新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧特別仕様車 スバル プレオ プラス「Black Edition」を発売 / navi

クルマニュース

特別仕様車 スバル プレオ プラス「Black Edition」を発売 / navi

(2015/04/23)


富士重工業は、スバル プレオ プラスに特別仕様車「Black Edition」を設定し、4月22日より発売します。

「Black Edition」は、快適装備が充実した上質グレード「L/LA スマートアシスト」をベースに、専用のダークメッキフロントグリルや専用14インチアルミホイールを採用したスタイリッシュな外観とし、内装はブラックシートなどのブラックを基調としたアイテムを織り込み、内外装で質感を高めながらもベース車に対してお買い得な価格に設定した特別モデルです。
またボディカラーでは、専用色として「フェスタイエロー」を設定するとともに、専用フィルムを貼付したカーボン調ブラックルーフとの組み合わせによる2トーンカラーを3色加え、全14色の豊富なバリエーションからお好みでお選びいただける商品としました。

※スバル プレオ プラスは、ダイハツ工業株式会社からのOEM供給です。

スバル プレオ プラス「L スマートアシスト Black Edition」



スバル プレオ プラス「L スマートアシスト Black Edition」

【特別仕様車「Black Edition」の特別装備】

・専用ダークメッキフロントグリル
・専用14インチアルミホイール
・ブラックシート(フロント上級シート表皮)
・ピアノブラック調オーディオパネル
・ボディカラー専用色(フェスタイエロー)

【「2トーンカラー」の専用装備】※32,400円高(消費税含む)

・カーボン調ブラックルーフ(成型PVCルーフラッピング)
・メッキドアハンドル
・電動格納式ブラック・マイカドアミラー
・ピラーブラックアウト

【販売計画】

月販600台(プレオ プラス全体)

【メーカー希望小売価格】(単位:円/消費税込)
■☆L スマートアシスト Black Edition:1,036,800
■LA スマートアシスト Black Edition:1,177,200

☆印:写真掲載グレード、2WD 車寒冷地仕様:16,200 円高(消費税含む)
【エコカー減税対象】:自動車取得税・自動車重量税 免税適合グレード(*エコカー減税:環境対応車普及促進税制による減税措置)
【ボディカラー】 [単色]:フェスタイエロー(特別仕様車専用色)、スカイブルー、コットンアイボリー、ライトローズ・マイカメタリック、アーバンナイトブルークリスタル・メタリック※、シャイニングレッド、プラムブラウンクリスタル・マイカ※、ブラック・マイカメタリック、ブライトシルバー・メタリック、パール・ホワイトⅢ※、ホワイト
[2トーン]:ブラック/シャイニングレッド★、ブラック/フェスタイエロー★、ブラック/パール・ホワイトⅢ★
<※:有料色21,600円高(消費税含む)、★:2トーンカラー32,400円高(消費税含む)>

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027