新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧TOYOTA、オーリスをマイナーチェンジ / navi

クルマニュース

TOYOTA、オーリスをマイナーチェンジ / navi

(2015/04/07)


【主な特長】
•新開発1.2L直噴ターボエンジン搭載による優れた走りと環境性能
•衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」の設定による先進の予防安全性能
•よりエモーショナルに進化させた内外装デザイン



TOYOTAは、日欧戦略車オーリスをマイナーチェンジし、全国のネッツ店を通じて、4月6日に発売した。

今回のマイナーチェンジでは、初代オーリスから引き継いだDNAである「直感性能*1」を独自のブランドイメージとして確固たるものとするべく、爽快な走りと低燃費を両立した最上級グレード「120T」を新設定するなど、以下の3点に重点を置いて開発した。

オーリス 120T オーリス 120T

1.新開発1.2L直噴ターボエンジン搭載による優れた走りと環境性能

▽トヨタ自動車初の1.2L直噴ターボエンジン(8NR-FTS)を搭載したほか、最上級グレードにふさわしい各種快適装備を採用した「120T」を新設定
•最大トルクを1,500~4,000rpmの幅広い回転域で発生させるほか、ターボエンジンの特性を引き出す新制御を採用したSuper CVT-i*2との組み合わせなどにより、アクセル操作に対する瞬時のレスポンスや滑らかで爽快な走りを実現
•シリンダーヘッドと一体化したエキゾーストマニホールド、可変角を拡大したVVT-iW*3(吸気側)、先進の燃料噴射システムD-4T*4の採用などにより高熱効率を追求するとともに、アイドリングストップ機能(Stop & Start System)などの燃費向上技術も採用
•走行燃費19.4km/L*5を実現し、「平成27年度燃費基準+10%*6」を達成。「平成17年基準排出ガス75%低減レベル*7」の認定取得とあわせ、「エコカー減税」の対象
•滑らかな風合いのウルトラスエード®*8と本革・合成皮革を組み合わせた専用シート表皮や、専用の木目調インストルメントパネル加飾を採用したほか、シートヒーター(運転席・助手席)、自動防眩インナーミラー、クルーズコントロールなどを標準装備

2.衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」の設定による先進の安全性能

▽「Toyota Safety Sense C」は、レーザーレーダーとカメラを組み合わせ、異なる2つのセンサーで高い認識性能と信頼性を両立し、多面的な安全運転支援を可能にした衝突回避支援パッケージ。1.2Lターボ車、1.8L車に標準装備、1.5L車にオプション設定
•衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS*9)
レーザーレーダーとカメラを用いて前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合、まずドライバーにブザーとディスプレイ表示で警報を出すことでブレーキを踏むように促す。仮にブレーキを踏まなかった場合でも、例えば、停止車両に対し自車の速度が30km/hの場合は、自動ブレーキにより約30km/hの減速を行い、衝突回避を支援*10。自動ブレーキは約10~80km/hの幅広い速度域で作動し、実際に発生している追突事故の80%以上に対応
•レーンディパーチャーアラート(LDA*11)
カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱による衝突事故の回避を支援
•オートマチックハイビーム(AHB*12)
カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他の車両のドライバーの眩惑を低減するとともに、夜間の前方視界確保を支援

▽先行車を検知し、信号待ちなどで先行車が発進したことに気づかず停止し続けた場合、ブザーとディスプレイ表示でドライバーに知らせる先行車発進告知機能を1.2Lターボ車、1.8L車に標準装備、1.5L車にオプション設定

3.よりエモーショナルに進化させた内外装デザイン

<エクステリア>
▽ヘッドランプを強調するメッキモールを配したアッパーグリルやバンパーコーナー部まで開口を広げたフロントロアグリル、水平基調のリヤバンパーなどにより存在感を強調したほか、全長を55mm拡大することで伸びやかなプロポーションを実現

▽「RS」は専用意匠とし、ハニカムタイプのフロントグリルや、スポイラー(フロント・リヤバンパー)、サイドロッカーモールなどエアロパーツを採用することで、スポーティなイメージを一段と強調

<インテリア>
▽ピアノブラックとサテンクロームメッキ加飾によりコントラストを強調したセンタークラスターと、各グレードの個性にあわせた4種類の加飾を施したインストルメントパネルを立体的に配置することで、上質かつ先進的なイメージを演出

▽メッキリング加飾を立体化した2眼コンビネーションメーター*13は、4.2インチTFT*14カラーマルチインフォメーションディスプレイ*13を組み合わせ、視認性とともに質感を向上

<カラー>
▽外板色では、新色2色(ブルーメタリック、シトラスマイカメタリック)をはじめ、全7色を設定

▽内装色では、華やかで個性的な新色ルージュを「150X」に追加設定

*1 見た瞬間、乗った瞬間、そして走り出した瞬間に、オーリスの魅力のすべてが実感できる際立つ個性と優れた走行性能を表現した、初代オーリスの開発テーマ
*2 Super CVT-i:Super Continuously Variable Transmission-intelligent(自動無段変速機)
*3 VVT-iW:Variable Valve Timing-intelligent Wide
*4 D-4T:Direct-injection 4 stroke gasoline engine with Turbo
*5 JC08モード走行燃費。国土交通省審査値
*6 省エネ法に基づき定められている燃費目標基準
*7 国土交通省の低排出ガス車認定制度
*8 東レ(株)の登録商標
*9 PCS:Pre-Collision System
*10 道路状況、車両状態および天候状態によっては、回避または作動しないことがある
*11 LDA:Lane Departure Alert
*12 AHB:Automatic High Beam
*13 除く150X“C Package”、150X
*14 TFT:Thin Film Transistor(薄膜トランジスタ)

【販売概要】

1. 販売店:全国のネッツ店
2. 月販目標台数:1,000台
3. 店頭発表会:4月18日(土)、19日(日)

【メーカー希望小売価格】(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円/消費税込み)
■150X:1,789,855~2,279,782
■180S:2,376,000
■RS:2,460,437
■120T:2,590,037
*価格にはリサイクル料金は含まれない。

オーリス車両情報はこちら:http://toyota.jp/auris/

クリックでタグの選択
最新ニュース
間違いなく史上最強! キープコンセプトながら中身は刷新された3代目カイエン(2018/05/11)
魔法の絨毯のようなロールス・ロイス ファントムは、運転席こそが特等席だ(2018/05/09)
ライバルひしめくDセグに乗り込んだジュリアは、イタリア車の既成概念を打ち破る1台だ(2018/05/05)
情熱にも冷静にも対応できる車、それがアウディ Q5だ(2018/05/01)
ディーゼル車はパワーを、ガソリン車はインテリジェンスを手に入れたマツダ CX-5(2018/04/30)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027