマ」は、昨年の北米国際自動車ショーで披露した斬新な「スポーツセダンコンセプト」をコンセプトモデルとしています。

同車に搭載する新型3.5リッターV6エンジンは、前型モデルのエンジンに対して約6割の部品を新規に採用し、15%の燃費向上を実現しました。

エクステリアは、「スポーツセダンコンセプト」で提示した新しい基本設計概念に基づき、同セグメントとしては画期的なワイドアンドローによりスポーティーなプロポーションを実現しました。更に、Vモーショングリル、ブーメランシェイプのランプ、フローティングルーフ等、最新のニッサンデザインランゲージを余すことなく表現しています。

インテリアにおいては、ダッシュボードおよびコンソールのレイアウト、ドライバー側に振ったコンソール上の「ディスプレーコマンダー」が、スポ-ティーさを感じさせる一方で、素材や仕上げにこだわった作り込みが同セグメントに相応しいプレミアム感を表現しており、これらが絶妙にブレンドされた空間を実現しています。

新型「マキシマ」のハンドリングと乗り心地は、日産ブランドのセダン初となる1.2GPa級高成形性超ハイテン材の採用により向上しました。また、これにより、現行モデルに対して、ねじれ剛性を25%改善し、82ポンド(約37kg)の軽量化に成功しました。

テネシー州のスマーナ工場で生産予定の新型「マキシマ」は、5グレードを取り揃えており、価格は32,410ドル(USD)からとなります。

新型「マキシマ」の主な仕様は以下の通りです。

●メカニズム
▼エンジン

型式:VQ35DE
種類:DOHC
シリンダー:V型6気筒
総排気量(L/ cc):3.5 / 3498cc
最高出力(HP):300 @6,400 rpm
最大トルク(lb-ft):261 @4,400 rpm
ボア&ストローク(mm):95.5 x 81.4
圧縮比:10.6

▼トランスミッション / 駆動方式

駆動方式:前輪駆動
トランスミッション:マニュアルシフトモード付エクストロニックCVT、D-Stepロジック、スポーツチューニング

▼サスペンション

■S
フロント スタビライザーバー:ストラット式インディペンデントサスペンション、ZFザックス製ツインチューブ式ショックアブソーバー直径24.2mm(26.2mmSR)
リア スタビライザーバー:マルチリンク式インディペンデントサスペンション、ZFザックス製モノチューブ式ショックアブソーバー、直径(26.5mm)
■SV
フロント スタビライザーバー:ストラット式インディペンデントサスペンション、ZFザックス製ツインチューブ式ショックアブソーバー直径24.2mm(26.2mmSR)
リア スタビライザーバー:マルチリンク式インディペンデントサスペンション、ZFザックス製モノチューブ式ショックアブソーバー、直径(26.5mm)
■SL
フロント スタビライザーバー:ストラット式インディペンデントサスペンション、ZFザックス製ツインチューブ式ショックアブソーバー直径24.2mm(26.2mmSR)
リア スタビライザーバー:マルチリンク式インディペンデントサスペンション、ZFザックス製モノチューブ式ショックアブソーバー、直径(26.5mm)
■SR
フロント スタビライザーバー:ストラット式インディペンデントサスペンション、ZFザックス製ツインチューブ式ショックアブソーバー直径24.2mm(26.2mmSR)
リア スタビライザーバー:マルチリンク式インディペンデントサスペンション、ZFザックス製モノチューブ式ショックアブソーバー、直径(26.5mm)
■プラチナ
フロント スタビライザーバー:ストラット式インディペンデントサスペンション、ZFザックス製ツインチューブ式ショックアブソーバー直径24.2mm(26.2mmSR)
リア スタビライザーバー:マルチリンク式インディペンデントサスペンション、ZFザックス製モノチューブ式ショックアブソーバー、直径(26.5mm)

●エクステリア
▼ホイール&タイヤ

■S
ホイール
インサート塗装付 18 インチアルミホイール(8J x 18):S
ダイヤモンドターンドフィニッシュ 19 インチアルミホイール (8J x 19):-
タイヤ
オールシーズン- 245/45R18:S
オールシーズン- 245/40R19:-
■SV
ホイール
インサート塗装付 18 インチアルミホイール(8J x 18):S
ダイヤモンドターンドフィニッシュ 19 インチアルミホイール (8J x 19):-
タイヤ
オールシーズン- 245/45R18:S
オールシーズン- 245/40R19:-
■SL
ホイール
インサート塗装付 18 インチアルミホイール(8J x 18):S
ダイヤモンドターンドフィニッシュ 19 インチアルミホイール (8J x 19):-
タイヤ
オールシーズン- 245/45R18:S
オールシーズン- 245/40R19:-
■SR
ホイール
インサート塗装付 18 インチアルミホイール(8J x 18):-
ダイヤモンドターンドフィニッシュ 19 インチアルミホイール (8J x 19):S
タイヤ
オールシーズン- 245/45R18:-
オールシーズン- 245/40R19:S
■プラチナ
ホイール
インサート塗装付 18 インチアルミホイール(8J x 18):S
ダイヤモンドターンドフィニッシュ 19 インチアルミホイール (8J x 19):-
タイヤ
オールシーズン- 245/45R18:S
オールシーズン- 245/40R19:-

▼安全・セキュリティ装備

■S
タンパープルーフドアロックキーシリンダー 施錠時ハンドルロック 車両セキュリティーシステム イモビライザー:S
後側方車両検知警報(BSW):-
インテリジェントクルーズコントロール (ICC):-
MOD(移動物検知)機能付アラウンドビューモニター:-
リア・クロス・トラフィック・アラート (RCTA):-
前方衝突予測警報(PFCW):-
エマージェンシー・ブレーキ (FEB):-
ドライバー・アテンション・アラート (DAA) システム:-
■SV
タンパープルーフドアロックキーシリンダー 施錠時ハンドルロック 車両セキュリティーシステム イモビライザー:S
後側方車両検知警報(BSW):-
インテリジェントクルーズコントロール (ICC):-
MOD(移動物検知)機能付アラウンドビューモニター:-
リア・クロス・トラフィック・アラート (RCTA):-
前方衝突予測警報(PFCW):-
エマージェンシー・ブレーキ (FEB):-
ドライバー・アテンション・アラート (DAA) システム:-
■SL
タンパープルーフドアロックキーシリンダー 施錠時ハンドルロック 車両セキュリティーシステム イモビライザー:S
後側方車両検知警報(BSW):S
インテリジェントクルーズコントロール (ICC):S
MOD(移動物検知)機能付アラウンドビューモニター:-
リア・クロス・トラフィック・アラート (RCTA):S
前方衝突予測警報(PFCW):S
エマージェンシー・ブレーキ (FEB):S
ドライバー・アテンション・アラート (DAA) システム:-
■SR
タンパープルーフドアロックキーシリンダー 施錠時ハンドルロック 車両セキュリティーシステム イモビライザー:S
後側方車両検知警報(BSW):S
インテリジェントクルーズコントロール (ICC):S
MOD(移動物検知)機能付アラウンドビューモニター:-
リア・クロス・トラフィック・アラート (RCTA):S
前方衝突予測警報(PFCW):S
エマージェンシー・ブレーキ (FEB):S
ドライバー・アテンション・アラート (DAA) システム:-
■プラチナ
タンパープルーフドアロックキーシリンダー 施錠時ハンドルロック 車両セキュリティーシステム イモビライザー:S
後側方車両検知警報(BSW):S
インテリジェントクルーズコントロール (ICC):S
MOD(移動物検知)機能付アラウンドビューモニター:S
リア・クロス・トラフィック・アラート (RCTA):S
前方衝突予測警報(PFCW):S
エマージェンシー・ブレーキ (FEB):S
ドライバー・アテンション・アラート (DAA) システム:S

諸元
▼寸法(inch)

ホイールベース:109.3 インチ
全長:192.8 インチ
全幅:73.2 インチ
全高:56.5 インチ

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027