新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産「ノート」をマイナーチェンジ --自動ブレーキを全グレードに標準装備するとともに燃費を向上-- / navi

クルマニュース

日産「ノート」をマイナーチェンジ --自動ブレーキを全グレードに標準装備するとともに燃費を向上-- / navi

(2015/07/07)

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は、「ノート」をマイナーチェンジし、7月7日より全国一斉に発売すると発表しました。

ノート X DIG-S シャイニングブルー(2トーン)
ノート X DIG-S インペリアルアンバー(2トーン)


操業開始から今年で40周年を迎えた九州の工場で生産されている「ノート」は、優れた燃費と気持ちの良い走り、広く快適な室内空間などがお客さまから好評を得ています。また、同車の「エマージェンシーブレーキ」搭載車は平成26年度自動車アセスメント(JNCAP)の予防安全性能評価において、最高ランクの「ASV+」を獲得し、その高い安全性能が実証されています。

今回のマイナーチェンジでは、これまで一部グレードでメーカーオプション設定となっていた「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」、「LDW(車線逸脱警報)」を全グレード*1に標準装備としました。尚、今回の「エマージェンシーブレーキ」標準化は、4月7日に発表した主要量販車種への自動ブレーキ標準化を2015年秋までに完了する計画の一環となります。

パワートレインでは、「HR12DDR」エンジン搭載車に「停車前アイドリングストップ」を採用しました。「停車前アイドリングストップ」は、停車した後にエンジンを停止する従来のシステムに対し、停車する前からエンジンを停止させることで、よりアイドリングストップする時間を長くし燃費を向上させるシステムです。
これにより、「MEDALIST」および「X DIG-S」は「平成32年度燃費基準+20%」を達成し、免税措置が適用されます。また、2WDの全グレードで、エンジン、トランスミッションのチューニングの最適化を図り燃費を向上させ、減税措置を受けることができます。*2

ボディカラーでは、シャイニングブルー(PM)およびインペリアルアンバー(P)の車体色に、ブリリアントホワイトパール(3P)のルーフ、サイドミラー、アウトサイドドアハンドルを組み合わせたスタイリッシュな2トーンカラーを新規に追加し、より魅力的な12色のカラーバリエーションを実現しました。*3

グレード体系では、内外装ともにプレミアム感を高めた「MEDALIST」を「HR12DE」搭載車の2WDおよび4WDにも設定し、より多くのお客さまに「MEDALIST」の上質な価値をご提供致します。また、スポーティさやスタイリッシュさを強化しながら人気の高いLEDヘッドランプを標準化し、お求めやすい価格設定とした特別仕様車「エアロスタイル」や、スポーティなデザインと走りを両立した「NISMO」も、ベース車の変更と併せて燃費を向上させて継続販売致します。

日産は、究極のエコカー「ゼロ・エミッション」とエンジン進化型エコカー「PURE DRIVE」*4二本柱とした、CO2排出量の削減に取り組んでいます。「HR12DDR」エンジンと「HR12DE」エンジンを搭載した新型「ノート」も「PURE DRIVE」の1モデルとなります。

<全国希望小売価格(消費税込み)>

(単位:円)
X:1,464,480
MEDALIST X:1,594,080
X DIG-S:1,694,520
MEDALIST:1,891,080
X FOUR:1,676,160
MEDALIST X FOUR:1,805,760

<「エアロスタイル」 全国希望小売価格(消費税込み)>*5

(単位:円)
X エアロスタイル:1,669,680
X DIG-S エアロスタイル:1,899,720
X FOUR エアロスタイル:1,881,360

<「NISMO」全国希望小売価格(消費税込み)>*5

(単位:円)
NISMO:1,967,760
NISMO S:2,244,240

*1: NISMO、NISMO Sを除く。
*2: NISMO Sを除く。エコカー減税の詳細については、「ノート」エコカー減税サイトをご参照ください。
*3:(PM)はパールメタリック、(P)はパール、(3P)は3コートパールの略。2トーンカラーは9月から生産開始となります。
*4: PURE DRIVEとは、今までなかったワクワクを提供する日産のエンジン進化型エコカーラインアップです。
いろいろなクルマとエコ技術の組み合わせで、乗る人の毎日に、新しい経験や驚きを生み出していきます。
*5: 「エアロスタイル」「NISMO S」は持込み登録車で、(株)オーテックジャパン扱いとなります。

「ノート」の詳細情報はこちらよりご覧ください。

WEBカタログ http://www.nissan.co.jp/NOTE/
エコカー減税サイト http://www.nissan.co.jp/EVENT/TAX/NOTE/
PURE DRIVEサイト http://www.nissan.co.jp/PUREDRIVE/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:宮谷 正一)は、「ノート」のマイナーチェンジに合わせ、カスタムカーの「ライダー」「アクシス」、および、「ライフケアビークル(LV)*1」シリーズをマイナーチェンジし、日産の販売会社を通じて7月7日より全国一斉に発売すると発表しました。

ノート「ライダー」(HR12DDR)
ノート「アクシス」(HR12DDR)
ノート「アンシャンテ 助手席スライドアップシート」


今回のマイナーチェンジではベース車と同様に、一部グレードでメーカーオプション設定となっていた「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」、「LDW(車線逸脱警報)」を標準装備としました。また、パワートレインでは「HR12DDR」エンジン搭載車に「停車前アイドリングストップ」を採用し、燃費性能を向上させました。これにより、「ライダー」「アクシス」および「ライフケアビークル(LV)」シリーズの「X DIG-S」ベース車は「平成32年度燃費基準+20%」を達成し、免税措置が適用されます。さらに、2WD全車でエンジン、トランスミッションのチューニングの最適化を図り燃費性能を向上させ、減税措置を受けることができます。*2

<ノート「ライダー」車両概要>

ノート「ライダー」は、スマートに個性や特別感を演出する特別装備でエクステリア・インテリアをトータルコーディネートしたカスタムカーです。エクステリアでは、さりげなくアクセントとなる専用フロントグリルや光輝モール付の専用フロントバンパーなどを採用しています。また、専用15インチ光輝アルミホイールで足元を引き締めています。インテリアには専用の格子柄のシート地やドアトリム、さらに本革巻のステアリングを採用し、クールな雰囲気を演出しています。
さらに、「HR12DDR」エンジン搭載車には専用チューニングコンピューター(ECM)を搭載し、発進時や高速道路での合流、山岳部などでの伸びやかな加速フィーリングを実現しています。
なお、ダーククロムのフロントグリルやバックドアモールなどを採用し、「ライダー」の個性をさらに強めた「ライダー ブラックライン」も継続設定します。

<ノート「アクシス」車両概要>

ノート「アクシス」は、上質感を高めたインテリアとメッキ加飾を施した専用エクステリアを特長としています。インテリアは、ギャザーやパイピング(縁取り)を施したアクシス専用のブラックの本革シートを採用し、センタークラスターも深みのある艶をもった専用の木目調とするなど、上質で落ち着きのある室内空間を演出しています。
またエクステリアには、メッキ加飾を施した専用デザインのフロントバンパーや、フロントバンパーグリルフィン、アウトサイドドアハンドルを採用し、高級感を高めています。さらに、「アクシス」の上質感をより引き立てるオプションとして、専用15インチアルミホイールを設定しています。
また、今回のイベントでは「X DIG-S」ベース車に、人気のLEDヘッドランプを標準化しました。

<ノート「アンシャンテ」車両概要>

乗り降りをサポートする機構を備えた、以下の2タイプを設定しました。

●アンシャンテ 助手席スライドアップシート(昇降シート車)

助手席が車両の外側に電動で回転・昇降することで、車への乗り降りが容易な車両です。乗車準備および降車後のシート格納時間を短縮できる早送り機能や、シート回転・昇降操作に加えシートスライドとシートリクライニングの操作を可能とした多機能リモコンを採用した、日産オリジナルの多機能スライドアップシートを搭載しています。

●アンシャンテ 助手席回転シート(回転シート車)

簡単な手動操作で助手席を車両の外側に回転することで、車への乗り降りが容易な車両です。乗り降りの際にかがんだり体をひねる等の負担が軽減され、お年寄りや和服をお召しの方にも便利です。

<ノート「アシストグリップ付車」車両概要>

より便利なアシストグリップを助手席用に装着し、乗降時の利便性の向上や乗車中の姿勢保持のしやすさを実現する以下の2タイプを設定しました。

●アシストグリップ付車 乗降グリップ

助手席側Aピラーにグリップを追加した車両です。乗降時の利便性を向上させました。体を支えながら助手席の乗り降りをすることが可能です。

●アシストグリップ付車 つり革グリップ

助手席左上の通常のグリップの場所に、輪形状になったグリップを装着した車両です。グリップを握るだけでなく手を通すことでも、乗車中の姿勢保持が可能です。

<ノート「運転席マイティグリップ」車両概要>

ノート「運転席マイティグリップ」は、耐荷重を高めた運転席乗降用グリップを装着した車両です。運転席右手頭上に装着される「運転席マイティグリップ」は、成人男性がぶら下がることが可能な強度とするために耐荷重を100kgとしました。車いすから運転席への移乗の際などに、グリップに体重を掛ける必要のある方に向けたアイテムです。

*1: 日産自動車グループでは、生活の色々なシーンでお役に立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフケアビークル」(LV:Life Care Vehicles)と呼んでいます。
*2: エコカー減税の詳細については、ベース車と同様に「『ノート』エコカー減税サイト」をご参照ください。

<全国希望小売価格(消費税込み)>

ベース車グレード:価格(単位:円)
▼ライダー
X:1,712,880
X DIG-S:1,942,920
X FOUR:1,924,560
▼ライダー ブラックライン
X DIG-S:2,007,720
X FOUR:1,989,360
▼アクシス
X:1,766,880
X DIG-S:2,029,320
X FOUR:1,978,560

<全国希望小売価格(消費税込み)>

ベース車グレード:価格(単位:円)
▼アンシャンテ 助手席 スライドアップシート(※1)
X:1,923,480
X DIG-S:2,153,520
X FOUR:2,135,160
▼アンシャンテ 助手席 回転シート(※2)
X:1,550,880
X DIG-S:1,780,920
X FOUR:1,762,560
▼アシストグリップ付車 乗降グリップ
X DIG-S:1,716,120
▼アシストグリップ付車 つり革グリップ
X DIG-S:1,726,920
▼運転席マイティグリップ
X DIG-S:1,709,640

※1 オーテック扱いディーラーオプションの「車いす固定用ゴムネット」または「車いす収納装置」を装着した場合は、車両(オプション含む)の消費税は非課税。
※2 オーテック扱いディーラーオプションの「車いす収納装置」を装着した場合は、車両(オプション含む)の消費税は非課税。

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027