新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧TOYOTA、ハリアーを一部改良 ―同時に特別仕様車を発売― / navi

クルマニュース

TOYOTA、ハリアーを一部改良 ―同時に特別仕様車を発売― / navi

(2015/06/02)

TOYOTAは、ハリアーを一部改良するとともに、特別仕様車を設定し、全国のトヨペット店を通じて6月2日に発売した。

ハリアー特別仕様車 PREMIUM“Style MAUVE” (ハイブリッド車)<オプション装着車> ハリアー特別仕様車 PREMIUM“Style MAUVE” (ハイブリッド車)<オプション装着車>



今回の一部改良では、PREMIUM“Advanced Package”に、運転席から車両を透かして外を見るような映像を表示するシースルービュー機能を追加したパノラミックビューモニターや、安心で快適なドライブを支援するT-Connect SDナビゲーションシステムを採用。また、GRANDにプリクラッシュセーフティ(オプション)の設定を拡大するなど、安全・先進装備を充実した。
そのほか、外板色には新色ブラッキッシュアゲハガラスフレーク(オプション)を含む全7色を設定した。

同時に、PREMIUMをベースに、特別仕様車 PREMIUM“Style MAUVE(モーヴ)*1”、PREMIUM“Advanced Package・Style MAUVE”*2を設定。
内装には、インストルメントパネル、ドアトリムなどに専用内装色スティールモーヴを採用。随所にダークバイオレットのステッチを施すとともに、ダークバイオレットのシートベルト、ピアノブラック調の本革巻き3本スポークステアリングホイール、ファシネイトブラック*3加飾のシフトパネル、アルカンターラ®*4のシート表皮(メイン材)を採用するなど、ハリアーのもつ洗練された上質感をより際立たせる仕様とした。
さらに、運転席8ウェイ&助手席4ウェイパワーシート(運転席4ウェイ電動ランバーサポート付)&マイコンプリセットドライビングポジションシステム(ステアリング・シート)や快適温熱シート(運転席・助手席)など、より魅力的な機能を特別装備した。
そのほか、ブラック塗装に切削光輝を施した専用18インチアルミホイールを特別装備するとともに、外板色には特別設定色レッドマイカメタリックを含む全5色を設定した。


*1 MAUVE ふじ色・紫色を意味する英語
*2 PREMIUMをベースにAdvanced Packageの装備も設定
*3 ピアノブラックをベースにした青紫色基調の淡いオーロラ模様
*4 アルカンターラ®は、アルカンターラ社の登録商標

【メーカー希望小売価格】

(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)(消費税込み)
■GRAND:2,797,714~3,713,143
■ELEGANCE:2,880,000~3,774,857
■PREMIUM:3,137,143~4,591,963

【特別仕様車 メーカー希望小売価格】

(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)(消費税込み)
■特別仕様車 PREMIUM“Style MAUVE”:3,237,055~4,132,473
■特別仕様車 PREMIUM“Advanced Package ・Style MAUVE”:3,797,673~4,692,109

* 価格にはリサイクル料金は含まれない


ハリアー 車両情報はこちら: http://toyota.jp/harrier/
ハリアー 特別仕様車車両情報はこちら:http://toyota.jp/harrier/grade/special/

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる(2020/10/29)
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027