新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧シトロエン「C5 Final Edition」を限定発売 / navi

クルマニュース

シトロエン「C5 Final Edition」を限定発売 / navi

(2015/05/19)


プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:クリストフ・プレヴォ)は、シトロエンのフラッグシップモデル「C5」の国内最終バージョン「C5 Final Edition(ファイナル・エディション)」を、本日より全国のシトロエンディーラーネットワークより限定60台にて発売いたします。

シトロエン「 C5 」は 2007 年にデビュー、 躍動感溢れるダイナミックなエクステリアと洗練された室内空間が提供する快適性、そしてシトロエン独自の油圧サスペンション「ハイドラクティブIIIプラス * 」 搭載によりシトロエンらしい乗り心地を実現したプレミアムサルーンです。

C6 販売 終了後、フラッグシップモデルとして君臨したC5 は、この度その日本向け生産が終了と なります。これにともない最終の限定車として発売する「 C5 Final Edition 」は、 C5 の最終モデル であるとともに、 現行ラインナップにおいてシトロエンブランドの技術的象徴ともいえるハイドラクテ ィブサスペンションを搭載する最後のモデルとなります。

「 C5 Final Edition 」は、 上級グレードの Exclusive をベースに 18 インチ大径ホイールを特別装備 し、セダン タイプ の「 C5 」とステーションワゴン タイプ の「 C5 Tourer (ツアラー) 」 2 モデルに各2 色のボ ディカラーを設定しました。 また Final Edition を記念し長く安心してご愛用いただけるよう延長保証 2 年プラン ( 158,760 円相当) を無償提供いたします。

C5  Final Edition


■CITROËN C5 Final Edition 価格(消費税込)とグレード■
C5 Final Edition:¥4,800,000
C5 Tourer Final Edition:¥5,025,000


■CITROËN C5 Final Edition■

アロイホイール

18インチアロイATLANTIC (245/45 R18)


ボディカラーとレザーシートのコンビネーション

レザーシート:ミストラル + ボディカラー:ブラン ナクレ
レザーシート:マチナル + ボディカラー:マティ ボワール


C5 Final Edition の価格にはメタリック・パールペイント( 70,200 円~ 91,800 円相当)と延長保証 2 年免責なしプラン( 158,760 円相当)が含まれています。

C5
C5 Tourer


*シトロエン独自のサスペンション「ハイドラクティブIIIプラス」とは

1955 年のパリ・モーターショーで登場した「シトロエン DS 」に搭載されたサスペ ンション「ハイドロニューマチック」の進化系が「ハイドラクティブIII」です。ハイドロ ニューマチック(通称ハイドロ)は、サスペンション、ステアリング、ブレーキ、ギア シフトすべてを油圧で制御するというまさに当時の常識を超越した革新的なもの で、一般的な金属のスプリングではなく、オイルと窒素ガスを用いることにより、 乗員数や荷物の積載量の変化にかかわらず、常に一定の車高と車両姿勢を保 つとともに他にはない快適な乗り心地と 、 抜群のロードホールディング性能を高 い次元で両立させました。そのしなやかな乗り心地は 「マジックカーペット・ライド = 魔法の絨毯」とも呼ばれ、世界中から注目を浴びました。「ハイドロニューマチ ック」は、その後も絶え間なく改良が続けられ、半世紀以上を経た現在、「ハイド ラクティブIIIプラス」へと進化し「 C5 」に搭載されています。

ハイドラクティブIIIプラス


歴代のハイドロニューマティックサスペンション搭載車

歴代のハイドロニューマティックサスペンション搭載車

C5 Final Edition(2015) C5 Final Edition(2015)
C5 Final Edition(2015)②
C5 Final Edition(2015)③


クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027