新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧史上最強!「ゴルフ」のステーションワゴン、“Golf R Variant”を発表 / navi

クルマニュース

史上最強!「ゴルフ」のステーションワゴン、“Golf R Variant”を発表 / navi

(2015/05/18)

フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社(代表取締役社長:庄司 茂、本社:愛知県豊橋市、略称:VGJ)は、5 月16 日(土)、東京お台場で開催中の“Volkswagen Fest 2015“の会場で、「ゴルフ」のステーションワゴンとしては史上最強となる「Golf R Variant(ゴルフ アール ヴァリアント)」と同モデルの導入記念限定車「Golf R Variant LaunchEdition(同 ローンチ エディション:100 台)」を同時発表し、本日から全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで受注をはじめます。価格は「Golf R Variant」が559 万円(税込)、「Golf R Variant Launch Edition」が581 万8 千円(税込)です。各モデルの詳細については、下記の一覧表をご参照ください。なお、納車は6月から順次、行ってまいります。

「ゴルフ R」シリーズは、スポーツカーの高性能さと日常での使いやすさを高次元で両立していることに加え、クールな内外装のデザインが“乗る人の心を掻き立てるクルマ”として、発売以来、日本でも高い人気を博しています。今回導入する「Golf R Variant」もハッチバックの「Golf R」と同じく、フォルクスワーゲンのスポーツモデルなどを一手に手掛ける「Volkswagen R GmbH」によるものです。この全方位にバランスのとれた「R」シリーズが持つ「非日常の卓越した走行性能」と「日常での使いやすさ」は、世に多く誕生するスポーツモデルの中でも「GTI」シリーズなどのスポーツモデルを創出し続けてきたフォルクスワーゲンだからこそ成し得る、絶妙なチューニング テクノロジーの結晶と言えましょう。また、4輪駆動システムの採用によるラゲッジスペースへの影響は皆無で、通常のゴルフ ヴァリアント同様、605Lから最大で1,620Lもの積載量を確保するなど、ステーションワゴンとしての積載性・機能性も高次元で両立しています。

「Golf R Variant」にも「Golf R」譲りの280psの最大出力と380Nmの巨大なトルクを発生するパワフルな2リッターTSIエンジンとフルタイム四輪駆動システムの 4MOTION、20mm ローダウンした「R」専用スポーツサスペンションなど、“R”の名に恥じないパワートレインとサスペンションを採用しています。また、「R」専用デザインの前後バンパーやリヤスポイラー、ディフューザー、専用レザーシートなどの内外装を装備するほか、プリクラッシュブレーキシステム“FrontAssist”、レーンキープアシストシステム“Lane Assist”などの安全装備を備えています。そして、さらに今回の「Golf RVariant」には、ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)やリヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)を「Golf」シリーズとして初めて採用しています。また、100 台の導入記念限定車である「同 LaunchEdition」には、カーボン調の 2 トーン(モダングレー&ブラック)ナパレザーシートと、足元を引き締めるブラックペイントの 19 インチアルミホイール(リム部に“R”のロゴマークとブルーのストライプ入り)を専用装備することで、さらなる特別感をアピールしています。

このように「Golf R Variant」は、スポーツカーのような走行性能だけでなく、さらに高められた先進安全装備を数多く装着するなど、スポーティな走りとデザイン、高品質さを求めるお客様が多い日本のステーションワゴン市場において、その多様なニーズに高次元でお応えできる、まさに、オススメの「ゴキゲン♪」でホットなステーションワゴンです。

■ 新しい安全装備について
ブラインド スポット ディテクション(後方死角検知機能)

リヤバンパーに内蔵したレーダーセンサーが、車両の側面と後方を走る車両との車間距離と車速の差を測定(検知可能範囲:自車両から約20mまで)。システムが、ドライバーの死角(後方側面)に車両を検知した際に、方向指示器が操作されると、ドアミラーに内蔵した警告灯が点滅して、ドライバーに注意を促します。

リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)

駐車場所からバックで発進する際、リヤバンパーに内蔵したレーダーセンサーが、車両後方の交通状況を監視します。システムが車両を検知すると警告音を発してドライバーに注意を促すとともに、衝突の危険を察知した際には、自動的にブレーキを作動させます。


Vehicle Data:Golf R Variant
▼車両の仕様:6速DSG、フルタイム4WD(4MOTION)、4ドア、右ハンドル、5人乗り
▼車両型式:ABA-AUCJXF
▼エンジン 排気量 最高出力 最大トルク:直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(4バルブ) 1,984cc 206kW(280ps)/5,100~6,500rpm 380Nm(38.7kgm)/1,800~5,100rpm
▼全長X全幅X全高(mm):4,595×1,800 ×1,465
▼ホイールベース(mm) :2,635
▼車両重量(kg):1,560 <1,590:電動パノラマスライディングルーフ付>
▼燃料消費率 (JC08 モード):14.2km/L

▼新しい安全装備
■アクティブセーフティ:
ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)、リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)
▼Golf R Variant 専用装備:
■エクステリア:
R専用エクステリア(フロント&リヤバンパー、ブラックフロントグリル、リヤスポイラー、クロームドアミラー、クロームデュアルツインエキゾーストパイプ
■インテリア:
R専用レザー3本スポークマルチファンクションステアリング
レザーシート(ブラック)、パワーシート(運転席、8ウェイ<前後/高さ/角度/リクライニング>)
■足回り:
R専用スポーツサスペンション、ブラックブレーキキャリパー
225/40R18 タイヤ、7.5J×18 アルミホイール(5スポーク)
▼その他の主要標準装備:
- Start/Stop システム、ブレーキエネルギー回生システム
- 4MOTION(フルタイム四輪駆動)
- アダプティブクルーズコントロール“ACC”(全車速追従機能付)
- アダプティブシャシコントロール“DCC”
- ドライビングプロファイル機能
- ESP、ABS
- レーンキープアシストシステム“Lane Assist”
- プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist” (シティエマージェンシーブレーキ機能付)
- プロアクティブ・オキュパント・プロテクション
- ドライバー疲労検知システム“Fatigue Detection System”
- ポストコリジョンブレーキシステム
- 9 エアバッグ(フロント<運転席/助手席>+サイド<前席/後席>+カーテン+ニー<運転席>)
- バイキセノンヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LED ポジションランプ、LED ターンシグナル付)
- ダイナミックコーナリングライト、スタティックコーナリングライト
- 2 ゾーンフルオートエアコンディショナー(運転席/助手席独立調整、自動内気循環機能付)
- Volkswagen 純正インフォテイメントシステム"Discover Pro
(SSDナビゲーションシステム、FM-VICS内蔵、DVD/CD プレーヤー、MP3/WMA再生、AM/FM、地デジ TV受信、Bluetooth オーディオ/ハンズフリーフォン)
- ETC2.0 対応車載器、MEDIA-IN(iPod および USB デバイス接続装置
- プログレッシブステアリング、パドルシフト
- パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ)、オプティカルパーキングシステム
- リヤビューカメラ“Rear Assist”
- オートホールド機能(ヒルホルダー機能付)
▼ボディカラー(全4色):
ピュアホワイト、ラピスブルー、ディープブラックパールエフェクト
オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト (有償オプション)
▼その他:
Volkswagen Profesional Care(標準付帯)
▼全国希望小売価格(税込):
¥5,590,000
▼オプション(税込) :
電動パノラマスライディングルーフ(電動サンシェード、UVカット機能付) ¥151,200
オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト ¥64,800

Vehicle Data:Golf R Variant Launch Edition
▼Launch Edition専用装備:
■インテリア:
ナパレザーシート(モダングレー&ブラック)
■足回り :
235/35R19 タイヤ、8J×19 アルミホイール(10 スポーク)(リムに“R”ロゴ+ブルーストライプ)
▼ボディカラー(全3色) :
ラピスブルー、ディープブラックパールエフェクト
オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト (有償オプション)
▼全国希望小売価格(税込):
¥5,818,000
▼オプション(税込) :
オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト ¥64,800

Golf R Variant LaunchEditionGolf R Variant LaunchEdition
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027