新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン「The Beetle」にベースモデルを追加設定 併せて他グレードの見直しによる値下げを実施 / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン「The Beetle」にベースモデルを追加設定 併せて他グレードの見直しによる値下げを実施 / navi

(2015/06/30)

The Beetle Base



フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社(代表取締役社長:庄司 茂、本社:愛知県豊橋市、略称:VGJ)は、フォルクスワーゲンのアイコンモデルである「The Beetle(ザ・ビートル)」のエントリーグレードとして、「The Beetle Base (ザ・ビートル・ベース)」を新たに設定し、7 月 7 日(火)から全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで販売を開始します。

「The Beetle Base」の全国希望小売価格(税込)は、2011 年の「The Beetle」の導入以降、もっともお求めやすい 229 万 9 千円とし、ボディカラーは人気の 4 色を用意しました。発売日は、初代「ビートル」が誕生した 1938 年から数えて今年が 77 年目にあたることから 7 月 7 日(火)に決定。同時に、その他の「TheBeetle」についても一部装備の見直しを図り、価格を改定しました。詳しくは下記をご参照ください。

今回、新たに設定した「The Beetle Base」は、シンプルでありながらも、必要十分な走行性能と装備で、世界中の人々に愛され続けている初代「ビートル スタンダード」を彷彿させるモデルです。初代「ビートル」が世界中の人々の便利な移動手段となり、多彩な「ビートル」カルチャーを花開かせたように、「TheBeetle Base」は、多くのお客様が自己表現のためのカスタムベースとして気軽にご利用いただけるように設定した、まさに、「ゴキゲン♪ワーゲン」になるための1台です。
VGJでは、今後も引き続き、お客様にますます「ゴキゲン」なビートルライフをお楽しみいただけるよう、「The Beetle」用純正アクセサリーの充実も図ってまいります。

また、今回装備の見直しを行った他グレードですが、「The Beetle Design(ザ・ビートル・デザイン)」は、従来モデルよりレインセンサー、オートライトシステムや、スマートエントリー&スタートシステム“KeylessAccess”を新たに装着したにもかかわらず、価格を4万9千円下げ、260万円としました。「The BeetleTurbo(ザ・ビートル・ターボ)」は、従来標準装備していたナビゲーションシステムをオプション化し、逆にお客様の人気が高かったオプション装備の「Coolsterパッケージ」(詳細次ページ)を、標準装備とすることで、価格を26万6千円下げ、334万9千円とお求めやすくいたしました。

◆新設定 The Beetle Base(ザ・ビートル・ベース)

▼専用装備
■ サイドスカート<ブラック>
■ アウタードアハンドル<ブラック*1>
■ スタンダードシート(運転席/助手席)
■ インストゥルメントパネル<ブラック>
■ ステアリングホイールトリム<ブラック>
■ ドアトリム<ブラック>
■ 6.5Jx16スチールホイール(フルホイールキャップ付)
*1 バイキセノンヘッドライトパッケージ装着車は、アウタードアハンドルがボディ同色になります。

▼ボディカラー(計 4 色)
■ トルネードレッド ■ ピュアホワイト ■ ディープブラックパールエフェクト
■ リフレックスシルバーメタリック

▼オプション(税込):162,000 円
■ バイキセノンヘッドライトパッケージ*2
*2 スマートエントリー&スタートシステム”Keyless Access”とセットオプション

▼価格(税込) :2,299,000 円


◇ 装備変更 The Beetle Design(ザ・ビートル・デザイン)

▼新規標準装備
■ レインセンサー、オートライトシステム
■ スマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”

▼オプション(税込)
Volkswagen 純正ナビゲーションシステム“714SDCW”:199,260 円
バイキセノンヘッドライト:129,600 円

▼新価格(税込) :2,600,000 円

◇ 装備変更 The Beetle Turbo(ザ・ビートル・ターボ)

▼新規標準装備
従来オプションだった“Coolster パッケージ”を標準装備
The Beetle Turbo の個性を、とびっきりクールに演出するパッケージオプション

■ ダークティンテッドガラス(リヤ/リヤ左右、UV カット機能付)
■ 3 連メーター
油温計、ストップウォッチ、ブースト計を備えた 3 連メータースポーツ走行時に必要な情報をドライバーへと提供するとともに、遊び心あふれるコックピットを演出
■ カミングホーム&リービングホーム、レインセンサー、オートライトシステム
■ バイキセノンヘッドライト(ハイトコントロール機能付)
ハロゲンの約 2 倍の光量でより遠く広い範囲を照射。精密に作り込まれたデザインやポジションランプに採用した LED が精悍な個性を主張

▼オプション(税込):162,000 円
Volkswagen 純正ナビゲーションシステム“714SDCW”:199,260 円
電動パノラマスライディングルーフ:151,200 円
レザーシート:216,000 円

▼新価格(税込):3,349,000 円


クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027