新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン過去最高の燃費性能(25.9km/ℓ *1)、新型「up!」販売開始 / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン過去最高の燃費性能(25.9km/ℓ *1)、新型「up!」販売開始 / navi

(2015/06/11)

フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社(代表取締役社長:庄司 茂、本社:愛知県豊橋市、略称:VGJ)は、人気スモールカー「up!(アップ!)」の全グレードに、アイドリングストップ機能とブレーキエネルギー回生システム(Start/Stop System:スタート/ストップシステム)を搭載した「BlueMotion Technology(ブルーモーションテクノロジー)」を標準装備して、本日から全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで販売を始めます。なお、希望小売価格(税込)については、move up!(2dr/4dr)は据え置きとし、high up!については¥42,000 低くするなど戦略的な価格設定にしています。ボディカラーおよびオプションについては、下記の一覧表をご参照ください。
*1 燃料消費率(国土交通省審査値) JC08 モード

【価格、オプション、カラーバリエーションなど】

▼モデル
価格(税込):オプション :ボディカラー(全7 色)

▼move up! (2dr) ムーヴアップ!
¥1,548,000:-:キャンディホワイト、トルネードレッド、ディープブラックパールエフェクト、リフレックスシルバーメタリック、コーンフラワーブルー、ブルーベリーメタリック(新色)、ホットオレンジメタリック(新色)
▼move up! (4dr) ムーヴアップ!
¥1,756,000:-:キャンディホワイト、トルネードレッド、ディープブラックパールエフェクト、リフレックスシルバーメタリック、コーンフラワーブルー、ブルーベリーメタリック(新色)、ホットオレンジメタリック(新色)
▼high up! (4dr) ハイアップ!
¥1,890,000:電動パノラマスライディングルーフ ¥129,600:キャンディホワイト、トルネードレッド、ディープブラックパールエフェクト、リフレックスシルバーメタリック、コーンフラワーブルー、ブルーベリーメタリック(新色)、ホットオレンジメタリック(新色)

今回の一部仕様変更では、「up!」の全グレードにフォルクスワーゲンが誇る環境技術の一つである「BlueMotionTechnology」を標準装備したことで、JC08 モードで 25.9 ㎞/L と、これまで国内販売してきたフォルクスワーゲンでは過去最高となる低燃費性能を達成しています。また、この一部仕様変更にあわせ、「up!」をより個性的に見せる「ホットオレンジメタリック」と「ブルーベリーメタリック」の 2 色の新色を追加設定。環境面だけでなく、よりお客様の個性を表現するクルマとしても、さらに「ゴキゲンな up!」になっています。

「up!」は、2012 年 10 月の発売以降、もっとも小さなフォルクスワーゲンとして、日本の道路事情に適した 5 ナンバーサイズと、フォルクスワーゲンならではの使い勝手に優れたパッケージング、従来のスモールカーの常識を打ち破る「シティエマージェンシーブレーキ」などの先進安全装備を全車に標準装備しながら、発売当時には 150 万円を切る価格設定など、多くの話題性により、これまでにおよそ 27,000 台を販売してきました。フォルクスワーゲンは、こうした個性的で、日々の生活をより生き生きと、アクティブにするモデルを導入することで、今後も引き続き、お客様の「ゴキゲン」なライフスタイルを力強くサポートしてまいります。

【今回の一部仕様変更のポイント】

【① BlueMotion Technology を全車に標準装備

フォルクスワーゲンの国内販売モデル過去最高の低燃費性能。(25.9km/L:JC08モード:前モデル比+約12 %)

② 新しいボディカラーを追加 (全車適用)

「ホットオレンジメタリック」と「ブルーベリーメタリック」の 2 色を新たに追加。
* high up! の「ホットオレンジメタリック」のみ、ダッシュパッドもボディカラーと同じ「オレンジ」になります。

③ タイヤサイズ(move up! のみ)

現行の 165/70R14 タイヤから 175/65R14 タイヤに変更
* high up! は従来通り、185/55R15 タイヤ / 5.5Jx15 アルミホイールとなります。

▼move up! (2dr)
■車両の仕様 :5速ASG、右ハンドル、4人乗り
■車両型式:DBA-AACHY
■エンジン 排気量 最高出力 最大トルク:直列3気筒DOHC(4バルブ) 999cc 55kW(75PS)/6,200rpm 95Nm(9.7kgm)/3,000~4,300rpm
■全長X全幅X全高(mm) :3,545 x 1,650 x 1,495
■ホイールベース(mm):2,420
■燃料消費率 (JC08 モード):2,420
■今回の変更箇所:25.9km/ℓ
エンジン:BlueMotion Technology (Start/Stop システム+ブレーキエネルギー回生システム)
ボディカラー :ホットオレンジメタリック、ブルーベリーメタリックの 2色を新たに設定 (全7色)
* high up! の「ホットオレンジメタリック」のみ、ダッシュボードもオレンジになります
タイヤサイズ :175/65R14 タイヤ / 5Jx14 スチールホイール(フルホイールキャップ)
■その他の主な標準装備品:- シティエマージェンシーブレーキ (低速域追突回避・軽減ブレーキ)
- ESP、ABS、ブレーキアシスト
- フロントエアバッグ+頭部保護機能付サイドエアバッグ (運転席/助手席)
- パワーウインドー (前席:運転席側に助手席側用スイッチも装着)
- 3点式シートベルト+シートベルト警告装置 (全席)
- フォースリミッター付シートベルトテンショナー (運転席/助手席)
- ISOFIX(イソフィックス)基準適合チャイルドシート固定装置 (後席左右)
- ハロゲンヘッドライト (ハイトコントロール機能付き)
- 電動リモコンドアミラー (ヒーター付き)
- RCD 215 (CD プレーヤー、MP3再生、AM/FM ラジオ)
- ヒルホルダー機能
- チルトステアリング
- 電動パワーステアリング
- ファブリックシート (高さ調整式シート:運転席のみ)
- 分割可倒式シート (後席)
- イージーエントリー機能 (2dr のみ)
- 175/65R14 タイヤ / 5Jx14 スチールホイール(フルホイールキャップ付)
■オプション(税込):- 
■その他 :Volkswagen Professional Care(標準付帯)
■ボディカラー(全7色):キャンディホワイト、トルネードレッド、ディープブラックパールエフェクト、リフレックスシルバーメタリック、コーンフラワーブルー、ブルーベリーメタリック(新色)、ホットオレンジメタリック(新色)
■全国希望小売価格(税込) :¥1,548,000

▼move up! (4dr)
■車両の仕様 :5速ASG、右ハンドル、4人乗り
■車両型式:DBA-AACHY
■エンジン 排気量 最高出力 最大トルク:直列3気筒DOHC(4バルブ) 999cc 55kW(75PS)/6,200rpm 95Nm(9.7kgm)/3,000~4,300rpm
■全長X全幅X全高(mm) :3,545 x 1,650 x 1,495
■ホイールベース(mm):2,420
■燃料消費率 (JC08 モード):2,420
■今回の変更箇所:25.9km/ℓ
エンジン:BlueMotion Technology (Start/Stop システム+ブレーキエネルギー回生システム)
ボディカラー :ホットオレンジメタリック、ブルーベリーメタリックの 2色を新たに設定 (全7色)
* high up! の「ホットオレンジメタリック」のみ、ダッシュボードもオレンジになります
タイヤサイズ :175/65R14 タイヤ / 5Jx14 スチールホイール(フルホイールキャップ)
■その他の主な標準装備品:- シティエマージェンシーブレーキ (低速域追突回避・軽減ブレーキ)
- ESP、ABS、ブレーキアシスト
- フロントエアバッグ+頭部保護機能付サイドエアバッグ (運転席/助手席)
- パワーウインドー (前席:運転席側に助手席側用スイッチも装着)
- 3点式シートベルト+シートベルト警告装置 (全席)
- フォースリミッター付シートベルトテンショナー (運転席/助手席)
- ISOFIX(イソフィックス)基準適合チャイルドシート固定装置 (後席左右)
- ハロゲンヘッドライト (ハイトコントロール機能付き)
- 電動リモコンドアミラー (ヒーター付き)
- RCD 215 (CD プレーヤー、MP3再生、AM/FM ラジオ)
- ヒルホルダー機能
- チルトステアリング
- 電動パワーステアリング
- ファブリックシート (高さ調整式シート:運転席のみ)
- 分割可倒式シート (後席)
- イージーエントリー機能 (2dr のみ)
- 175/65R14 タイヤ / 5Jx14 スチールホイール(フルホイールキャップ付)
■オプション(税込):- 
■その他 :Volkswagen Professional Care(標準付帯)
■ボディカラー(全7色):キャンディホワイト、トルネードレッド、ディープブラックパールエフェクト、リフレックスシルバーメタリック、コーンフラワーブルー、ブルーベリーメタリック(新色)、ホットオレンジメタリック(新色)
■全国希望小売価格(税込) :¥1,756,000

▼high up! (4dr)
■車両の仕様 :5速ASG、右ハンドル、4人乗り
■車両型式:DBA-AACHY
■エンジン 排気量 最高出力 最大トルク:直列3気筒DOHC(4バルブ) 999cc 55kW(75PS)/6,200rpm 95Nm(9.7kgm)/3,000~4,300rpm
■全長X全幅X全高(mm) :3,545 x 1,650 x 1,495
■ホイールベース(mm):2,420
■燃料消費率 (JC08 モード):2,420
■今回の変更箇所:25.9km/ℓ
エンジン:BlueMotion Technology (Start/Stop システム+ブレーキエネルギー回生システム)
ボディカラー :ホットオレンジメタリック、ブルーベリーメタリックの 2色を新たに設定 (全7色)
* high up! の「ホットオレンジメタリック」のみ、ダッシュボードもオレンジになります
タイヤサイズ :-
■その他の主な標準装備品:- シティエマージェンシーブレーキ (低速域追突回避・軽減ブレーキ)
- ESP、ABS、ブレーキアシスト
- フロントエアバッグ+頭部保護機能付サイドエアバッグ (運転席/助手席)
- パワーウインドー (前席:運転席側に助手席側用スイッチも装着)
- 3点式シートベルト+シートベルト警告装置 (全席)
- フォースリミッター付シートベルトテンショナー (運転席/助手席)
- ISOFIX(イソフィックス)基準適合チャイルドシート固定装置 (後席左右)
- ハロゲンヘッドライト (ハイトコントロール機能付き)
- 電動リモコンドアミラー (ヒーター付き)
- RCD 215 (CD プレーヤー、MP3再生、AM/FM ラジオ)
- ヒルホルダー機能
- チルトステアリング
- 電動パワーステアリング
- ファブリックシート (高さ調整式シート:運転席のみ)
- 分割可倒式シート (後席)
- イージーエントリー機能 (2dr のみ)
- フォグランプ (フロント)
- パークディスタンスコントロール (リヤ)
- クルーズコントロール
- シートヒーター (運転席 / 助手席)
- レザー3本スポークステアリングホイール
- レザーハンドブレーキグリップ
- 185/55R15タイヤ、5.5J x 15アルミホイール
■オプション(税込):- 電動パノラマスライディングルーフ(UVカット機能付き) ¥129,600
■その他 :Volkswagen Professional Care(標準付帯)
■ボディカラー(全7色):キャンディホワイト、トルネードレッド、ディープブラックパールエフェクト、リフレックスシルバーメタリック、コーンフラワーブルー、ブルーベリーメタリック(新色)、ホットオレンジメタリック(新色)
■全国希望小売価格(税込) :¥1,890,000

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027