新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧「第18回国際福祉健康産業展~ウェルフェア2015~」Honda出展概要について / navi

クルマニュース

「第18回国際福祉健康産業展~ウェルフェア2015~」Honda出展概要について / navi

(2015/05/15)

Hondaは、5月21日(木)から5月23日(土)までポートメッセなごやで開催される「第18回国際福祉健康産業展〜ウェルフェア2015~」(主催:名古屋国際見本市委員会※1、社会福祉法人名古屋市総合リハビリテーション事業団)に、「Fun for Everyone. Honda~移動の喜びを一人ひとりに~」をテーマとして、本日発売した新型「シャトル」の助手席回転シート車をはじめ、新型「ステップ ワゴン」のサイドリフトアップシート車や車いす仕様車(参考出展、市販予定車)などを出展します。

新型シャトルの助手席回転シート車は、クラス最大※2のラゲッジスペースと、大きく低い開口部やフラットな床面により、車いすの積み下ろしのしやすさを実現。助手席シートは、ベース車両のデザインや乗り心地、ホールド性はそのままに、座面クッションの先端を滑らかにして乗降性を高めるなど、乗り降りのしやすさに配慮しています。
また、新型ステップ ワゴンには、助手席リフトアップシート車、サイドリフトアップシート車に加え、新たに車いす仕様車を設定します。2列目と3列目に車いすの方が2名乗車できるタイプなど、室内空間の広さを活かした3タイプ※3を用意。3列目シートを左右独立して床下格納できる「マジックシート」により、車いす仕様車においても、すべての席で外の景色が楽しめる全席快適空間としました。
そのほか、Hondaブースでは、両上肢での運転操作が困難な方が両足だけで運転操作できる足動運転補助装置「Honda・フランツシステム」や、身体の状態に合わせて選択できる運転補助装置「Honda・テックマチックシステム」※4により、さまざまなパーソナリティーのお客様に移動の喜びを提案します。
さらに、加齢などにより脚力が低下した方の歩行をサポートするために研究開発中の「歩行アシスト」を参考出展します。

Hondaはより多くの方に移動の喜びを提案したいという想いのもと、全国の四輪車販売会社であるHonda Carsで、車いす駐車場の整備や店舗のバリアフリー化を行っています。さらに、福祉車両の常備や介助士資格を取得したスタッフが在籍する「オレンジディーラー」※5を展開しており、車いすの方に安心して来店いただけるお店作りを行っています。現在、オレンジディーラーは全国で306店舗※6あり、今後もさらなる拡大を目指していきます。

シャトル HYBRID 助手席回転シート車
ステップ ワゴン G(FF) 車いす仕様車


※1 構成:名古屋市、愛知県、名古屋商工会議所、日本貿易振興機構(ジェトロ)名古屋貿易情報センター、公益財団法人名古屋産業振興公社
※2 5ナンバーステーションワゴンとして。Honda調べ(2015年5月現在)
※3 2列目に車いすの方が乗車できるタイプ、3列目に車いすの方が乗車できるタイプ、および2列目と3列目に車いすの方が2名乗車できるタイプを設定
※4 Honda・テックマチックシステムのタイプ
「Aタイプ」片手でハンドル操作できる<ハンドル旋回ノブ>
「Bタイプ」左足で操作できる<左足用アクセルペダル>
「Dタイプ」アクセル・ブレーキ操作が困難な方が両上肢だけで運転操作できる<手動運転補助装置>
「Lタイプ」ウインカーレバーを左手で操作できる<左手用ウインカーレバー>
※5 オレンジディーラーは、マスター店・ベスト店にわかれており、満たすべき要件はそれぞれ下記のとおり
マスター店:助手席回転シート車・助手席リフトアップシート車・サイドリフトアップシート車・車いす仕様車の4タイプの福祉車両を常備、店舗のバリアフリー化、車いす駐車場・バリアフリートイレを整備、介助士資格取得者が2名以上在籍、福祉の社内資格を店長と全営業スタッフが保有
ベスト店:1台以上の福祉車両を常備、店舗のバリアフリー化、車いす駐車場・バリアフリートイレを整備、介助士資格取得者が1名以上在籍、福祉の社内資格を店長と全営業スタッフが保有
※6 2015年5月現在

■主な出展機器一覧
介護車/運転補助装置

○新型シャトル  助手席回転シート車
(株)ニッシン自動車工業製「車いす収納装置」装着
○新型ステップ ワゴン  車いす仕様車(3列目乗車タイプ)<参考出展、市販予定車>
○新型ステップ ワゴン スパーダ  サイドリフトアップシート車
○N-BOX + カスタム  車いす仕様車 (株)モリトー製「介護リフト」装着
○N-BOX +  車いす仕様車(4人乗り)
(株)ニッシン自動車工業製「手動運転補助装置」装着
○N-BOX +  車いす仕様車(2人乗り)
(有)フジオート製「手動運転補助装置」装着
○フィット ハイブリッド  助手席回転シート車
Honda・テックマチックシステム Dタイプ(フロア式)装着
○フリード ハイブリッド  助手席リフトアップシート車
(株)ホンダアクセス製「乗降アシスター」装着
○フリード  車いす仕様車(2列シートタイプ)
○運転補助装置  Honda・フランツシステムおよびHonda・テックマチックシステムのモジュール

電動カート

○モンパル ML200

その他

○歩行アシスト<参考出展>
○八千代工業(株)製 陸上競技用車いすレーサー

[第18回国際福祉健康産業展~ウェルフェア2015~開催概要]
・開催日時:2015年5月21日(木)~23日(土) 10:00~17:00 入場無料・登録制
・開催場所:ポートメッセなごや(Hondaブースは3号館 A1)
・主催:名古屋国際見本市委員会、社会福祉法人名古屋市総合リハビリテーション事業団

クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027