新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧限定モデル Audi A1 / A1 Sportback 1st editionを発売 / navi

クルマニュース

限定モデル Audi A1 / A1 Sportback 1st editionを発売 / navi

(2015/05/12)


● アウディ史上初の1.0リッター直噴3気筒エンジンの導入を記念した345台の限定モデル

アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大喜多 寛)は、プレミアムコンパクトカー Audi A1 1.0TFSI SportおよびA1 Sportback 1.0TFSI Sportをベースに、S lineエクステリア等を含めたパッケージオプションを装着し、魅力的な価格にて提供するAudi A1 / A1 Sportback 1st editionを345台の限定モデルとして、6月18日より全国のアウディ正規ディーラー(114店舗、現時点)を通じて発売いたします。

Audi A1は2011年の発売以来、アウディの先進的で力強いデザイン、機敏な運転性能と高い環境性能を、全長4mに満たないコンパクトなボディに凝縮した1台として人気を博しています。翌2012年にはさらに機能性を向上させた5ドアモデルのAudi A1 Sportbackを追加しました。

このたびの大幅改良、仕様変更により、Audi A1 / A1 Sportbackの両モデルに新開発の直列3気筒直噴ターボ1.0 TFSIエンジンを新たに採用しました。アウディ史上初となるこの3気筒エンジンは、最高出力95ps、最大トルク160Nmを発揮します。7速Sトロニックを組み合わせ、JC08モード燃費は22.9km/ℓと、高出力と優れた燃費性能を兼ね備えます。また新燃費基準である2020年度燃費基準を達成、エコカー減税対象車となります。

Audi A1 / A1 Sportback 1st editionは、Audi A1 / A1 Sportback 1.0TFSI Sportには設定のないオプションアイテム、S lineエクステリア(S lineフロント&リアバンパー、サイドスカート、ルーフスポイラー)とS lineエンブレム、ドアシルトリムをはじめ、パドルシフト付の3スポークレザーマルチファンクションステアリングホイールを装着。さらにはナビキセノンプラスパッケージ(MMI 3G+ナビゲーションプラス、バイキセノンヘッドライト、自動ヘッドライトレンジコントロール、ヘッドライトウォッシャー)、ボディ同色ドアミラーなどを標準装備しています。

限定モデルのボディカラーはミトスブラックメタリック、グレイシアホワイトメタリック、ミサノレッドパールエフェクトの3色の設定で、Audi A1 1st editionが115台、A1 Sportback 1st editionが230台、合計345台の限定となります。最新の高効率な1.0TFSIエンジンの導入を記念し、Audi A1の特長である豊富なオプションアイテムを最大限に生かした、アウディのもつ世界観を具現したモデルです。

車両本体価格

モデル : Audi A1 1st edition
エンジン : 1.0リッター直3DOHCインタークーラー付ターボチャージャー
ステアリング : 右
駆動方式 : FWD
トランスミッション : 7速Sトロニック
希望小売価格(税込) : 3,300,000円

モデル : Audi A1 Sportback 1st edition
エンジン : 1.0リッター直3DOHCインタークーラー付ターボチャージャー
ステアリング : 右
駆動方式 : FWD
トランスミッション : 7速Sトロニック
希望小売価格(税込) : 3,500,000円

Audi A1 1st edition Audi A1 1st edition


クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027