新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧TOYOTA、ランドクルーザープラドを一部改良 / navi

クルマニュース

TOYOTA、ランドクルーザープラドを一部改良 / navi

(2015/06/17)

TOYOTAはランドクルーザープラドを一部改良し、全国のトヨタ店(大阪地区は大阪トヨペット)を通じて、6月17日に発売した。

ランドクルーザープラド TZ-G<オプション装着車> ランドクルーザープラド TZ-G<オプション装着車>



今回の一部改良では、新開発の2.8Lクリーンディーゼルエンジン「1GD-FTV」を国内で初めて搭載した。次世代高断熱ディーゼル燃焼やコンパクトで高効率のターボチャージャーを併用することで、低回転でも高トルクを発揮できる圧倒的な動力性能を備えるとともに、低燃費・低排出ガスを実現し、JC08モード走行燃費*111.8km/Lを達成。さらに、新開発の尿素SCR*2システムなどの採用により、窒素酸化物(NOx)を大幅低減。これにより、排出ガス規制の基準「ポスト新長期規制」に適応したクリーンディーゼル車*3として「エコカー減税」の対象となるほか、「CEV補助金*4」制度を利用した場合、最大約24万円が給付される。

【クリーンディーゼルエンジン「1GD-FTV」諸元】

総排気量(cc):2,754
最高出力(kW[PS]/rpm):130[177]/3,400
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm):450[45.9]/1,600~2,400
燃料供給装置:コモンレール式燃料噴射システム


また、2.7Lガソリン車はトランスミッションを6速オートマチックに多段化するとともに、エンジンを改良し燃費を向上させている。
さらに、従来型で好評のLEDヘッドランプをディーゼル車(TZ-G、TX“Lパッケージ”)に標準装備するとともに、外板色には新色のレッドマイカメタリックを含む全10色を設定した。


*1 国土交通省審査値
*2 SCR Selective Catalytic Reduction
*3 排出ガス規制の基準「ポスト新長期規制」に適応し、粒子状物質(PM)や窒素酸化物(NOx)の排出量が少ないディーゼル車
*4 CEV補助金 クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金。詳しくは販売店にお問い合わせください

【メーカー希望小売価格】

(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)(消費税込み)
TX:3,349,963~4,696,037
TZ-G:5,133,927

* 価格にはリサイクル料金は含まれない


車両情報はこちら: http://toyota.jp/landcruiserprado/

クリックでタグの選択
最新ニュース
満を持してトヨタ スープラが復活!! 抜群の走行安定性と乗り心地に魅了される(2019/01/15)
8ATとなったプジョー 3008 GT BlueHDiは、ディーゼルSUV市場の隠れた優等生だ(2019/01/06)
本当にディーゼルなのか疑いたくなる、メルセデス・ベンツ S 400d(2018/12/09)
パワー的に十分なFFモデルか+αの走行性能を有したAWD。どちらも捨てがたいXC40(2018/12/05)
ノスタルジーに浸ってしまった、中古のジープ チェロキー試乗(2018/12/04)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027