新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ポルシェ ボクスターと 911カレラのブラックエディションの受注を開始 / navi

クルマニュース

ポルシェ ボクスターと 911カレラのブラックエディションの受注を開始 / navi

(2015/06/24)

911 Carrera Black Edition



日本. ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)は、911カレラとボクスターのスペシャルモデルとしてブラックエディションの受注を2015年6月25日(木)から開始いたします。

ブラック塗装とブラックインテリアの組み合わせが、時代を超えた一流のスポーツカーならではのエレガンスを強調します。911カレラとボクスターのブラックエディションモデルの標準装備には、自動防眩ミラー、レインセンサー、クルーズコントロール、およびスポーツデザインステアリングホイールが含まれます。

911カレラ ブラックエディションは、最高出力350PS(257kW)を発生する3.4リッター水平対向エンジン搭載モデルをベースに、クーペとカブリオレの後輪駆動または4WDが用意されています。このスペシャルエディションには、20インチ 911ターボ ホイールとポルシェ・ダイナミック・ライトシステムプラス(PDLS+)を内蔵したLEDヘッドライトが標準装備され、ブラックのインテリアは非常に洗練された外見を与えます。運転席と助手席にはヒーター付スポーツシートが装備され、標準装備のBose?サウンドシステムが卓越した音質を提供します。さらにリアビューカメラを含む前後のパークアシストシステムによって、取り回し易くなっています。

ボクスター ブラックエディションももちろん魅力的です。最高出力265PS(195kW)を発生する2.7リッター水平対向エンジンを搭載したこのミッドシップエンジンロードスターは、一貫したカラーコンセプトによって、ソフトトップとロールオーバープロテクションバーもブラックです。ソフトトップを開いたときもウインドディフレクターが風の巻き込みを抑えます。20インチ カレラ クラシック ホイールとポルシェ・ダイナミック・ライトシステム(PDLS)を内蔵したバイキセノンヘッドライトが、特徴的なハイライトを構成し、2ゾーンオートマチッククライメートコントロールとヒーター付シートによって運転席も助手席も高水準の快適性を備えます。ボクスター ブラックエディションのサウンドシステムには高品質なサウンドパッケージ・プラスが装備されます。

ボクスター、911 カレラ ブラックエディション 希望小売価格


車種       トランスミッション     ハンドル        希望小売価格 (消費税込価格)

ボクスター             6速MT      右/左      ¥7,310,000-
ブラックエディション       7速PDK               ¥7,880,000-

911 カレラ            7速MT      右/左       ¥12,390,000-
ブラックエディション        7速PDK               ¥13.160,000-

911 カレラ カブリオレ
ブラックディション         7速PDK      右/左       ¥14,710,000-

911 カレラ4            7速MT                 ¥13,530,000-
ブラックエディション         7速PDK       右/左      ¥14,300,000-

911 カレラ4 カブリオレ
ブラックエディション        7速PDK       右/左      ¥15,530,000-

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027