新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ、軽乗用車「スペーシア」「スペーシア カスタム」の ターボ車に「S-エネチャージ」を搭載して新設定 / navi

クルマニュース

スズキ、軽乗用車「スペーシア」「スペーシア カスタム」の ターボ車に「S-エネチャージ」を搭載して新設定 / navi

(2015/08/18)

スペーシア T
スペーシア カスタム XSターボ



スズキ株式会社は、軽乗用車「スペーシア」、「スペーシア カスタム」に、ターボエンジンと加速時にモーターでエンジンをアシストする「S-エネチャージ」を組み合わせた機種※3を新たに設定し、8月18日より発売する。

今回設定したターボ車は、「S-エネチャージ」を搭載したNA車(自然吸気)に対し、モーターアシストする速度域を拡大することでモーターアシストの頻度を増やし、力強い走りと低燃費を両立。ターボ車としてクラストップレベル※1の低燃費26.8km/L※2を達成した。
「スペーシア」にターボ車1グレード、「スペーシア カスタム」には、ターボ車を従来の1グレードから、XSターボとGSターボの2グレード構成とすることで、選択の幅を広げた。NA車からターボ車まで、全車エコカー減税に対応した幅広いラインアップとしている。

また、ステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」※4や全方位モニター付メモリーナビゲーション※5などに加え、新たにクルーズコントロールシステムと7速マニュアルモード付パドルシフトを採用して装備を充実させた。

さらに「スペーシア」TはLEDイルミネーションを備えたメッキフロントグリルの採用などにより、専用の精悍な外観デザインとした。
※1 クラス=全高1,700mm以上のハイト型2BOX軽自動車。JC08モード走行燃費(国土交通省審査値)に基づく。2015年8月現在、スズキ調べ。
※2 燃料消費率JC08モード走行(国土交通省審査値):スペーシア「T」・スペーシア カスタム「GSターボ」「XSターボ」の2WD車。
※3 スペーシア「T」・スペーシア カスタム「GSターボ」「XSターボ」
※4 デュアルカメラブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、エマージェンシーストップシグナル、ESP(R)、トップシェード付フロントガラス(スペーシア カスタムは標準装備)をセットで全車にメーカーオプション設定。
*ESPはDaimler AGの登録商標。
※5 全方位モニターとメモリーナビゲーションはセットでメーカーオプション設定。(スペーシア「T」、スペーシア カスタム「XSターボ」)

「スペーシア T」「スペーシア カスタム GSターボ/XSターボ」の主な特長

ターボ車でクラストップレベル※1の低燃費26.8km/L※2を達成

モーターアシストの頻度をさらに増やした「S‐エネチャージ」を搭載
●NA車同様に、ISG(モーター機能付発電機)が最長30秒間のモーターアシストを行い、燃料消費を抑制。
●モーターアシストする速度域を、NA車の「発進後~約85km/h」から「発進後~約100km/h」へさらに拡大し、モーターアシストする頻度を向上。
*ISG=Integrated Starter Generator(インテグレーテッド スターター ジェネレーター)

快適なドライブに貢献する装備の充実

●高速走行や長距離運転を補助するクルーズコントロールシステム
●スポーティーな走りを楽しめる7速マニュアルモード付パドルシフト

精悍な外観デザイン(スペーシア「T」)

●上部に白色のLEDイルミネーションを採用したメッキフロントグリル
●メッキバックドアガーニッシュ
●LEDサイドターンランプ付ドアミラー
●14インチアルミホイール

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
スペーシア/スペーシア カスタム ターボ車

(単位:円)
▼スペーシア
T:1,490,400~1,611,360

▼スペーシア カスタム
GSターボ:1,603,800~1,724,760
XSターボ:1,717,200~1,838,160


「スペーシア」WEBカタログ
「スペーシア カスタム」WEBカタログ

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アルピーヌ A110S │腕自慢に乗ってほしい! 本場アルプスで鍛えられた、超ストイックなリアルスポーツカー(2020/05/22)
【試乗】新型 BMW X7|500km以上の道のりでも駆けぬける歓びが絶えず湧き上がるラグジュアリーSUV(2020/05/18)
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
【試乗】BMW 8シリーズグランクーペ M850i xドライブ│長距離は大得意! とにかくエレガントな4ドアクーペ(2020/04/28)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル(2020/04/12)
3
down
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ N-WGN│室内広々、出だしは力強い! 街乗りにピッタリな1台(2020/04/18)
5
up
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
6
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
7
down
【試乗】BMW 8シリーズグランクーペ M850i xドライブ│長距離は大得意! とにかくエレガントな4ドアクーペ(2020/04/28)
8
down
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
9
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
10
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027