新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ロータス エリーゼ 20th アニバーサリー エディション 登場! / navi

クルマニュース

ロータス エリーゼ 20th アニバーサリー エディション 登場! / navi

(2015/08/17)

エリーゼ 20th アニバーサリー エディション



エルシーアイ株式会社(代表取締役社長:高橋 一穂、東京都大田区)は、ロータス・エリーゼ 20th アニバーサリー エディションの販売を、2015年8月7日より全国正規販売代理店にて開始致します。

1995年のフランクフルトモーターショーで発表したエリーゼは、スポーツカーの世界に革命をもたらしました。エリーゼに象徴される、高度な技術を供えた「スモールカー・プラットホーム」から4万台もの車が生み出され、卓越したハンドリング、純粋なドライビングの楽しさ、軽量化によるパフォーマンスの向上を実現する車として、ベンチマークを築き上げてきました。また、押出し結合アルミシャーシを採用した最初の自動車メーカーとして、ロータスは業界に革新を推し進め、そのメソッドは自動車業界で広く用いられるようになりました。一方で、ロータスは自らの軽量構造に磨きをかけ、開発を進め、現時点でシャーシの重量は68kgを実現しています。

グループロータスのジャンマルク・ゲールズCEOは、こう述べています。「当社のスモールカープラットホームの4万台という節目にあたり、エリーゼ 20th アニバーサリー エディションを発表できることは大変喜ばしいことです。最新のエリーゼは当社の成果を祝うモデルであり、将来を見据え、プラットホームは発展と改善を続け、未来のモデルのために信頼性のある基盤を確実に形成していきます。さらに、生産体制の柔軟性とロータスにとっての重要性を提示していきます。」


エリーゼ 20th アニバーサリー エディション

-20周年を記念した特別モデルのエリーゼ S
-エリーゼ Sクラブレーサーをベースにした特別モデル
-ボディカラーには、クラシックエリーゼカラーを起用
-スポーツパック、ブラックスタイルパックを標準装備

エクステリア

・エリーゼ 20th専用ボディカラー(クラシックカラー)
-クラシックブルー、クラシックグリーン、クラシックイエロー、クラシックシルバー
・エリーゼ 20th専用マットブラックペイントフィニッシュ
-リアディフューザー、ウイングミラー、ロールフープカバー、リアトランサムパネル
・エリーゼ 20th専用デカール
-リアバンパー、サイドウイングパネル
・フロント補助ドライビングランプ
・ブラックリアディフューザー
・ブラック軽量鍛造アルミホイール 14 スポーク

インテリア

・軽量スポーツシート(レザー、アルカンタラからの選択)
・ボディ同色シートベルトフープ
・コントラストステッチ(シート、ドアトリム)
-ボディカラーがクラシックブルー/クラシックシルバーの場合:シルバーステッチ
-ボディカラーがクラシックグリーン/クラシックイエローの場合:イエローステッチ
・ボディ同色センターコンソール



■ エリーゼ 20th アニバーサリー エディション 車両本体価格 : 7,776,000円(消費税込)


※日本でのデリバリーは、2015年9月を予定しております。

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027