新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル プレオ プラスを改良 / navi

クルマニュース

スバル プレオ プラスを改良 / navi

(2015/04/08)

富士重工業は、スバル プレオ プラスに改良を施し、本日より発売します。

プレオ プラスは軽自動車に求められる優れた機能性、経済性に安心を備えたエコカーです。今回の改良では、アイドリングストップ機能やヒルホールド機能の制御最適化により、使い勝手を向上するとともに、ボディカラーに2トーンカラーを追加し、商品力を強化しました。

アイドリングストップ機能では、エンジン再始動の条件に「ステアリングを操作した場合」を新たに加え、 アイドリングストップから、右左折をする際のスムーズな動き出しを実現しました。また、ヒルホールド機能では、従来のアイドリングストップで停車中の状態からの発進時だけでなく、通常停車中の状態からの発進時にも作動可能なように機能の向上を図り、坂道発進時の安心感を高めました。
また、ボディカラーには、専用フィルムを貼付したカーボン調ブラックルーフとの組み合わせによる2トーンカラーを設定(G スマートアシスト、GA スマートアシスト)。2トーンカラーにはブラック塗装を施したアウタードアミラー、Bピラーブラックアウト、メッキドアハンドルがセットで装着となります。従来からのモノトーン10色に、上質でスタイリッシュな2トーンカラー3色を加え、豊富なバリエーションの中からお好みでお選びいただける商品としました。

※スバル プレオ プラスは、ダイハツ工業株式会社からのOEM供給です。

スバル プレオ プラス 「G スマートアシスト」
スバル プレオ プラス 「G スマートアシスト」 (2トーンカラー)
【販売計画】

月販 600台

【メーカー希望小売価格】価格(単位:円)(消費税込)
▼プレオ プラス
E:766,300
F:915,500
F スマートアシスト:967,000
L:1,028,500
L スマートアシスト:1,080,000
☆G スマートアシスト:1,213,800
FA:1,018,400
FA スマートアシスト:1,069,900
LA:1,131,400
LA スマートアシスト:1,182,900
GA スマートアシスト:1,316,700

☆印:写真掲載グレード、2WD 車寒冷地仕様:16,200 円高(消費税含む)
【エコカー減税対象】:自動車取得税・自動車重量税 免税適合グレード(*エコカー減税:環境対応車普及促進税制による減税措置)
【ボディカラー】:グレードにより選択できる色が異なります。
[単色]:スカイブルー、コットンアイボリー、ライトローズ・マイカメタリック、アーバンナイトブルークリスタル・メタリック※、シャイニングレッド、プラムブラウンクリスタル・マイカ※、ブラック・マイカメタリック、ブライトシルバー・メタリック、パール・ホワイトⅢ※、ホワイト
[2トーン]:ブラック/シャイニングレッド★、ブラック/フェスタイエロー★、ブラック/パール・ホワイトⅢ★
<※:有料色21,600円高(消費税含む)、★:2トーンカラー32,400円高(消費税含む)>

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
3
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
keep
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
7
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
8
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
keep
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027