新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー、特別限定車「208 Style」を発売 ~ 208 の魅力を際立たせたエントリーモデル、全国限定「208」台 ~ / navi

クルマニュース

プジョー、特別限定車「208 Style」を発売 ~ 208 の魅力を際立たせたエントリーモデル、全国限定「208」台 ~ / navi

(2015/05/26)

プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:クリストフ・プレヴォ)は、208 のエントリーモデル「プジョー208 Style (スタイル)」で限定208 台を設定、本日より全国のプジョー正規販売網「プジョー・ディーラーネットワーク」にて、販売を開始いたします。

208 Style は、プジョー伝統のコンパクトハッチバックである 208 シリーズのエントリーとして、スタイリッシュなエクステリアと機能的なインテリアはそのままに、199 万円 (税込) というインパクトある価格を実現しました。ボディカラーはカラド・ブルー、ビアンカ・ホワイト、そしてリオハ・レッドのトリコロールでご用意しました。軽快な走りと快適さを際立たせ、個性あふれるコンパクトカーに仕上がっています。

「208 Style
【 208 Style 主要装備 】

‐ PureTech 1.2 リッター直列3 気筒DOHC エンジン
‐ 5 速ETG (エフィシェント・トロニック・ギアボックス)
‐ ストップ&スタート機構 (アイドリングストップ)
‐ ハニカムフロントグリル
‐ 15 インチアロイホイール
‐ ヘッドアップインストルメントパネル
‐ タッチスクリーン
‐ ファブリック・コンフォートシート
‐ スーパーティンテッドガラス(リアサイド / リア)

【 価格 】

(消費税込)
208 Style:1,990,000 円
* メタリックペイント代を含みます。

【 装備 】

エクステリア

‐ ボディカラー: カラド・ブルー、ビアンカ・ホワイト、リオハ・レッド 全3 色
‐ ハニカムグリル / LED ランプ付きフロントヘッドライト
‐ ブラックウインドウモール、ボディ同色ドアミラー
‐ 15 インチアロイホイール

‐15 インチアロイホイール
208 Style



インテリア

‐ ファブリック・コンフォートシート
‐ ウレタンステアリング
‐ タッチスクリーン
‐ ヘッドアップインストルメントパネル
‐ マニュアルエアコン

インテリア



パワートレイン

‐ PureTech (ピュアテック)1.2 リッター直列3 気筒DOHC エンジン
軽量かつ高効率の次世代エンジンを搭載しています。可変バルブタイミング機構などの最新技術によって、燃費向上に大きく貢献しています。
‐ 5 速ETG (エフィシェント・トロニック・ギアボックス)
マニュアルとクリープ機構付きオートマチックモードを併せ持つコンパクトなトランスミッションです。パドルシフトの操作により、スポーティなドライビングを楽しむことができます。
‐ ストップ&スタート機構 (アイドリングストップ)
信号待ちなどでエンジンを自動停止、再始動する機能を備えています。不要なアイドリングを抑えることで、低燃費なだけでなく、CO2排出量や騒音の低減にも効果をもたらします。

208 Style
208 Style
208 Style


プジョー・シトロエン・ジャポンでは、価格訴求力のある特別限定車「プジョー208 Style」を導入することにより、プジョー車全体のさらなる拡販を目指してまいります。

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027