新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧TOYOTA、SAIを一部改良 -世界初スーパーUV400カットガラスを採用- / navi

クルマニュース

TOYOTA、SAIを一部改良 -世界初スーパーUV400カットガラスを採用- / navi

(2015/05/11)

TOYOTAは、ハイブリッド専用車SAIを一部改良するとともに、特別仕様車G“Viola*1(ヴィオラ)”を設定し、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて、5月11日に発売した。

SAI S“Cパッケージ”<オプション装着車> SAI S“Cパッケージ”<オプション装着車>


今回の一部改良では、世界で初めて*2「スーパーUV400カットガラス」を全車のフロントドアに採用した。99%*3以上カットできる紫外線の波長の上限を400nm(従来型 : 380nm)に変更したことで、快適性を向上している。

また、洗車などによる小さなすり傷を自己修復するクリア塗装「セルフリストアリングコート」を全外板色に採用したほか、「ヒルスタートアシストコントロール」に坂道を感知する機能を追加し、車両のずり落ちを緩和する性能を高めた。

さらに、「T-Connect SDナビゲーションシステム」を採用*4。音声対話と経路の先読みでドライブをサポートする「エージェント」、ナビゲーションにアプリケーションソフトを追加できる「Apps(アップス)」、および安心・安全サービスを中心とした「オンラインケア」など多彩なサービスを提供している。

このほか、より剛性を高めたボディをベースに、サスペンションのチューニングやステアリングギヤ比を変更することで、操舵時の車両応答性を高め、優れた操縦安定性を実現した。加えて、ライセンスランプに白色LEDを採用し、夜間のリヤビューに一段とクールな印象を付与した。

特別仕様車G“Viola”は、「G」をベースに、上品な色調の専用色ダークバイオレットをシート表皮(ファブリック×合皮)など内装の各所に採用したほか、外板色に特別設定色スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(オプション)を含む全4色を設定した。これに加え、快適温熱シート(運転席・助手席)、スカッフイルミネーション(運転席・助手席)などを特別装備し、魅力的な仕様としている。

【上記以外の主な特別装備】

▼専用カラー
ダークバイオレット:・ドアトリムオーナメント/シートベルト
バイオレット:・ステッチ(ドアアームレスト/ステアリング/リモートタッチ/シート/メーターフード/シフトレバー/ラゲージドアトリム)
ライトバイオレット(側面):・ドアアームレスト/センターコンソール/リモートタッチ
クールブラック:・木目調パネル(ステアリング/インパネセンタークラスター/ドアトリムスイッチベース)
▼専用加飾
ブラック:・18インチアルミホール(オプション設定)

あわせて、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)についてもベース車と同様の改良を施している。

*1 Viola スミレを意味するイタリア語
*2 2015年5月現在。トヨタ自動車調べ
*3 トヨタ自動車調べ
*4 G、G“Aパッケージ”に標準装備、S、S“Cパッケージ”にオプション設定

【メーカー希望小売価格】

(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)(消費税込み)
S:3,303,818~3,406,909
G:3,938,073~4,339,637

【メーカー希望小売価格】

(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)(消費税込み)
G“Viola”:3,996,982

【ウェルキャブ メーカー希望小売価格】

(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)(消費税込み)
▼助手席 リフトアップシート車 “Aタイプ”
S“Cパッケージ”:3,862,000
G:3,994,000
▼助手席 リフトアップ シート車 “Bタイプ”
S“Cパッケージ”:3,935,000
G:4,067,000
* 価格にはリサイクル料金は含まれない

SAI 車両情報はこちら:http://toyota.jp/sai/
SAI 特別仕様車車両情報はこちら:http://toyota.jp/sai/grade/special/
SAI ウェルキャブ車両情報はこちら:http://toyota.jp/sai/welcab/

クリックでタグの選択
最新ニュース
メガーヌR.S.は抜群の旋回性能を誇るFF超速ホットハッチ(2018/09/19)
ホンダ レジェンドのマイナーチェンジから半年。ところで、スポーツサルーンはどう進化していたのか(2018/09/12)
買うなら断然こっちだ! こだわりしか感じないノート/セレナ「オーテックモデル」(2018/09/10)
S660 モデューロXは動きがいまいちだったサスペンションがランクアップ!(2018/09/06)
深みある乗り心地に感服である。日本最高峰の高級車『トヨタ センチュリー』に乗る(2018/09/05)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027