新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン「Golf Alltrack」を新発売 / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン「Golf Alltrack」を新発売 / navi

(2015/07/21)

Golf Alltrack


フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社(代表取締役社長:庄司 茂、本社:愛知県豊橋市、略称:VGJ)は、コンパクトカーの世界的ベストセラー、「Golf」シリーズでは初めてとなる、本格的なクロスオーバー4WD(四輪駆動)ステーションワゴン、「Golf Alltrack(ゴルフ オールトラック)」を本日より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで発売します。なお、全国希望小売価格(税込)は、「Golf AlltrackTSI 4MOTION」が 347 万円で、「Golf Alltrack TSI 4MOTION Upgrade Package」が 367 万円です。
この価格は、現在、国内で販売されている輸入4WDモデルの中では、もっともお客様にとって身近であり、かつ、VGJ としても「Golf Variant」シリーズ全体のさらなる拡販を狙った戦略価格です。したがって、「GolfAlltrack」の導入に際しては、4WD モデルを日常の足として、あるいは、レジャーや趣味、自己表現の良きパートナーとして、お客様に自信を持ってお奨めする、フォルクスワーゲンのゴキゲン♪な最新 4WDモデルです。

「Golf Alltrack」のベースとなるモデルは、「いまを生きる人のためのジャーマン・ステーションワゴン」として、2014 年 1 月から国内販売を始めた「Golf Variant」です。当然のことながら、「Golf Alltrack」にも「Golf Variant」の美点である優れた積載力(605ℓ~1,620ℓ)と幅広い用途に対応できる使い勝手などがそのまま生かされています。そのほかの特徴として挙げられるのは、車名の「Alltrack」が示すとおり、オンロードからラフロードまでのあらゆる路面状況下でも、高い信頼性と快適な走破性を提供するフォルクスワーゲンが誇る独自の四輪駆動システム「4MOTION」などです。詳しくは下記を参照ください。

◇ 力強さと都会的洗練を兼ね備えたエクステリアとインテリアデザイン

「Golf Alltrack」は、クロスオーバー4WD モデルであることを強調するさまざまなアイテムを専用装備しています。前後の専用バンパーには、クローム装飾をアクセントに用い、さらに、左右ドアの下部には黒いサイドシルとホイールアーチを取り囲むように、同じく黒いホイールハウス エクステンショなどを装着しています。さらに、ベースモデルの「Golf Variant」と比べ、25mm 高くなった車高との視覚的な相乗効果によって、とてもパワフルでタフなイメージの外観に仕上がっています。さらに、スタイリングの重要な決め手とも言える足元も、205/55R17 のタイヤと 7JX17 インチの専用アルミホイールを採用することで、アウトドア的な雰囲気だけでなく、都会の背景にも映える洗練された存在感も同時に醸し出しています。また、インテリアも同様に、専用デコラティブパネル、ドアシルプレート、シートバックに「Alltrack」のロゴが入った専用のファブリックシートを採用するなど、「Alltrack」専用アイテムを数多く採用することで、ノーマルの「Golf Variant」とは一線を画す、クロスオーバーモデル特有の雰囲気を強調しています。

◇ 「ゴルフ」シリーズ初の 1.8ℓTSI エンジンと 6 速 DSG トランスミッション

「Golf Alltrack」に搭載するエンジンは、「Golf」シリーズでは初めてとなる 1.8ℓTSI です。この最新のパワーユニットの最高出力は 132kW(180PS)で、280Nm(28.6kgm)の最大トルクは、アイドリング直後の 1,350 から 4,500rpm までの幅広い回転域で得られます。そして、このエンジンに組み合わされるギアボックスは湿式多板クラッチ式の 6 速 DSG で、オンロードはもちろんのこと、粘り強い走りが求められるラフロードでも、「Golf Alltrack」のクロスオーバー4WD モデルとしての卓越したドライバビリティを如何なく発揮します。

◇ オールマイティな走りを支える専用サスペンションと最新の四輪駆動システム「4MOTION」

「Golf Alltrack」は本格的なクロスオーバー4WD モデルとして、ラフロード走行での高い走破性も考慮した専用サスペンションを全車に標準装着しています。これにより、最低地上高が「Golf Variant」に比べ25mm 高くなり、ラフロード走破性がさらに高まりました。これに、フォルクスワーゲン独自のフルタイム四輪駆動システムで最新(第 5)世代のハルデックスカップリングを採用した「4MOTION」を組み合わせることで、ラフロードでもつねに優れた走行性能を実現します。
最新世代の「ハルデックス 5」カップリングは、前後アクスル間のトルクを配分し、車両の瞬間的な運転状況を把握するためのプロアクティブな制御システムを採用しています。システムは、車輪がスリップを始める前から反応して、あらゆる条件下でトラクションのロスを最小化します。エンジンの負荷が比較的小さい、あるいはアクセル オフで空走(コースティング)するような状況では、リヤアクスルを駆動系から切り離し、フロントアクスルだけに駆動力を伝え、無駄な燃料消費を削減します。そして必要に応じて、コンマ秒単位の素早い制御でリヤアクスルに相応の駆動力を配分します。電子制御油圧式オイルポンプで作動制御する最新式のハルデックスカップリングが、こうした細密な駆動力の分配を司っています。コントロールユニットが、つねにリヤアクスルに必要な駆動トルクを計算して、オイルポンプを作動させることで、マルチプレート カップリングの接続頻度を制御しています。状況によっては、駆動トルクのほぼ100%をリヤアクスルに伝えることもできます。一方、前後アクスルの横方向のトルク配分については、標準装備の ESP(エレクトロニック・スタビリゼーション・プログラム)機能のひとつである EDS(エレクトロニック ディファレンシャルロック)が働いて、実質的に制御します。さらに、「Golf Alltrack」の前後アクスルには XDS も装着しており、タイトコーナーを高速で走り抜けるような場合、必要に応じてブレーキに介入し、ステアリングの反応を適正化します。

◇ 本格的なラフロード性能

「Golf Alltrack」のドライビングプロファイル機能には、通常の「ノーマル」、「エコ」、「スポーツ」、「カスタム」に加え、「Golf Alltrack」用に専用開発した「オフロード*1」モードを追加しました。このモードを選択すると、下記のようなアシスタンス システムをラフロード走行用プログラムに変更して、より安全なラフロード走行を提供します。
●ABSの調整 制動距離をより短縮するためホイールロックの間隔を制御
●ヒルディセントアシスト 下り勾配で車速が一定になるよう自動制御
●アクセルペダルの特性変更 踏み込みの反応特性を変更し、緻密にアクセルをコントロールこれにより、「Golf Alltrack」は、ラフロードでも SUV に匹敵する高い走破性能を有しています。

*1 カタログ表記は「ラフロード」としています。

◇ Golf Alltrack の主要諸元など

▼TSI 4MOTION
全長×全幅×全高:4,585×1,800×1,510 mm
ホイールベース:2,635 mm
車両重量:1,540<1,570>kg
エンジン:直列 4 気筒 DOHC インタークーラー付ターボ(4 バルブ)
排気量:1,798 cc
最高出力:132kW(180PS)/ 4,500~6,200rpm
最大トルク:280Nm(28.6kgm)/ 1,350~4,500rpm
トランスミッション:6 速 DSG
駆動方式:フルタイム 4WD
JB08 モード燃費:14.7km/ℓ
価格(税込):¥3,470,000

▼TSI 4MOTION Upgrade Package
全長×全幅×全高:4,585×1,800×1,510 mm
ホイールベース:2,635 mm
車両重量:1,540<1,570>kg
エンジン:直列 4 気筒 DOHC インタークーラー付ターボ(4 バルブ)
排気量:1,798 cc
最高出力:132kW(180PS)/ 4,500~6,200rpm
最大トルク:280Nm(28.6kgm)/ 1,350~4,500rpm
トランスミッション:6 速 DSG
駆動方式:フルタイム 4WD
JB08 モード燃費:14.7km/ℓ
価格(税込):¥3,670,000

< >は電動パノラマスライディングルーフ装着車

<主な標準装備品>

● Start/Stop システム/ブレーキエネルギー回生システム(BlueMotion Technology)
● プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”(シティエマージェンシーブレーキ機能付)
● ドライバー疲労検知システム“Fatigue Detection System”
● アダプティブクルーズコントロール“ACC”(全車速追従機能付)
● プロアクティブ・オキュパント・プロテクション
● ポストコリジョンブレーキシステム
● フロントエアバッグ(運転席/助手席)、ニーエアバッグ、サイドエアバッグ(前席/後席)、カーテンエアバッグ
● Volkswagen 純正インフォテイメントシステム“Composition Media”
● スマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”
● インテリアアンビエントライト/フットウェルランプ(前席)
● 2 ゾーンフルオートエアコンディショナー
● レザー3 本スポークマルチファンクションステアリングホイール

<Upgrade Package 装備品>

● レーンキープアシストシステム“Lane Assist” ● フルカラーマルチファンクションインジケーター
● バイキセノンヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LED ポジションランプ付)
● ダイナミックコーナリングライト ● ヘッドライトウォッシャー

<Upgrade Package で選択可能なオプションアイテム>

● Volkswagen 純正インフォテイメントシステム“Discover Pro” / ETC2.0 対応車載器
● 電動パノラマスライディングルーフ(電動サンシェード、UV カット機能付)
● レザーシートパッケージ(スポーツシート(運転席/助手席)、パワーシート(運転席、8 ウェイ)、パワーランバーサポート(運転席)、シートヒーター(運転席/助手席)

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化(2020/09/30)
【Car as Art !】BMW M550i xDrive Ultimate Edition(2020/09/25)
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027