新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧シトロエン「C3 Leather Edition」を限定発売 人気のボディカラーが復活、レザーシートに上級装備を加え 220 万円 / navi

クルマニュース

シトロエン「C3 Leather Edition」を限定発売 人気のボディカラーが復活、レザーシートに上級装備を加え 220 万円 / navi

(2015/04/09)

プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:クリストフ・プレヴォ)は、シトロエンの 5 ドアコンパクトハッチバック「C3」にレザーシートなどの特別上級装備を追加した「C3 Leather Edition(レザー・エディション)」を、4 月 18 日より全国のシトロエン ディーラーネットワークにて限定 200 台を発売いたします。

頭上まで広がる広大なゼニスフロントウィンドウや取り回しのよいラウンドフォルムなどが特徴の「C3」は、新パワートレインの搭載により大幅に燃費が改善され、デザインと使いやすさに加え経済性や環境適合性を兼ね備えたシトロエンの量販コンパクトモデルです。

今回発売となる限定車「C3 Leather Edition」は、専用ボディカラーに人気のブルー ベリルをメインカラーとして復活させ、他にブラン パールナクレ、ルージュ ルビの全 3 色を設定し、フレンチトリコロールカラーを取り揃えました。また、インテリアにはミストラル(黒)のレザーシートに、ブリリアントブラック センターコンソール&インナードアハンドル、革巻きステアリングなどを組み合わせ、高級感と新鮮な印象を際立たせています。他にも車内を香高く演出するパルファムエアフレッシュナーや、新デザインの 16 インチアロイホイールなどを標準装備としながら、価格はエントリーグレードのセダクションから 5.8 万円アップの 220 万円とお求めやすい設定としました。

シトロエン「C3 Leather Edition」には下記の特別仕様がなされています。

C3 Leather Edition


1. ミストラルレザーシート
2. ブリリアントブラック センターコンソール&
インナードアハンドル
3. 革巻きステアリング(クロームアクセント付き)
4. パルファムエアフレッシュナー
5. 新デザイン 16 インチアロイホイール
6. ボディカラーを 3 色展開
- ブルー ベリル:80 台 *専用色
- ブラン パール ナクレ:60 台
- ルージュ ルビ:60 台      合計 200 台限定

■ CITROËN C3 Leather Edition 価格とグレード ■(消費税込)
C3 Leather Edition:¥2,200,000

■ CITROËN C3 Leather Edition 特別装備 ■

インテリア
1. ミストラルレザーシート
2. ブリリアントブラック センターコンソール&インナードアハンドル
3. 革巻きステアリング(クロームアクセント付き)
4. パルファムエアフレッシュナー

インテリア
インテリア

エクステリア
1. 専用色ブルー バーチャルを含む 3 色のボディカラー展開
2. 新デザイン 16 インチアロイホイール

(ブルー ベリル:80 台) *Leather Edition 専用色
(ブラン パール ナクレ:60 台)
(ルージュ ルビ:60 台)
16 インチアロイホイール



パワートレイン“Puretech”
大幅な燃料消費量と CO2 排出量の低減を実現した新開発 1.2L 3 気筒エンジン「EB2」、ダイレクトなレスポンスと省燃費性能を合わせ持つ新トランスミッション「ETG5」、そして不要なアイドリングを抑制し燃費向上に寄与する「ストップ&スタート」を採用、これらの高効率、小型化により C3 の燃料消費量は 19.0km/L*と旧 1.6Lモデルに比べ+57%と大幅に改善されました。
* JC08 モード

*欧州仕様車
CITROËN C3 Leather Edition
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027