新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ、「N-ONE(エヌワン)」をマイナーモデルチェンジし発売 ~装備をさらに充実させ、低全高モデルを追加~ / navi

クルマニュース

ホンダ、「N-ONE(エヌワン)」をマイナーモデルチェンジし発売 ~装備をさらに充実させ、低全高モデルを追加~ / navi

(2015/07/17)

Hondaは、プレミアムな軽としてご好評をいただいている「N-ONE(エヌワン)」をマイナーモデルチェンジし、7月17日(金)に発売しました。

今回のマイナーモデルチェンジでは、内外装の充実を図るとともに、全高を65mm下げることでスポーティーな外観とし、多くの立体駐車場にも対応した低全高モデルを追加。さらに、スポーツタイプのコンプリートカー「Modulo X(モデューロ エックス)」を追加し、より幅広い層のお客様にお選びいただけるモデルラインアップとしました。

●主な変更点
○質感の向上

・フロントグリルやフロントバンパーに上質でワイド感を強調するメッキモールを全タイプに追加。また、サイドビューを引き締めるドアサッシュモール、上質な肌触りのコンビシート(プライムスムース×ジャージ)を追加(Premium、Premium Tourer、Premium Tourer・LOWDOWNに設定)
・オートリトラミラー、ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器をGを除くタイプに標準装備

○低全高タイプ「LOWDOWN(ローダウン)」を追加

新デザインのルーフ、スポイラー、ローダウンサスペンションにより全高を65mm下げ、1,545mmとすることで多くの立体駐車場に対応した、スポーティーな外観のLOWDOWN(ローダウン)を追加

○新色を追加し、2トーンカラースタイル含む全28種類のカラーバリエーションを設定

ブリリアントスポーティブルー・メタリック、ブリティッシュグリーン・パール、プレミアムピンク・パールの新色3種類を追加

○「Modulo X」を追加

「N-BOX(エヌボックス)」から始まったコンプリートカーブランドである「Modulo X」をN-ONEにも追加。専用のエアロバンパー、フロントグリル、サイドシルガーニッシュなどのエクステリアパーツに加え、高剛性バンパービーム、専用デザインマフラー、サスペンション、ブレーキパッド、アルミホイールなどを装備。さらに、EPS、CVT(Sレンジ)を専用セッティングとすることで、上質で軽快な走りを実現しました

Premium Tourer・LOWDOWN(FF)
Modulo X(FF)


●販売計画台数

(国内・月間)        3,000台

●全国メーカー希望小売価格
【N-ONE】

(消費税8%込み)
G:1,185,000円~1,315,000円
G 2トーンカラースタイル:1,244,400円~1,374,400円
G・Lパッケージ:1,298,000円~1,428,000円
G・Lパッケージ 2トーンカラースタイル:1,357,400円~1,487,400円
G・LOWDOWN:1,418,000円
Tourer:1,445,000円~1,575,000円
Tourer 2トーンカラースタイル:1,504,400円~1,634,400円

【N-ONE Premium】

(消費税8%込み)
Premium:1,490,000円~1,620,000円
Premium 2トーンカラースタイル:1,549,400円~1,679,400円
Premium Tourer:1,598,000円~1,728,000円
Premium Tourer 2トーンカラースタイル:1,657,400円~1,787,400円
Premium Tourer LOWDOWN:1,698,000円

【N-ONE Modulo X】

(消費税8%込み)
Modulo X:1,898,000円


※ 価格には、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う費用は含まれません
※ 自動車リサイクル法の施行によりリサイクル料金が別途必要。リサイクル料金は、リサイクル預託金(シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類のリサイクルなどに必要な費用、情報管理料金)および資金管理料金の合計金額
※ プレミアムホワイト・パールII、プレミアムピンク・パール、プレミアムイエロー・パールII、プレミアムブルームーン・パール、プレミアムディープロッソ・パールは32,400円(消費税8%込み)高
※ 2トーンカラースタイルのプレミアムホワイト・パールII、プレミアムピンク・パール、プレミアムイエロー・パールII、プレミアムブルームーン・パール、プレミアムディープロッソ・パールは21,600円(消費税8%込み)高
※ G・LOWDOWN、Premium Tourer LOWDOWN、Modulo Xのプレミアムホワイト・パールII、プレミアムイエローパールII、プレミアムディープモカ・パールは32,400円(消費税8%込み)高

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
3
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
keep
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
7
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
8
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
keep
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027