新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー、「308 GT Line / 308 SW GT Line」を発売 ~ プレミアムなスポーツバージョンを導入、第2 弾 ~ / navi

クルマニュース

プジョー、「308 GT Line / 308 SW GT Line」を発売 ~ プレミアムなスポーツバージョンを導入、第2 弾 ~ / navi

(2015/07/01)

プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:クリストフ・プレヴォ)は、308 に「プジョー 308 GT Line / 308SW GT Line」を新しいラインナップとして追加をし、7 月10日より全国のプジョー正規販売網「プジョー・ディーラーネットワーク」にて販売を開始いたします。

「GT Line」は、プジョーのスポーティなイメージをさらに引き立てるエクステリアと、レッドステッチをあしらった優雅なインテリアを特長としています。今回はその第2 弾として、上質なデザインと軽やかな乗り心地が特長の 308 および 308 SW に設定いたしました。
308、308 SWは、先進技術を結集した新しいプレミアムモデルとして2014年11月に発売以来、お客様から好評をいただいております。「308 GT Line / 308 SW GT Line」は、エクステリアに専用となるフロントグリル、ブラック・ドアミラー、18 インチアロイホイール、サイドスカートなどを装着し、インテリアはレッドステッチをあしらった革巻きステアリング、テップレザー&アルカンタラシートにより、さらに質感を高めました。
価格は、これらを含む専用パーツを装備しながら、競争力のある設定を実現いたしました。

GT Line


搭載するパワートレインは、1.2 リッターターボ直列 3 気筒DOHC エンジンに6速オートマチックトランスミッションを組み合わせており、パワフルかつしなやかなドライブフィーリングが特長です。
ボディカラーは専用色のマグネティック・ブルーを含む 6 色をご用意いたしました。「308 GT Line / 308 SW GT Line」は、これまでの洗練されたデザインにスポーツマインドを注ぎ込むことで、より一層エモーショナルなモデルに仕上がりました。

プジョー・シトロエン・ジャポンでは、「GT Line」としてさらなるスポーティな装備を充実させたラインナップを順次導入し、プジョー車全体の拡販を目指してまいります。

車両本体価格(消費税込)
308 GT Line:3,140,000 円
308 SW GT Line:3,388,000 円

■ 商品概要 ■

【ボディカラー】


・ マグネティック・ブルー (メタリック、新色)
・ パール・ホワイト (パール)
・ アルタンス・グレー (メタリック)
・ ペルラ・ネラ・ブラック (メタリック)
・ リオハ・レッド (メタリック)、
・ ハリケーン・グレー (ソリッド) 全6 色

ボディカラー


【特別装備】

エクステリア
・ 「GT Line」エンブレムつき専用フロントグリル
・ LED フォグランプ、リアアンダーガーニッシュ
・ パノラミックガラスルーフ (電動メッシュシェード付、308 SW GT Line オプション)
・ 専用サイドスカート、18 インチアロイホイール “DIAMANT”

エクステリア
エクステリア


インテリア
・ レッドステッチインテリア: シート、アームレスト、ドアトリム、ステアリング、シフトブーツなど
・ 「RED LINE」 タッチスクリーンデザイン
・ 9 スピーカーHi-Fi オーディオ (サブウーファー、デジタルアンプ付)
・ アルミペダル

インテリア
インテリア


セーフティ
・ パークアシスト、ブラインドスポットモニター

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027