新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ、「N-BOX(エヌボックス)/N-BOX+(エヌボックス プラス)」に特別仕様車を設定し発売 / navi

クルマニュース

ホンダ、「N-BOX(エヌボックス)/N-BOX+(エヌボックス プラス)」に特別仕様車を設定し発売 / navi

(2015/07/10)

Hondaは、軽乗用車最大級の室内空間※1や使い勝手の良さをご好評いただいている「N-BOX(エヌボックス)」シリーズ※2の2015年上半期における軽自動車販売台数No.1※3を記念して、人気装備を追加しながらもお買い得感のある価格設定とした特別仕様車「SSパッケージ」を、7月10日(金)に発売します。

※ 1Honda調べ。室内三寸法(室内長、室内幅、室内高)に基づく(2015年2月現在)
※ 2N-BOXシリーズ:N-BOX(エヌボックス)、N-BOX +(エヌボックス プラス)、N-BOX SLASH(エヌボックス スラッシュ)
※ 3社団法人 全国軽自動車協会連合会調べ。2015年1月〜6月度 国内軽自動車新規届出台数

N-BOX 特別仕様車 SSパッケージ(FF)
N-BOX + 特別仕様車 SSパッケージ(FF)


●主な特別装備の内容
1.N-BOX/N-BOX + 特別仕様車 SSパッケージ
(G・Lパッケージの装備に加えて)

・あんしんパッケージ※4
・パワースライドドア(リア右側)※5
・ブラックインテリアを標準装備
・クロームメッキ加飾(フロントインナードアハンドル、セレクトレバーボタン&シャフト、エアコン
・アウトレットノブ、エアコンアウトレットリング)
・シルバー塗装アイテム(メーターリング、運転席・助手席ドリンクホルダーリング)

2.N-BOX カスタム/N-BOX + カスタム 特別仕様車 SSパッケージ
(G・Lパッケージの装備に加えて)

・あんしんパッケージ※4
・パワースライドドア(リア右側)※5
・シルバー塗装パワーウインドウスイッチパネル
・クロームメッキ・リアバンパーガーニッシュ

3.N-BOX + 車いす仕様車 特別仕様車 SSパッケージ
(G・Lの装備に加えて)

・あんしんパッケージ※4
・パワースライドドア(リア左側)※5
・スライドドア・イージークローザー(リア両側)
・ブラックインテリアを標準装備
・クロームメッキ加飾(フロントインナードアハンドル、セレクトレバーボタン&シャフト、エアコン
・アウトレットノブ、エアコンアウトレットリング)
・シルバー塗装アイテム(メーターリング、運転席・助手席ドリンクホルダー)

4.N-BOX + カスタム 車いす仕様車 特別仕様車 SSパッケージ
(Gの装備に加えて)

・あんしんパッケージ※4
・パワースライドドア(リア左側)※5
・スライドドア・イージークローザー(リア両側)
・シルバー塗装パワーウインドウスイッチパネル
・クロームメッキ・リアバンパーガーニッシュ

※4 衝突や発進時における事故被害の軽減と衝突回避支援を行い、安全運転をサポートするシティブレーキアクティブ システム、前席用i-サイドエアバッグシステム(容量変化タイプ)+サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)を セットにしたパッケージ
※5 タッチセンサー/挟み込み防止機構付き、リモコン&運転席スイッチ開閉式

●全国メーカー希望小売価格(消費税8%込み)

【N-BOX】
特別仕様車 SSパッケージ:1,440,000円~1,570,000円
カスタム 特別仕様車 SSパッケージ:1,630,000円~1,760,000円

【N-BOX + 】
特別仕様車 SSパッケージ:1,560,000円~1,690,000円
カスタム 特別仕様車 SSパッケージ:1,715,000円~1,845,000円

【N-BOX + 車いす仕様車】(非課税)
特別仕様車 SSパッケージ:1,640,000円~1,770,000円
カスタム 特別仕様車 SSパッケージ:1,810,000円~1,940,000円

※ ボディーカラーのプレミアムホワイト・パールII、プレミアムディープロッソ・パール、プレミアムディープモカ・パール、プレミアムピンク・パール、プレミアムベルベットパープル・パールは、車いす仕様車を除き32,400円(消費税抜き30,000円)高。車いす仕様車は、30,000円(消費税非課税)高となります
※ 価格には、保険料、税金(消費税を除く)、登録・届出などに伴う費用は含まれません
※ 自動車リサイクル法の施行によりリサイクル料金が別途必要。リサイクル料金は、リサイクル預託金(シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類のリサイクルなどに必要な費用、情報管理料金)および資金管理料金の合計金額

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
7
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027