新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧パナメーラ エディションおよびパナメーラ4 エディションの予約受注を開始 / navi

クルマニュース

パナメーラ エディションおよびパナメーラ4 エディションの予約受注を開始 / navi

(2015/04/15)


ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)は、エレガントなスタイリングと非常に充実した標準装備が特長の、パナメーラ エディションおよびパナメーラ4 エディションの予約受注を、本日2015年4月15日(水)より全国のポルシェ正規販売店にて開始いたします。

パナメーラのスペシャルバージョンであるこのモデルは、パワフルな6気筒エンジンを搭載した2モデルが用意されています。パナメーラ エディションおよびパナメーラ4 エディションには、ともに310 PS(228 kW)を発生するエンジンが搭載されます。さらにパナメーラ4 エディションには、電子制御式/マップ制御式の多板クラッチを採用したアクティブ4WD(ポルシェ・トラクション・マネージメント(PTM))が搭載されます。

4ドアスポーツカーのパナメーラは、2009年のデビュー以来ポルシェの成長において特に重要な役割を果たし、未来のスポーツカー世代に対する投資資金を確保するモデルとして、成功の重要な柱のひとつとなってきました。2014年には、合計24,864台が納車されました。
パナメーラ エディションのエクステリアは、サイドウインドウのハイグロスブラックのトリムストリップなど、控えめなデザイントーンが特徴です。オプションでポルシェ・エントリー&ドライブシステムを選択した場合、ドアハンドルがボディ同色となります。標準で装着されるパナメーラターボIIデザインの19インチアルミホイールには、カラーのホイールハブカバーが装備されます。

また、パナメーラ エディションのシートは一部にレザーが採用されたブラック/ルクソールベージュのツートンカラーとなり、すべてのヘッドレストにポルシェ クレストがエンボス加工されるほか、スポーツデザインステアリングホイール、「Edition」ロゴ入りのドアシルプレート、および専用フロアマットが装備されます。14個のスピーカーを搭載した585 WのBoseサラウンドサウンドシステムは傑出したサウンド体験を約束します。

その他のパナメーラ エディションの装備には、ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)、ポルシェ・ダイナミック・ライトシステム(PDLS)付バイキセノンヘッドライト、リバースカメラを含むフロント/リアのパーク・アシストおよびパワーステアリング・プラスなどのメーカー装着オプションが含まれます。

パナメーラ エディション /パナメーラ4 エディション 希望小売価格(消費税込価格)
2015年4月15日より
■パナメーラ エディション:¥10,370,000
■パナメーラ4 エディション:¥11,310,000

パナメーラ エディション パナメーラ エディション
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027