新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧「VEZEL(ヴェゼル)」を一部改良し発売 ~快適装備と4WD車の設定を拡充~(ホンダ) / navi

クルマニュース

「VEZEL(ヴェゼル)」を一部改良し発売 ~快適装備と4WD車の設定を拡充~(ホンダ) / navi

(2015/04/23)

Hondaは、SUVの力強さ、クーペのあでやかさなど、ジャンルの枠を超えた多面的価値を高次元で融合したクルマとして好評を得て、2014年度SUV※1新車登録販売台数で第1位を獲得した「VEZEL(ヴェゼル)」の装備を充実させると同時に、4WD車の設定を追加し、4月24日(金)に発売します。

<主な変更点>

○快適装備の充実
・「IRカット<遮熱>/UVカット機能付フロントウインドウガラス」、「IRカット<遮熱>/スーパーUVカットフロントドアガラス」を全タイプに標準装備
・「プラズマクラスター※2技術搭載フルオート・エアコンディショナー」を全タイプに標準装備
・メーカーオプションのナビ装着用スペシャルパッケージにHDMI※3入力端子とUSBジャック(1ヵ所)を追加

○乗り心地、質感の向上
・乗り心地と操縦安定性を両立する「振幅感応型ダンパー」を、フロントに加えリアにも装備(FF車)
・従来の本革製に加え、縫製にもこだわり、本革の質感がよりなめらかなスムースレザーを採用した「本革巻ステアリングホイール」を採用(HYBRID Z、HYBRID X・Lパッケージ)

○4WD車の充実
・ガソリン車の最量販タイプであるXに4WDモデルを追加

○ボディーカラー/インテリアカラーの追加
・ハイブリッド車にゴールドブラウン・メタリックを新たに設定
・HYBRID X・Lパッケージにジャズブラウンのインテリアカラーを新たに設定

※1 SUVとは、自販連区分でオフロード4WD(一部2WDを含む)に分類される国産車を指します
※2 プラズマクラスターは、シャープ株式会社の商標です
※3 ギャザズナビゲーション「VXM-155VFi」「VXM-155VFEi」はHDMI入力端子に対応しています

VEZEL HYBRID X・Lパッケージ(4WD)
●販売計画台数

(国内・月間)  合計 4,000台

●全国メーカー希望小売価格

消費税込み
G:1,931,000円~2,147,000円
X:2,070,000円~2,286,000円
S:2,190,000円
HYBRID:2,260,000円~2,476,000円
HYBRID X:2,420,000円~2,636,000円
HYBRID X・Lパッケージ:2,746,000円
HYBRID Z:2,580,000円
※価格には、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う費用は含まれません
※自動車リサイクル法の施行によりリサイクル料金が別途必要。リサイクル料金は、リサイクル預託金(シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類のリサイクルなどに必要な費用、情報管理料金)および資金管理料金の合計金額
※ホワイトオーキッド・パール、ティンテッドシルバー・メタリック、ゴールドブラウン・メタリック、ルーセブラック・メタリック、モルフォブルー・パール、プレミアムディープロッソ・パール、ミスティグリーン・パールは37,800円(消費税抜き 35,000円)高

○ボディーカラー(新色1色を含む全9色)
ゴールドブラウン・メタリック〔HYBRID専用(新色)〕、ティンテッドシルバー・メタリック〔HYBRID専用〕、ルーセブラック・メタリック〔HYBRID専用〕、ミスティグリーン・パール〔HYBRID専用〕、ホワイトオーキッド・パール、アラバスターシルバー・メタリック、クリスタルブラック・パール、モルフォブルー・パール、プレミアムディープロッソ・パール

○インテリアカラー(全4色)
ブラック(ファブリック):G、X、HYBRID、HYBRID X
パッションブラック(コンビシート):S、HYBRID X・Lパッケージ、HYBRID Z
ジャズブラウン(コンビシート)※4:HYBRID X・Lパッケージ、HYBRID Z
ブラックレザー(本革シート)<メーカーオプション>:X(4WD車)、S、HYBRID X、HYBRID X・Lパッケージ、HYBRID Z

※4ボディーカラーがアラバスターシルバー・メタリック、もしくはクリスタルブラック・パールの場合、ジャズブラウンは選択できません

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027