新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン、ますますゴキゲン♪ 主力車種の装備をアップグレード / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン、ますますゴキゲン♪ 主力車種の装備をアップグレード / navi

(2015/07/30)

フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社(代表取締役社長:庄司 茂、本社:愛知県豊橋市、略称:VGJ)は、人気のハッチバック「Polo(ポロ)」、「Golf(ゴルフ)」と「Golf」のステーションワゴンである「Golf Variant(ゴルフ ヴァリアント)」、そして、コンパクト SUV「Tiguan(ティグアン)」の一部装備をアップグレードするなど商品力を強化。安全、快適でゴキゲン♪なフォルクスワーゲンをお届けいたします。

これまでもフォルクスワーゲンは、安全、快適装備を満載して登場した現行「Golf」を皮切りに、輸入車ブ ランドのトップ ランナーとして積極的に安全 ・快適装備の拡充を推し進めてきま した。今回のアップグレードでは対象車種の全てにインフォテイメントシステム「Composition Media(コンポジションメディア)」を標準採用し、MirrorLink™、Apple CarPlay、Android Auto(2015 秋より)に対応するスマホとの連動が容易に行える「App Connect(アップコネクト)」を新たに組み込みました。また、これまではオプションだった人気アイテムを標準装備するほかオプションの選択肢もあわせて増やしています。これにより、各モデル、各グレードともに安全性と快適性が大幅に向上したことに加え、一部のモデルでは価格(税込)を据え置くなど、各モデルが属するセグメントやクラスにおいて競合との競争力を一段と高めています。とくに根強い人気を誇る SUVの「Tiguan」には、標準装備の拡充と多彩なオプションを用意することに加え、価格も抑えた新しいエントリーグレード「Lounge Edition(ラウンジエディション)」を設定しました。

このようにフォルクスワーゲンは、今年後半のスタートとして先日発表した新型「Passat(パサート)」シリーズと新型「Golf Alltrack(ゴルフ オールトラック)」を皮切りに、今回、装備をアップグレードした各人気モデルを投入することで、今年後半の販売攻勢に拍車をかけるとともに、より多くのお客様に、安全で快適なフォルクスワーゲンをお届けすることで、ゴキゲン♪なブランドとしてのプレゼンスをさらに高めてまいります。

なお、今回の対象車種のエンジン、トランスミッションなどのパワートレインについては、変更ありません。
各モデルの変更点と価格などの詳細については、下記、モデル別一覧をご参照ください。

◇ Tiguan Series

人気コンパクトSUVの「Tiguan」に、今年4 月に発売して好評を得た特別限定車「Lounge(ラウンジ)」 をベースにした「Lounge Edition(ラウンジ エディション)」をエントリーモデルとして新たに追加しました。このモデルには、App Connect を搭載した純正オーディオの“Composition Media”を標準装備するほか、純正ナビゲーションの“714SDCW”と 18 インチアルミホイールをオプション設定。エントリーモデルとして価格も大幅に抑えました。なお、「Tiguan Lounge Edition」は、「Tiguan TSI BlueMotion TechnologyR-Line Package」と同じ 160ps の 1.4 リッターTSI ツインチャージャーと 6 速 DSG を搭載しています。そのほかの追加、新規設定アイテム等については、下記一覧表をご覧ください。

◇ Tiguan Series

▼設定区分
・装備

▼標準装備
・純正オーディオシステム“Composition Media”(CDプレーヤー、MP3/WMA再生、AM/FM、Bluetoothオーディオ/ハンズフリーフォン、App Connect)
・Lounge専用ドアシルプレート
▼オプション
・純正ナビゲーションシステム“714SDCW”*1
(FM-VICS 内蔵、CD ダイレクト録音、CD/DVD プレーヤー、MP3/WMA/AAC 再生、MP4/WMV
動画再生、AM/FM、地デジTV受信、iPod接続対応、Bluetoothオーディオ/ハンズフリーフォン、
スマホ接続対応 iPhone/Android Intelligent Voice、Smart Access 4Car、NaviCon 対応、
地図差分更新、フリックオペレーション)
・ETC2.0 対応車載器
・VTR ケーブル及び USB デバイス接続装置(センターコンソール)
・リヤビューカメラ“Rear Assist”*1
(純正ナビゲーションシステム“714SDCW”パッケージとのセットオプション)
・235/50R18 タイヤ/7J×18 アルミホイール(10 スポーク)*2

*1 純正ナビゲーションシステム“714SDCW”とリヤビューカメラ“Rear Assist”はパッケージオプションとなります。
*2 18 インチアルミホイールはバイキセノンヘッドライトとセットオプションになります。

<Tiguan シリーズの追加、新規設定アイテムなど>

装備:対象と標準、オプションの区分

・純正オーディオシステム“Composition Media”(CDプレーヤー、MP3/WMA再生、AM/FM、Bluetoothオーディオ/ハンズフリーフォン、App Connect):2.0TSI Leistung に標準装備

<全国希望小売価格(税込)>

Tiguan Lounge Edition ¥3,420,000 新規設定
Tiguan TSI R-Line Package ¥4,079,000 価格据置き
Tiguan 2.0TSI Leistung 4MOTION ¥4,199,000
Tiguan 2.0TSI R-Line 4MOTION ¥4,832,000 価格据置き

<Lounge専用オプション価格(税込)>

バイキセノンヘッドライトパッケージ ¥162,000
スタティック&ダイナミックコーナリングライト、ヘッドライトウォッシャーとのパッケージオプション

18インチアルミホイール ¥99,900
18インチアルミホイールはバイキセノンヘッドライトパッケージとセットオプション

◇ Polo Series

「Polo」は全車、純正オーディオとして MirrorLinkTM対応の「Composition Media(コンポジションメディア)」を標準装備していますが、今回新たにApple CarPlay、Android Auto にも対応し、スマホとの連動が容易にできる「App Connect(アップコネクト)」を新たに組み込みました。そのほかのグレードごとの追加、新規設定アイテムなどについては、下記一覧表をご覧ください。

<Polo シリーズの追加、新規設定アイテムなど>

▼装備
・App Connect (純正オーディオシステム“Composition Media”)(CDプレーヤー、MP3/WMA再生、AM/FM、Bluetoothオーディオ/ハンズフリーフォン付き) ・MEDIA-IN (iPod+USBデバイス接続装置<センターコンソール>*3)
■対象と標準、オプションの区分
全グレードに標準装備
- Comfortline
- Comfortline Upgrade Package
- BlueGT
- CrossPolo
- GTI

▼装備
・LED ヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LED ポジションランプ付)
■対象と標準、オプションの区分
Comfortline Upgrade Package に標準装備

▼装備
・Sport Select(スポーツセレクト)*4
■対象と標準、オプションの区分
GTI に標準装備

*3 MEDIA-IN は、Volkswagen 純正ナビゲーションシステム“714SDCW”との同時装着はできません。
*4 「Polo GTI(DSG、M/T)」に標準設定。Sport Selectは、スイッチ一つでサスペンションのセッティングを「ノーマル」と「スポーツ」の 2 段階で変更可能。「スポーツ」モードではステアリング特性とエンジン音がよりスポーティになります。

<全国希望小売価格(税込)>

Polo TSI Comfortline ¥2,284,000 価格据置き
Polo TSI Comfortline Upgrade Package ¥2,629,000
CrossPolo ¥2,808,000
Polo Blue GT ¥2,895,000
Polo GTI (DSG) ¥3,375,000




◇ Golf Series

安全装備を満載して登場した現行「ゴルフ」に、最新の「ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)」と「リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)」を一部グレードに標準装備、あるいはオプションとして設定することで、他社の追従を許さないコンパクトクラスのハッチバックとしてのポジションをより強固なものにします。また「Golf」に設定している純正オーディオシステム「CompositionMedia(コンポジション メディア)」にスマホとの連動が容易にできる新機能として「App Connect(アップコネクト)」を新たに組み込むなど、細部に渡る商品力の強化を行いました。そのほかのグレードごとの追加、新規設定アイテムなどについては、下記一覧表をご覧ください。

<Golf シリーズの追加、新規設定アイテムなど>

▼装備
・App Connect (純正インフォテイメントシステム“Composition Media”)(CDプレーヤー、MP3/WMA再生、AM/FM、Bluetoothオーディオ/ハンズフリーフォン付き)、MEDIA-IN
■対象と標準、オプションの区分
Trendline
Comfortline
Highline
GTI に標準装備

▼装備
・MirrorLinkTM (純正ナビゲーションシステム“Discover Pro”)(SSD ナビゲーションシステム、FM-VICS 内蔵、DVD/CD プレーヤー、MP3/WMA 再生、AM/FM、地デジ TV 受信、Bluetooth オーディオ/ハンズフリーフォン)
■対象と標準、オプションの区分
R に標準装備
R を除く全車にオプション設定

▼装備
・ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)
■対象と標準、オプションの区分
GTI、R の DSG 仕様に標準設定
Highline にオプション設定*5

▼装備
・リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)
■対象と標準、オプションの区分
GTI、R の DSG 仕様に標準設定
Highline にオプション設定*5

▼装備
・リヤビューカメラ“Rear Assist
■対象と標準、オプションの区分
GTI と R に標準設定

▼装備
・パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ)
■対象と標準、オプションの区分
Highline にオプション設定*5

▼装備
・オプティカルパーキングシステム
■対象と標準、オプションの区分
Highline にオプション設定*5

▼装備
・バイキセノンヘッドライトパッケージ
スマートエントリー&スタートシステム"Keyless Access"とパッケージオプション
■対象と標準、オプションの区分
Comfortline にオプション設定

*5 「セーフティパッケージ」としてパッケージオプションとなります。

<全国希望小売価格(税込)>

Golf TSI Trendline ¥2,660,000
Golf TSI Comfortline ¥2,876,000
Golf TSI Highline ¥3,242,000
Golf GTI (DSG) ¥3,990,000
Golf R (DSG) ¥5,490,000

<オプション価格(税込)>

バイキセノンヘッドライトパッケージ ¥118,800
Comfortline 用にオプション設定
* スマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”とのパッケージオプション
セーフティパッケージ ¥108,000
Highline 用にオプション設定
* パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ)、ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)とのパッケージオプション

◇ Golf Variant Series

最新の安全装備を満載する現行の「Golf Variant」にも、「Golf」と同じように、最新の「ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)」と「リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)」を一部グレードにオプション設定するほか、「スマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”」と人気の「バイキセノンヘッドライト」をセットオプションとして一部車種に設定しました。また、トップグレードの「Golf R Variant」に「電動パノラマスライディングルーフ(電動サンシェード、UV カット機能付)」を追加オプション設定するなど、細部に渡る商品力の強化を行いました。そのほかのグレードごとの追加、新規設定アイテムなどについては、下記一覧表をご覧ください。

<Golf Variant シリーズの追加、新規設定アイテムなど>

▼装備
・App Connect (純正インフォテイメント“Composition Media”)(CDプレーヤー、MP3/WMA再生、AM/FM、Bluetoothオーディオ/ハンズフリーフォン付き)、MEDIA-IN
■対象と標準、オプションの区分
Comfortline
Highline
R-Line に標準装備

▼装備
・MirrorLinkTM (純正ナビゲーションシステム“Discover Pro”)(SSDナビゲーションシステム、FM-VICS内蔵、DVD/CDプレーヤー、MP3/WMA再生、AM/FM、地デジTV受信、Bluetoothオーディオ/ハンズフリーフォン)
■対象と標準、オプションの区分
R Variant に標準装備
R Variant を除く全車にオプション設定

▼装備
・リヤビューカメラ“Rear Assist”
■対象と標準、オプションの区分
Highline、R-Line に標準装備

▼装備
・ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)
■対象と標準、オプションの区分
Highline、R-Lineにオプション設定*6

▼装備
・リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)
■対象と標準、オプションの区分
Highline、R-Lineにオプション設定*6

▼装備
・パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ)、オプティカルパーキングシステム
■対象と標準、オプションの区分
Highline、R-Lineにオプション設定*6

▼装備
・バイキセノンヘッドライトパッケージ
スマートエントリー&スタートシステム"Keyless Access"とセットオプション
■対象と標準、オプションの区分
Comfortlineにオプション設定

▼装備
・電動パノラマスライディングルーフ(電動サンシェード、UV カット機能付)
■対象と標準、オプションの区分
R Variant にオプション設定

*6 「セーフティパッケージ」としてパッケージオプションになります。

<全国希望小売価格(税込)>

Golf Variant TSI Comfortline ¥2,899,000
Golf Variant TSI Highline ¥3,487,000
Golf Variant R-Line ¥3,691,000
Golf R Variant ¥5,590,000 価格据置き

<オプション価格(税込)>

バイキセノンヘッドライトパッケージ ¥118,800
Comfortline 用にオプション設定
* スマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”とパッケージオプション

セーフティパッケージ ¥108,000
Highline、R-Line にオプション設定
* パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ)、ブ ラ イ ン ド ス ポ ッ ト デ ィ テ ク シ ョ ン(後方死角検知機能)とのパッケージオプション

電動パノラマスライディングルーフ ¥151,200
R Variant 用にオプション設定

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027