新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ、軽乗用車「スペーシア」「スペーシア カスタム」の ターボ車に「S-エネチャージ」を搭載して新設定 / navi

クルマニュース

スズキ、軽乗用車「スペーシア」「スペーシア カスタム」の ターボ車に「S-エネチャージ」を搭載して新設定 / navi

(2015/08/18)

スペーシア T
スペーシア カスタム XSターボ



スズキ株式会社は、軽乗用車「スペーシア」、「スペーシア カスタム」に、ターボエンジンと加速時にモーターでエンジンをアシストする「S-エネチャージ」を組み合わせた機種※3を新たに設定し、8月18日より発売する。

今回設定したターボ車は、「S-エネチャージ」を搭載したNA車(自然吸気)に対し、モーターアシストする速度域を拡大することでモーターアシストの頻度を増やし、力強い走りと低燃費を両立。ターボ車としてクラストップレベル※1の低燃費26.8km/L※2を達成した。
「スペーシア」にターボ車1グレード、「スペーシア カスタム」には、ターボ車を従来の1グレードから、XSターボとGSターボの2グレード構成とすることで、選択の幅を広げた。NA車からターボ車まで、全車エコカー減税に対応した幅広いラインアップとしている。

また、ステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」※4や全方位モニター付メモリーナビゲーション※5などに加え、新たにクルーズコントロールシステムと7速マニュアルモード付パドルシフトを採用して装備を充実させた。

さらに「スペーシア」TはLEDイルミネーションを備えたメッキフロントグリルの採用などにより、専用の精悍な外観デザインとした。
※1 クラス=全高1,700mm以上のハイト型2BOX軽自動車。JC08モード走行燃費(国土交通省審査値)に基づく。2015年8月現在、スズキ調べ。
※2 燃料消費率JC08モード走行(国土交通省審査値):スペーシア「T」・スペーシア カスタム「GSターボ」「XSターボ」の2WD車。
※3 スペーシア「T」・スペーシア カスタム「GSターボ」「XSターボ」
※4 デュアルカメラブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、エマージェンシーストップシグナル、ESP(R)、トップシェード付フロントガラス(スペーシア カスタムは標準装備)をセットで全車にメーカーオプション設定。
*ESPはDaimler AGの登録商標。
※5 全方位モニターとメモリーナビゲーションはセットでメーカーオプション設定。(スペーシア「T」、スペーシア カスタム「XSターボ」)

「スペーシア T」「スペーシア カスタム GSターボ/XSターボ」の主な特長

ターボ車でクラストップレベル※1の低燃費26.8km/L※2を達成

モーターアシストの頻度をさらに増やした「S‐エネチャージ」を搭載
●NA車同様に、ISG(モーター機能付発電機)が最長30秒間のモーターアシストを行い、燃料消費を抑制。
●モーターアシストする速度域を、NA車の「発進後~約85km/h」から「発進後~約100km/h」へさらに拡大し、モーターアシストする頻度を向上。
*ISG=Integrated Starter Generator(インテグレーテッド スターター ジェネレーター)

快適なドライブに貢献する装備の充実

●高速走行や長距離運転を補助するクルーズコントロールシステム
●スポーティーな走りを楽しめる7速マニュアルモード付パドルシフト

精悍な外観デザイン(スペーシア「T」)

●上部に白色のLEDイルミネーションを採用したメッキフロントグリル
●メッキバックドアガーニッシュ
●LEDサイドターンランプ付ドアミラー
●14インチアルミホイール

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
スペーシア/スペーシア カスタム ターボ車

(単位:円)
▼スペーシア
T:1,490,400~1,611,360

▼スペーシア カスタム
GSターボ:1,603,800~1,724,760
XSターボ:1,717,200~1,838,160


「スペーシア」WEBカタログ
「スペーシア カスタム」WEBカタログ

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027