新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ、軽乗用車「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」が 軽ワゴントップレベル※1の低燃費33.0km/L※2を達成 / navi

クルマニュース

スズキ、軽乗用車「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」が 軽ワゴントップレベル※1の低燃費33.0km/L※2を達成 / navi

(2015/08/18)

ワゴンRFZ
ワゴンRスティングレーT



スズキ株式会社は、軽乗用車「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」の「エネチャージ」「S-エネチャージ」搭載車の燃費を向上するとともに、ターボ車にも「S-エネチャージ」を搭載して8月18日より発売する。

今回、「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」の「S-エネチャージ」搭載車(ワゴンR「FZ」、スティングレー「X」)は、「S-エネチャージ」のモーターアシストする時間と頻度を増やすとともに、燃焼効率を高めるなどの改良を施したR06A型エンジンを組み合わせ、33.0km/L※2と軽ワゴントップレベル※1の優れた燃費性能を実現。ターボ車(スティングレー「T」)にも「S-エネチャージ」を採用して、軽ワゴンターボ車トップレベル※1の低燃費28.0km/L※3を達成し、また、「エネチャージ」搭載のNA車(ワゴンR「FX」CVT車、「昇降シート車」)に改良型のR06A型エンジンを搭載して、ワゴンRシリーズの「エネチャージ」「S-エネチャージ」搭載車の燃費を向上させた。

※1 軽ワゴン=全高1,550mm以上の軽自動車。JC08モード走行燃費(国土交通省審査値)に基づく。2015年8月現在、スズキ調べ。
※2 燃料消費率JC08モード走行(国土交通省審査値):ワゴンR「FZ」・スティングレー「X」の2WD車。
※3 燃料消費率JC08モード走行(国土交通省審査値):スティングレー「T」の2WD車。

ワゴンR・ワゴンRスティングレー「S-エネチャージ」搭載車(「FZ」・スティングレー)・「エネチャージ」搭載車(「FX」CVT車・「昇降シート車」)の主な特長

「S-エネチャージ」と改良型R06A型エンジンを組み合わせ、軽ワゴントップレベル※1の優れた燃費性能を実現

モーターアシストする時間と頻度を増やした「S-エネチャージ」を搭載(「FZ」・スティングレー)
●ISG(モーター機能付発電機)のモーターアシスト時間を、従来の最長6秒間から最長30秒間まで拡大。
●モーターアシストする速度域を、従来の「15km/h~85km/h」から、NA車は「発進後~約85km/h」に拡大し、モーターアシストする頻度を向上。さらに、ターボ車は「発進後~約100km/h」とした。
*ISG=Integrated Starter Generator(インテグレーテッド スターター ジェネレーター)


改良型R06A型エンジンを搭載(「FX」CVT車・「FZ」・スティングレー「X」・「昇降シート車」)
●圧縮比の向上やEGRシステム採用に加え、吸気、排気系を見直し、低中速の動力性能を高めた上で、燃費性能を向上。
*EGR=Exhaust Gas Recirculation
●エキゾーストマニホールド一体型シリンダーヘッドの採用や触媒ケースを簡素化するなど、軽量化、コンパクト化を実現。
●ISGの搭載にあわせ補機ベルトシステム等を変更。

外観の変更

●LEDフロントフォグランプ(スティングレー)
●青い加飾を施したヘッドランプ及びリヤコンビネーションランプ(スティングレー「T」)
●青く点灯するLEDイルミネーション(スティングレー「T」)
●車体色「ムーンライトバイオレットパールメタリック」を新たに設定(「FX」、「FZ」、スティングレー)

メーカーオプションの設定

14インチアルミホイールとキーレスプッシュスタートシステムをセットでメーカーオプション設定した(「FX」レーダーブレーキサポート装着車)。

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
ワゴンR/ワゴンRスティングレー「エネチャージ」「S-エネチャージ」搭載車

(単位:円)
▼ワゴンR(消費税8%込み)
FX:1,144,800~1,265,760
FZ:1,372,680~1,493,640

▼ワゴンRスティングレー(消費税8%込み)
X:1,465,560~1.586,520
T:1,614,600~1,735,560

▼ワゴンR 昇降シート車(消費税非課税)
昇降シート車:1,420,00


* 価格には、リサイクル料金、保険料、税金(除く消費税)、届出等に伴う費用は含まれない。
* 環境対応車普及促進税制による自動車取得税の減税措置は平成29年3月31日新車届出、自動車重量税の減税措置は平成29年4月30日新車届出まで。また、「ワゴンR昇降シート車」は持ち込み検査となるため、届出時の実測値(寸法・重量)により減税対象であることが決定する。
* CDプレーヤー装着車は21,600円高(「FX」、「FZ」)。
* スマートフォン連携ナビゲーション装着車は88,560円高(スティングレー)。
* レーダーブレーキサポート装着車[レーダーブレーキサポート、誤発進抑制機能、エマージェンシーストップシグナル、ESP(R)、運転席シートリフター、チルトステアリング]は51,840円高(「FX」CVT車)。
(ESPはDaimler AGの登録商標)
* セットオプション装着車[14インチアルミホイール、キーレスプッシュスタートシステム]は75,600円高(「FX」レーダーブレーキサポート装着車)。
* ディスチャージヘッドランプ装着車[ディスチャージヘッドランプ、オートライトシステム]は54,000円高(「FZ」)。
* クリスタルホワイトパール(昇降シート車除く)、ムーンライトバイオレットパールメタリック(昇降シート車除く)、スチールシルバーメタリック(スティングレー)塗装車は21,600円高。


「ワゴンR」WEBカタログ
「ワゴンRスティングレー」WEBカタログ
「ワゴンR 昇降シート車」WEBカタログ

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アルピーヌ A110S │腕自慢に乗ってほしい! 本場アルプスで鍛えられた、超ストイックなリアルスポーツカー(2020/05/22)
【試乗】新型 BMW X7|500km以上の道のりでも駆けぬける歓びが絶えず湧き上がるラグジュアリーSUV(2020/05/18)
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
【試乗】BMW 8シリーズグランクーペ M850i xドライブ│長距離は大得意! とにかくエレガントな4ドアクーペ(2020/04/28)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル(2020/04/12)
3
up
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
4
down
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
5
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
6
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
7
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
8
down
【試乗】新型 ホンダ N-WGN│室内広々、出だしは力強い! 街乗りにピッタリな1台(2020/04/18)
9
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
10
down
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027