新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧TOYOTA、ポルテおよびスペイドを一部改良 ―あわせて、ポルテ特別仕様車F“a la mode Deux”およびスペイド特別仕様車F“Queen”を発売― / navi

クルマニュース

TOYOTA、ポルテおよびスペイドを一部改良 ―あわせて、ポルテ特別仕様車F“a la mode Deux”およびスペイド特別仕様車F“Queen”を発売― / navi

(2015/07/01)

TOYOTAは、ポルテとスペイドを一部改良するとともに、ポルテ特別仕様車F“a la mode Deux(ア ラ モード ドゥ)”およびスペイド特別仕様車F“Queen”を設定し、ポルテは全国のトヨタ店とトヨペット店、スペイドは全国のトヨタカローラ店とネッツ店を通じて、7月1日に発売した。

ポルテ 特別仕様車 F“a la mode Deux” ポルテ 特別仕様車 F“a la mode Deux”
スペイド 特別仕様車 F“Queen” スペイド 特別仕様車 F“Queen”

今回の一部改良では、1.5L車(2WD)にハイブリッド開発で磨いた燃焼技術を生かした高熱効率・低燃費エンジン「2NR-FKE」を新搭載。アイドリングストップ機能(Stop & Start System)を標準装備することで、JC08モード走行燃費22.2km/L*1の低燃費を実現した。これにより、「平成32年度燃費基準*2」を達成。「平成17年基準排出ガス75%低減レベル*3」の認定取得とあわせ、「エコカー減税」の対象となる。

<ポルテ>

・外装では、ラジエーターグリルをグレーメタリック塗装に変更。内装では内装色フロマージュ*4のインストルメントパネル上部とドアトリムオーナメントのさし色をピンクに変更するとともに、シート表皮の色*4、柄*4を変更するなど、質感を向上
・室内に、デッキサイドグリップ、ラゲージルームランプ*5、照明付マルチボックス*4、助手席グローブボックス、天井スピーカー*4、天井照明付バニティミラー*4などを追加し、利便性や快適性を向上
・外板色に、チェリーパールクリスタルシャイン、スーパーブライトイエローを含む全9色を設定

<スペイド>

・外装では、シルバー塗装のフロントグリルを採用し、内装では、センタークラスターパネルやシート表皮の色*4、柄*4を変更するなど、スタイリッシュな印象を付与
・室内に、デッキサイドグリップ、ラゲージルームランプ*5、照明付マルチボックス*4、助手席グローブボックス、天井スピーカー*4、天井照明付バニティミラー*4などを追加し、利便性や快適性を向上
・外板色に、ボルドーマイカメタリック、スパイシーカーキパールクリスタルシャインを含む全9色を設定

<セレクトパッケージ(両車共通)>*5

自分のこだわりに合わせて装備を追加できる6つのセレクトパッケージの一部についても、仕様を追加するなど、魅力あるパッケージとしている
・スーパーUVパッケージ*6…
フロントドアガラスのスーパーUVカットガラスにIR(赤外線)カット機能を追加
・スマートエントリーパッケージ…

・ドレスアップパッケージ…
新たな専用意匠のアナログ式センターメーターを採用。ホイールにスーパークロームメタリック塗装樹脂フルキャップを追加〈ポルテ〉、フロントグリルとドアミラーにメッキ加飾を追加〈スペイド〉


【ポルテ特別仕様車F“a la mode Deux”およびスペイド特別仕様車F“Queen”】

同時発売の、ポルテ特別仕様車F“a la mode Deux”およびスペイド特別仕様車F“Queen”は「F」をベースに、新開発のウォッシャブルカバーシートを特別装備。ファスナー式のカバーシートで簡単に脱着でき、丸洗い*7が繰り返し可能なため、シートの汚れはもちろんほこりがたまりやすいシートの隙間など掃除がしやすく、室内をきれいに保つことが可能。また、ウォッシャブルカバーシートを取り外したベースシートも汚れにくい撥水タイプシート表皮を設定しているため、ウォッシャブルカバーシートを装着しなくても使用できる仕様となっている。さらに、好評いただいているスマートエントリーパッケージとスーパーUVカットパッケージを標準装備するなど、魅力あるクルマとしている。

<ポルテ特別仕様車F“a la mode Deux”>

・ウォッシャブルカバーシートは、内装色フロマージュにストライプのアクセントをきかせた特別仕様車専用デザインにするとともに、ベースシート表皮をフロマージュ、インストルメントパネル上部とドアトリムオーナメントのさし色をプラムとした内装色を特別設定
・外装では、ラジエーターグリルと電動格納式リモコンドアミラーにブラウン塗装、バックドアガーニッシュとアウトサイドドアハンドルにメッキ加飾を施すとともに、ホイールにはパールホワイト塗装樹脂フルキャップを特別装備
・内装では、ブラウン塗装したレジスターリング、メッキ加飾のインサイドドアハンドル(運転席・助手席)を採用
・外板色に、ホワイトパールクリスタルシャイン、チェリーパールクリスタルシャイン、クリームベージュ、スーパーブライトイエローの4色を設定

<スペイド特別仕様車F“Queen”>

・ウォッシャブルカバーシートは、ブラックにモノトーンのストライプをあしらった特別仕様車専用デザインにするとともに、ブラックルーフトリム&サンバイザーを採用した内装色ブラックを特別設定
・外装では、フロントグリル、電動格納式リモコンドアミラー、バックドアガーニッシュ、アウトサイドドアハンドルにメッキ加飾を施すとともに、ホイールにはスーパークロームメタリック塗装樹脂フルキャップを特別装備
・内装では、レジスターリング、シフトレバーベゼル、インサイドドアハンドル(運転席・助手席)にメッキ加飾を施すとともに、専用意匠のセンターメーターを採用
・外板色に、ブラック(特別設定色)、ホワイトパールクリスタルシャイン、ボルドーマイカメタリック、スパイシーカーキパールクリスタルシャインの4色を設定


*1 国土交通省審査値
*2 省エネ法に基づき定められている燃費目標基準
*3 国土交通省の低排出ガス車認定制度
*4 設定は仕様により異なる
*5 ポルテ「V」およびスペイド「V」には設定なし
*6 ポルテ「G」およびスペイド「G」は標準装備
*7 取扱い説明書および洗濯タグに記載してある洗濯方法に従ってください

【メーカー希望小売価格】

<ポルテ・スペイド>
(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)(消費税込み)
V:1,635,709
X:1,707,382~1,867,418
Y:1,769,237~1,920,437
F:1,758,437~1,909,637
G:1,861,527~2,012,727

【特別仕様車 メーカー希望小売価格】

<ポルテ・スペイド>
(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)(消費税込み)
ポルテ特別仕様車F “a la mode Deux”:1,884,109~2,035,309
スペイド特別仕様車F “Queen”:1,884,109~2,035,309

* 価格にはリサイクル料金は含まれない

【ウェルキャブ(メーカー完成特装車)】

ベース車と同様の改良を施すとともに、助手席リフトアップシート車においては、助手席のシートポジション自動メモリー機能(前後スライド位置、リクライニング角度、シート下降時の高さ)を追加するとともに、フットレストの高さを48mm下げることで、乗車姿勢の快適性を向上。さらに、シートベルトリルーターを追加するなど、シートベルトの操作性も向上させている。

【ウェルキャブ メーカー希望小売価格】

<ポルテ・スペイド>
(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)(消費税は非課税)
▼助手席リフトアップシート車 “Aタイプ”
X:1,912,000~2,064,000
F:1,960,000
▼助手席リフトアップシート車 “Bタイプ”
X:1,982,000~2,134,000
F:2,030,000
▼サイドアクセス車 脱着シート仕様 “Aタイプ”
X:2,017,000~2,657,000
F:2,063,000~2,551,000
▼サイドアクセス車 脱着シート仕様 “Bタイプ”
X:2,092,000~2,244,000
F:2,138,000
▼サイドアクセス車 専用車いす仕様
X:2,176,000
F:2,222,000
▼サイドアクセス車 脱着シート+専用車いす仕様
X:2,314,000
F:2,360,000

* 価格にはリサイクル料金は含まれない


ポルテ 車両情報はこちら:http://toyota.jp/porte/
ポルテ 特別仕様車車両情報はこちら:http://toyota.jp/porte/grade/special/
ポルテ ウェルキャブ車両情報はこちら:http://toyota.jp/porte/welcab/
スペイド 車両情報はこちら:http://toyota.jp/spade/
スペイド 特別仕様車車両情報はこちら: http://toyota.jp/spade/grade/special/
スペイド ウェルキャブ車両情報はこちら: http://toyota.jp/spade/welcab/

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027