新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧「マツダ フレアワゴン」を商品改良して発売 / navi

クルマニュース

「マツダ フレアワゴン」を商品改良して発売 / navi

(2015/05/29)

−ISG(モーター機能付発電機)搭載で低燃費32.0km/L*1を達成、機能やデザインも一新−


マツダ株式会社は、広い室内空間と優れた乗降性、便利で快適な装備などでご好評いただいている軽自動車「マツダ フレアワゴン」を商品改良し、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系およびマツダオートザム系販売店を通じて本日より発売します。

マツダ フレアワゴン「XS」
マツダ フレアワゴン「カスタムスタイルXS」


今回の商品改良では、ISG(Integrated Starter Generator:モーター機能付発電機)を搭載したシステム「S-エネチャージ」を全車に採用するとともに、エンジンの改良も行うことで、燃費性能を向上させ、「XG」「XS」の2WD車では32.0km/L*1の優れた低燃費を実現しています。全車エコカー減税*2の免税対象です。

またステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート(DCBS)」*3の採用や、「ナノイー」*4搭載のフルオートエアコンをはじめ、女性ユーザーにうれしい各種機能の採用など、安全性能・快適性能も大幅に向上させました。

デザイン面でも、上質感・高級感を高めたグリルやバンパーを採用し、より魅力的なエクステリアデザインとしています。
ボディカラーは、フレアワゴン「XG」では、新色となる「クリスタルホワイトパール」「シフォンアイボリーメタリック」「フレンチミントパールメタリック」を含め計6色を、フレアワゴン「XS」では「XG」の6色に加え、ルーフなどがホワイト塗装となる「2トーンカラー」2色を加えた計8色を、フレアワゴン「カスタムスタイル」では、新色となる「クリスタルホワイトパール」「ムーンライトバイオレットパールメタリック」を含め計6色を設定しています。

なお、フレアワゴン「カスタムスタイルXG」「カスタムスタイルXS」のターボモデルは2015年8月頃*5の発売を予定しています。

■「マツダ フレアワゴン」商品改良の概要は以下のとおり
全車に「S-エネチャージ」を採用、エンジンの改良とあわせ燃費性能を向上

・ISGと専用リチウムイオンバッテリーを採用した「S-エネチャージ」を搭載。減速時のエネルギーを利用してISGで発電し、アイドリングストップ車専用鉛バッテリーとS-エネチャージ車専用リチウムイオンバッテリーに充電。燃料を多く必要とする加速時にモーターアシストすることで、エンジンの負荷を軽減し、燃費の向上を実現。
・660cc DOHCエンジン(R06A型)の圧縮比を従来の11.0から11.5に高圧縮化。
・燃費性能の向上を行い、2WD車で最大32.0km/L*1、4WD車で最大29.0km/L*1を実現。

安全装備の充実

・ステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート(DCBS)」*3を全車に採用。クルマだけでなく歩行者も認識し、衝突回避または衝突時の被害軽減をサポート。

快適装備の充実

・「ナノイー」*4搭載フルオートエアコンを「XS」「カスタムスタイルXS」に標準装備。肌や髪にやさしい弱酸性の「ナノイー」*4を、運転席側エアコン吹き出し口から放出することで、花粉やダニの活動、たばこやペットの臭いを抑制し、車内を快適に維持。
・「スーパーUV&IRカットガラス(フロントドア)」を「XS」「カスタムスタイルXS」に標準装備。紫外線(UV)を約99%カット、赤外線(IR)カットにより、乗車時における日焼けやジリジリ感を抑制。
・「車速感応式オートドアロック」を全車に標準装備。車速約15km/hで全ドアが自動ロックすることで安全性を向上。停車後はシフトレバーを「P」にすることで全ドアが開錠。
・「運転席シートヒーター」を全車標準装備。4WD車には「助手席シートヒーター」も装備。
・全車に防音、防振材を追加し、さらに高い静粛性を実現。
・「ワンアクション電動スライドドア(後席・運転席側)」「ディスチャージヘッドランプ」「オートライトシステム」を「XS」にオプション設定(「カスタムスタイルXS」には標準装備)。

フロントデザインを変更し、上質感・高級感を向上

・「XG」「XS」はメッキ加飾付グリル、張り出しの大きいフロントバンパーを採用することで、シンプルさに加えて上質感を表現。
・「カスタムスタイルXG」「カスタムスタイルXS」はメッキグリルの追加、バンパー意匠変更により、華やかさと存在感を向上。
・上記に加え「カスタムスタイルXS」は、メッキフードガーニッシュの追加やバンパーLED加飾追加、グリルLED色変更(白LED→青LED)を行うことにより、豪華さを演出。

■メーカー希望小売価格(消費税込)は以下のとおり

XG:1,360,800円~1,481,760円
XS:1,468,800円~1,589,760円
カスタムスタイル XG:1,614,600円~1,735,560円
カスタムスタイル XS:1,728,000円~1,848,960円

- 【 】内は、メーカーオプション「ワンアクション電動スライドドア(後席・運転席側)」装着車の場合。「XS」のメーカーオプション「ワンアクション電動スライドドア(後席・運転席側)」は、46,440円高(消費税込)、「ディスチャージヘッドランプ・オートライトシステム・ワンアクション電動スライドドア(後席・運転席側)」は、100,440円高(消費税込)。
- 上記メーカー希望小売価格に加えて、購入時にリサイクル料金9,260円が別途必要。
- ボディカラー「クリスタルホワイトパール」「スチールシルバーメタリック」「ムーンライトバイオレットパールメタリック」を選択した場合は、21,600円高(消費税込)。「イノセントピンクパールメタリック2トーンカラー」「フレンチミントパールメタリック2トーンカラー」を選択した場合は、43,200円高(消費税込)。

*1 JC08モード燃費。国土交通省審査値。燃料消費率は定められた試験条件での値です。
お客さまの使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。
*2 環境対応車普及促進税制による減税措置
*3 「デュアルカメラブレーキサポート(DCBS)」には、「衝突被害軽減システム(前方衝突警報、前方衝突警報ブレーキ、前方衝突被害軽減ブレーキアシスト、前方衝突被害軽減ブレーキ)」「誤発進抑制機能」「車線逸脱警報」「ふらつき警報」「先行車発進お知らせ」の各機能が含まれています。
*4 「ナノイー」はパナソニック株式会社の商標です。
*5 ターボモデルの発売時期は変更になる可能性があります。

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
5
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
6
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
7
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
8
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027