新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧新型「ステップ ワゴン」「ステップ ワゴン スパーダ」を発売 ~新開発の直噴1.5L VTEC TURBOエンジンを搭載~(ホンダ) / navi

クルマニュース

新型「ステップ ワゴン」「ステップ ワゴン スパーダ」を発売 ~新開発の直噴1.5L VTEC TURBOエンジンを搭載~(ホンダ) / navi

(2015/04/23)

Hondaは、新型「ステップ ワゴン」「ステップ ワゴン スパーダ」を、4月24日(金)に発売します。

5代目となる新型ステップ ワゴンは、新開発の直噴1.5L VTEC TURBOエンジンを搭載し、リビングを思わせる機能的な空間と、画期的な機構「わくわくゲート」※1の採用により、家族などで使うことが楽しくなるミニバンです。

Honda初の採用となる直噴1.5L VTEC TURBOエンジンは、常用域で2.4Lエンジン並みのトルクを発生する力強くスムーズな加速と、高い静粛性を両立し、ミニバンに求められる多人数での乗車時や坂道などでも、余裕のある走りを実現します。さらに、クラストップレベル※2となる17.0km/L(JC08モード)※3という優れた燃費性能を達成しました。

また、クラス最大級※4の室内空間を実現し、大開口のテールゲートに横開き式のサブドアを備えた独自機構の「わくわくゲート」を採用。3列目のシートを左右に分割して床下格納できる「マジックシート」との組み合わせで、テールゲートを開けることなく横開き式のサブドアから3列目シートへの乗り降りを可能とするほか、荷物の出し入れなども容易にしています。

加えて、歩行者まで検知対象※5とした先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を搭載※6し、高い安心感を提供します。

※1 タイプ別設定
※2 Honda調べ。1.5〜2.0Lクラス、全高1,800mm以上、7/8人乗り(2015年4月現在)
※3 「G」、「B」のFF車の国土交通省審査値
※4 Honda調べ。1.5〜2.0Lクラス、全高1,800mm以上、7/8人乗り(2015年4月現在)
※5 道路状況、天候状況によっては、作動しない場合や十分に性能を発揮できない場合があります
※6 メーカーオプション

ステップ ワゴン SPADA・Cool Spirit (FF)
「わくわくゲート」


●販売計画台数

(国内・月間)  合計 5,000台

●全国メーカー希望小売価格

<ステップ ワゴン> 消費税8%込み
B:2,288,000円~2,547,200円
G:2,480,000円~2,717,600円
G・EX:2,588,000円~2,804,000円

<ステップ ワゴン スパーダ> 消費税8%込み
SPADA:2,725,000円~2,962,600円
SPADA・Cool Spirit:2,887,000円~3,081,400円
・価格には、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う費用は含まれない
・自動車リサイクル法の施行によりリサイクル料金が別途必要。リサイクル料金は、リサイクル預託金(シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類のリサイクル等に必要な費用、情報管理料金)および資金管理料金の合計金額
・スーパープラチナ・メタリック、ホワイトオーキッド・パール、プレミアムディープロッソ・パール、プレミアムスパイスパープル・パール、プレミアムスパークルブラック・パールは37,800円(消費税8%抜き 35,000円)高

<助手席リフトアップシート車> 消費税非課税
G:2,829,000円~3,029,000円
SPADA:3,021,000円
・助手席リフトアップシート車は装置型式指定車のため、持込登録となります

<サイドリフトアップシート車> 消費税非課税
G:2,851,000円~3,051,000円
SPADA:3,078,000円

【ステップ ワゴンの主な特長】

■力強くスムーズな加速と優れた燃費性能を実現する直噴1.5L VTEC TURBOエンジン

・Honda初の採用となる直噴1.5L VTEC TURBOエンジンを搭載。直噴システムや小径タービン、デュアルVTC※7などによる低回転域でのターボ効果の向上などにより、常用域で2.4Lエンジン並みのトルクを発生し、多人数乗車時や坂道でも、スムーズな力強さを発揮します。
また、吸気量をきめ細かくコントロールできるターボエンジンの強みを最大限に活かし、燃焼効率の良い領域を維持・拡大することで、クラストップレベルとなる17.0km/L(JC08モード)という低燃費を実現しました。また、排気量を1.5Lにしたことにより、従来モデルに比べ自動車税※8が軽減されます。
加えて、エンジン振動の伝達の源流であるクランクシャフトと、それを支えるベアリングキャップの剛性を向上するなど、ノイズや振動の伝達を抑制し、静粛性も向上しています。
・1.5L VTEC TURBOエンジンのポテンシャルを最大限に引き出す、CVTを新たに開発。その効率を徹底することで燃費性能の向上を図るとともに、街なかでのスムーズな走りを実現しています。

※7 VTCは、連続可変バルブタイミング・コントロール機構の略
※8 新型ステップ ワゴンの自動車税額(排気量1001cc〜1500cc): 34,500円/年間

■独自の開閉機構「わくわくゲート」を採用

・クラス最大級の室内空間を実現し、大開口のテールゲートに横開き式のサブドアを備えた独自機構のわくわくゲートを採用しています。3列目のシートを左右に分割して床下格納できるマジックシートとの組み合わせで、テールゲートを開けることなく横開き式のサブドアから3列目のシートへの乗り降りを可能とするほか、荷物の出し入れなども容易にしています。サブドアの開度は3段階とし、スペースの狭い駐車場やご自宅のガレージなどで、壁やほかのクルマなどにぶつかりそうでテールゲートを開けられない場合など、状況に応じて臨機応変に対応でき、便利に使いこなすことができます。

■3列目のシートを左右に分割して床下格納できる「マジックシート」

・大開口のテールゲートに備えた横開き式のサブドアを使った乗り降りを、より容易にするために、3列目シートを分割し、床下格納機構を採用しました。車外からはもちろん、車内でも簡単に操作でき、ミニバン空間の楽しみ方を大きく進化させました。

■先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を搭載

・Hondaは「Safety for Everyone」をスローガンに、クルマやバイクに乗っている人だけでなく、道を使う人だれもが安心でいられる「事故に遭わない社会」の実現を目指し、万一の際の衝突安全から、事故を未然に防ぐ予防安全、その中間に位置するプリクラッシュセーフティーまで、すべての段階での安全技術を開発してきました。
その先進の安全運転支援システムHonda SENSINGを、ステップ ワゴンにも搭載しました。フロントエンブレム裏に設置したミリ波レーダーと、フロントウインドウ内上部に設置した単眼カメラという、特性の異なる2種類のセンサーで構成。ミリ波レーダーは、さらに性能を向上させ、対象物体の位置や速度だけでなく、検知が難しいとされてきた電波の反射率が低い歩行者まで検知対象を拡大しました※9。また、単眼カメラは車両前方約60mまでの歩行者や対象物体の属性、大きさなどを識別。より精度の高い認識を可能とし、安心で快適な運転を支援します。

※9 各機能の能力(認識能力・制御能力)については限界があります。道路状況、天候状況によっては、作動しない場合や十分に性能を発揮できない場合があります

■より高い安心をもたらす先進装備と安心性能

・助手席用エアバッグは、これまでのシステムに比べ長い時間内圧を保持することが可能となり、優れた拘束性を発揮できる「内圧保持式エアバッグシステム」を採用。
・Honda独自のGコントロール技術による自己保護性能と、相手車両への攻撃性低減を両立した「コンパティビリティー対応ボディー」や、万が一の際に歩行者へダメージを与えやすいボディー前部に、衝撃をやわらげる構造の「歩行者傷害軽減ボディー」を採用。
・事故の未然防止を目指すアクティブセーフティーは、「VSA(車両挙動安定化制御システム)」や「ヒルスタートアシスト機能」に加え、急ブレーキ時に後続車へ注意を促す「エマージェンシーストップシグナル」を全タイプに標準装備。

■ボックススタイルの新しい機能美を追求したデザイン

・Hondaらしい躍動感、未来感を加えながら、ボックススタイルの楽しさ、美しさを徹底的に突き詰め、独自発想から生まれたわくわくゲートの新しさを、左右非対称のデザインで表現。ひと目で家族を惹きつけるデザインを目指しました。またステップ ワゴンはリアから、ステップ ワゴン スパーダはフロントからデザインすることで、それぞれの個性を際立たせました。

■機能的に全体を美しくデザインした室内空間「ビューティリティーリビング」を創造

・北欧スタイルのような、BeautyとUtilityの融合をめざした、「ビューティリティーリビング」をコンセプトに室内をデザイン。人にやさしくリラックスできる「カタチ・色・素材」。見て、触れて、心地よい「質感」。座り心地の良さが目に見える「シート」。さりげなくスマートに使える、収納をはじめとする「ユーティリティー」を追求。乗る人全員が主役と感じられる、Hondaならではのホスピタリティーあふれるインテリア空間に仕上げました。
ステップ ワゴンは、ウォームな色調とやわらかな素材感で、若々しい軽やかなコーディネート。ステップ ワゴン スパーダはブラックをベースにした深みのある色調と、硬質な素材感で艶やかなコーディネートとしました。

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027