新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧「エルグランド」に新グレード「250ハイウェイスター S」 「250ハイウェイスター S アーバンクロム」を追加 ---「別格」はそのままに、お求めやすい価格に--- / navi

クルマニュース

「エルグランド」に新グレード「250ハイウェイスター S」 「250ハイウェイスター S アーバンクロム」を追加 ---「別格」はそのままに、お求めやすい価格に--- / navi

(2015/04/16)

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス ゴーン)は16日、「エルグランド」に新グレード「250ハイウェイスター S」、「250ハイウェイスター S アーバンクロム」を追加し、同日より発売すると発表しました。

エルグランド 250ハイウェイスター S


「エルグランド」は圧倒的な存在感を誇るエクステリアと、ドライバーを高揚させ、かつ、同乗者へのもてなし感にあふれたインテリア、さらに、優れた操縦安定性と快適な乗り心地、高い安全性がお客さまから好評を得ている、日産が誇るキング・オブ・ミニバンです。

今回追加となる新グレード「250ハイウェイスター S」、「250ハイウェイスター S アーバンクロム」は、人気グレード「250ハイウェイスター」と昨年12月に発売したエアロパーツやダーククロムパーツをまとった特別仕様車「250ハイウェイスター アーバンクロム」をベース*1に、価格をお求めやすい設定*2としました。

尚、「250ハイウェイスター S」、「250ハイウェイスター S アーバンクロム」はいずれも「平成27年度燃費基準+5%」と「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」を達成しており、「環境対応車普及促進税制(エコカー減税)」による減税措置*3に基づき、自動車取得税が20%、自動車重量税*4が25%の減税となります。

*1: 装備の変更点:高性能フィルターをクリーンフィルターに変更。サードシートバックコンビニフックを廃止
*2: 「250ハイウェイスター S」、「250ハイウェイスター S アーバンクロム」ともにベース車から-200,880円の価格改定
*3: エコカー減税の詳細については、「『エルグランド』エコカー減税サイト」をご参照ください
*4: 自動車重量税が25%減税となるのは2015年5月1日登録分から。2015年4月30日までの登録分は50%減税となります

<全国希望小売価格(消費税込み) ※2.5L車のみ記載>(単位:円)
250ハイウェイスタープレミアム アーバンクロム:4,276,800~4,568,400
250ハイウェイスタープレミアム:3,996,000~4,287,600
250ハイウェイスター S アーバンクロム:3,676,320~3,967,920
250ハイウェイスター S:3,395,520~3,687,120
250XG:3,213,000~3,504,600
※3.5L車の価格帯:4,125,600~5,834,160円

「エルグランド」の詳細情報はこちらよりご覧ください。
WEBカタログ
エコカー減税サイト


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパン (本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:宮谷 正一)は4月16日、「エルグランド」のライフケアビークル(LV)*1 「アンシャンテ」に、新グレード「250ハイウェイスター S」を追加し、日産の販売会社を通じて、同日より全国一斉に発売すると発表しました。

エルグランド「アンシャンテ 助手席スライドアップシート 250ハイウェイスター S」


エルグランド「アンシャンテ」は、車への乗り降りをサポートする装備を追加した車両です。
今回この車両のベース車グレードとして追加した新グレード「250ハイウェイスター S」は、人気グレード「250ハイウェイスター」をベース*2に、価格をお求めやすい設定*3としています。

尚、「アンシャンテ 250ハイウェイスター S」は、「平成27年度燃費基準+5%」と「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」を達成しており、「環境対応車普及促進税制(エコカー減税)」による減税措置*4に基づき、自動車取得税が20%、自動車重量税*5が25%の減税となります。

エルグランド「アンシャンテ」には、以下2タイプを設定しています。

●アンシャンテ ステップタイプ

エルグランド「VIP」の専用装備としてご好評をいただいている助手席ドア・オートスライドドア連動ステップを単品で装着したモデルです。助手席へ乗降する方と助手席側スライドドアから後席へ乗降する方が、同時に使うことも可能です。ステップイルミネーションを装備し、暗い場所でも安心して乗降ができます。足を高く上げるのが困難な方や、小さなお子さまがいるご家庭だけでなく、ホテルや旅館での送迎にもおすすめできる、高級感のあるモデルです。

●アンシャンテ 助手席スライドアップシート/セカンドスライドアップシート

助手席、または、2列目左側シートが、車両の外側に電動で回転・昇降することで、車への乗り降りが容易にできる車両です。乗車準備および降車後のシート格納時間を短縮できる早送り機能や、シート回転・昇降操作に加えシートスライドとシートリクライニングの操作を可能とした多機能リモコンを採用するなどした、日産オリジナルの多機能スライドアップシートを搭載しています。

*1: 日産自動車グループでは、生活の色々なシーンでお役に立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフケアビークル」(LV:Life Care Vehicles)と呼んでいます。
*2: 装備の変更点:高性能フィルターをクリーンフィルターに変更。サードシートバックコンビニフックを廃止
*3: ベース車から-200,880円の価格改定
*4: エコカー減税の詳細についてはベース車と同様に、「『エルグランド』エコカー減税サイト」をご参照ください。
*5: 自動車重量税が25%減税となるのは2015年5月1日登録分から。2015年4月30日までの登録分は50%減税となります

<全国希望小売価格(消費税込み) ※2.5L車のみ記載>(単位:円)
▼アンシャンテ ステップタイプ
ベース車:250ハイウェイスター プレミアム:4,246,560~4,538,160
ベース車:250ハイウェイスター S:3,646,080~3,937,680
▼アンシャンテ 助手席スライドアップシート(※)
ベース車:250ハイウェイスター S:3,973,320~4,264,920
ベース車:250XG:3,790,800~4,082,400
▼アンシャンテ セカンドスライドアップシート (※)
ベース車:250ハイウェイスター S:3,973,320~4,264,920
ベース車:250XG:3,790,800~4,082,400
※「アンシャンテ 助手席スライドアップシート」「アンシャンテ セカンドスライドアップシート」は、オーテック扱いディーラーオプションの「車いす収納装置(電動式)」または「車いす固定用ゴムネット」を装着した場合は、車両(オプション含む)の消費税が非課税となります。

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027