新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ダイハツ軽乗用車「ムーヴ」「タント」一部改良 新機能の追加により、安心・安全性能を向上した 衝突回避支援システム「スマートアシストⅡ」を採用 ~さらにタントは使い勝手や外観魅力も向上~ / navi

クルマニュース

ダイハツ軽乗用車「ムーヴ」「タント」一部改良 新機能の追加により、安心・安全性能を向上した 衝突回避支援システム「スマートアシストⅡ」を採用 ~さらにタントは使い勝手や外観魅力も向上~ / navi

(2015/04/27)

ムーヴ X“SAⅡ”
タント カスタム X“トップエディションSAⅡ”


ダイハツ工業株式会社は、一部改良した軽乗用車「ムーヴ」「タント」を本日発表し、5月11日(月)から全国一斉に発売する。

今回の一部改良では、ムーヴ、タント共に衝突回避支援システム「スマートアシストⅡ」を採用。60万台を越える販売を達成し、衝突回避支援システムとして軽自動車No.1※1の販売を誇る「スマートアシスト」のさらなる性能向上を図るため「カメラ」を新搭載することで、新機能の追加と、従来機能の性能向上を実現しながら、これらの先進デバイスをお求めやすい価格設定とした。

進化したスマートアシストⅡでは、新機能となる「衝突警報機能(対歩行者)」や「車線逸脱警報機能」を追加。さらに衝突回避支援ブレーキ機能の作動速度を約4~50km/h※2に拡大するなど、従来の機能も性能向上した。

また、タントは2014年度の軽自動車新車販売台数でNo.1になったことを記念して、好評のトップエディションにLEDフォグランプや専用14インチアルミホイール※3などを装備し魅力向上を図った。その他 パワースライドドアにワンタッチオープン機能の追加や、VSC&TRC※4を全車標準装備とするなど、使い勝手の良さと基本性能をさらに磨き上げた。

※1:2015年3月現在。ダイハツ調べ
※2:前方車両との速度差約30km/h 以内で作動
※3:カスタムX“トップエディションSAⅡ”に標準装備
※4:“VSC”“TRC”はトヨタ自動車株式会社の登録商標です。(使用許諾済)

*概要*

衝突回避支援システム「スマートアシストⅡ」の採用

従来のスマートアシストで搭載していた「レーザーレーダー、ソナーセンサー」に加え、「カメラ」を新搭載し、機能追加や性能向上を実現。

<機能追加>
・衝突警報機能(対歩行者)
約4~50km/h で走行中、前方に歩行者を認識し、衝突の危険性があると判断した場合に、ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに危険を警告 ・車線逸脱警報機能
約60km/h 以上で走行中に、ウィンカーを出さずに、走行している車線から車両がはみ出しそうになると、ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに危険を警告

<性能向上>
・衝突回避支援ブレーキ機能
従来は、約4~30km/h で走行中に前方車両を認識し、衝突の危険性が高まった場合に、緊急ブレーキが作動することで、被害軽減や衝突回避を支援
今回は、約4~50km/h で走行中に前方車両を認識し※5、衝突の危険性が高まった場合に、緊急ブレーキが作動し、被害軽減や衝突回避を支援
※5:速度差約30km/h 以内で作動

・衝突警報機能(対車両)
従来は約4~30km/h で走行中に前方の車両を認識していたが、スマートアシストⅡでは、約4~100km/h での走行中に前方の車両を認識し※6、衝突の危険性があると判断した場合に、ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに危険を警告
※6:速度差約60km/h 以内で作動

☆「スマートアシストⅡ」機能一覧

機能(作動対象):作動車速域|備考※7
衝突回避支援ブレーキ機能(対車両):約4~50km/h (速度差約30km/h 以内) 衝突回避:速度差約4~20km/h 被害軽減:速度差約20~30km/h|●
衝突警報機能 (対車両):約4~100km/h (速度差約60km/h 以内)|●
衝突警報機能(対歩行者):約4~50km/h |○
車線逸脱警報機能:約60km/h 以上|○
誤発進抑制制御機能(前方):約0~10km/h
誤発進抑制制御機能(後方):約0~10km/h|◆
先行車発進お知らせ機能:-
※7:●=性能向上、○=機能追加、◆=タントのみ機能追加、無印=従来同様

タントの使い勝手の良さや外観魅力を向上

・パワースライドドアにワンタッチオープン機能を追加し、ミラクルオープンドアの使い勝手の良さをさらに向上
・VSC&TRCを全車標準装備化することで、安全性を向上
・LEDヘッドランプをメーカーオプションで設定※8
・トップエディション全車にLEDフォグランプを採用
・カスタムX“トップエディションSAⅡ”のアルミホイール意匠を刷新
・ディープブルークリスタルマイカやシルキーグリーンパールなど新色5色を追加し、カラーバリエーションを充実
※8:X、Xターボ、G(いずれもSAⅡを含む)に設定

*メーカー希望小売価格(消費税込み)*(単位:円)

【ムーヴ】
L:1,134,000~1,258,200
L“SAⅡ”:1,209,600~1,333,800
X:1,252,800~1,377,000
X“SAⅡ”:1,317,600~1,441,800
Xターボ:1,317,600~1,441,800
Xターボ“SAⅡ”:1,382,400~1,506,600
カスタムX:1,404,000~1,528,200
カスタムX“SAⅡ”:1,468,800~1,593,000
カスタムX “ハイパー”:1,479,600~1,603,800
カスタムX “ハイパーSAⅡ”:1,544,400~1,668,600
カスタムRS:1,539,000~1,663,200
カスタムRS“SAⅡ”:1,603,800~1,728,000
カスタムRS “ハイパー”:1,614,600~1,738,800
カスタムRS “ハイパーSAⅡ”:1,679,400~1,803,600

【タント】
L:1,220,400~1,344,600
L“SAⅡ”:1,285,200~1,409,400
X:1,355,400~1,479,600
X“SAⅡ”:1,420,200~1,544,400
Xターボ:1,436,400~1,560,600
Xターボ“SAⅡ”:1,501,200~1,625,400
G:1,468,800~1,593,000
G“SAⅡ”:1,533,600~1,657,800
カスタムX:1,528,200~1,652,400
カスタムX“SAⅡ”:1,593,000~1,717,200
カスタムX “トップエディションSAⅡ”:1,652,400~1,776,600
カスタムRS:1,641,600~1,765,800
カスタムRS“SAⅡ”:1,706,400~1,830,600
カスタムRS “トップエディションSAⅡ”:1,749,600~1,873,800

※北海道地区2WD車は、14,040 円(消費税込み)高。価格にリサイクル料金含まず

クリックでタグの選択
最新ニュース
ぶつかるー! と心で叫んでもジェントルに停止するトヨタの先進安全機能『Toyota Safety Sense』第2世代(2018/06/18)
新型カローラハッチバック(プロトタイプ)がすごい!走りもデザインもスポーティに磨かれた!(2018/06/17)
クラウン(プロトタイプ)がお披露目されました! 先進装備はもちろん優れた走りと洗練されたデザインへと進化しました!!(2018/06/17)
ロードスターRF(プロトタイプ)は、見た目は変わらずも中身は全く違う車になった!(2018/06/16)
間違いなく史上最強! キープコンセプトながら中身は刷新された3代目カイエン(2018/05/11)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027