新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧2015年ニューヨーク国際自動車ショーで 2016年モデルの『アウトランダー』を世界初披露 / navi

クルマニュース

2015年ニューヨーク国際自動車ショーで 2016年モデルの『アウトランダー』を世界初披露 / navi

(2015/04/07)

三菱自動車は、2015年4月1日(水)[一般公開日は、3日(金)]から12日(日)まで米国ニューヨークのジェイコブ・K・ジャビッツ・コンベンションセンターで開催している2015年ニューヨーク国際自動車ショーで、フロントデザインを大幅改良し、よりスポーティで上質な走りを実現した2016年モデルの『アウトランダー』(北米仕様車)を世界初披露しました。

今回の2016年モデルは、フロントデザインなどを大幅に変更することにより、上質でありながらSUVらしいダイナミックで力強いデザインとしました。さらに、静粛性、乗り心地、操縦性、加速性能を向上させる約100箇所におよぶ改良を施すことで、よりスポーティで上質な走りの質感を実現しました。

ミッドサイズSUV『アウトランダー』は、2.4L MIVECエンジンやECOモードスイッチなどの低燃費化技術を採用することにより、高い環境性能を実現。また、車両運動統合制御「S-AWC(Super All Wheel Control)」を設定することで、優れた操安性と走破性を実現しています。さらに、米国IIHS(道路安全保険協会)の衝突安全性評価において、2013年から3年連続で最高評価となる「トップセーフティピック+」の認定を受けています。また、欧州・豪州・日本においても、車両の衝突安全性能を評価するユーロNCAP*1(2012年11月)、ANCAP*2(2012年12月)、JNCAP*3(2013年5月)の最高評価を獲得するなど、国内外で衝突安全性能の高さが認められています。

*1・・・欧州にて実施される自動車アセスメント(New Car Assessment Program)の略称。
*2・・・豪州・オセアニアにて実施される自動車アセスメント(Australasian New Car Assessment Program)の略称。
*3・・・国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)によって行われる自動車アセスメント(Japan New Car Assessment Program)の略称。

2016年モデルの『アウトランダー』(北米仕様車)

●2016年モデルの『アウトランダー』(北米仕様車)の主な改良点

(1) エクステリア
・フロントフェイスは、歴代パジェロで培ったデザインを継承・進化させた「Dynamic Shield」という考え方のもとデザインしました。中央に向って左右から包み込むようなバンパーサイドのプロテクト形状と、バンパー下部のスキッドガード形状により、人とクルマを守る機能をダイナミックで力強い形として表現しました。
・また、フロントドア、リヤドアの下部にドアガーニッシュ、リヤバンパー下部にもスキッドガード形状を採用することにより、SUVらしい存在感のあるデザインで全体を統一しています。
・LEDヘッドランプやLEDリヤコンビネーションランプを採用することで、先進的なイメージを演出しました。
・高級でスポーティなイメージの新デザイン18インチアルミホイール(切削光輝タイプ)を採用しました。
(2) インテリア
・インストルメントパネルでは、メーターフードにステッチを追加したほか、黒基調のインパネ&ドアトリムオーナメントパネルを配すことで、シックで落ち着きのある上質さにこだわったインテリアとしました。
・ステアリングホイールには、上質感のある表皮レザーやグリップシェイプを採用することで、スポーティ感を演出。また、メッキ化したスリーダイヤオーナメントを中央に配置し、ステアリングホイール下部にピアノブラック加飾やメッキ加飾を施すことで、上質感を表現しました。
(3) ボディ
・吸遮音材・制振材やダイナミックダンパーの追加など30箇所以上の改良を施すことで、エンジン音、ロードノイズ、風切音を大幅に低減し、快適なキャビンを実現しました。
(4) トランスミッション
・新世代CVTを搭載し、エンジン制御とCVT制御の協調制御を最適化することで、エンジン回転上昇に対してリニアな加速を実現。発進時だけでなく、追越加速など全域における加速性能を向上させました。
・また、A/Tのようなステップアップシフトを採用することにより、アクセルを大きく踏み込んだ場合に、ドライバーの感覚に合った気持ちよい加速フィーリングを実現しました。
(5) シャシー
・サスペンション取付部の剛性を向上させ、ステアリングホイールやサスペンションからの入力を正確にボディに伝えることで、操舵感・操舵に対する応答性と正確性を向上させました。
・リヤのショックアブソーバーのシリンダーを大径化することにより、走行安定性と乗り心地の向上など走りの質感を向上させました。

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027