新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ、軽乗用車「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」が 軽ワゴントップレベル※1の低燃費33.0km/L※2を達成 / navi

クルマニュース

スズキ、軽乗用車「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」が 軽ワゴントップレベル※1の低燃費33.0km/L※2を達成 / navi

(2015/08/18)

ワゴンRFZ
ワゴンRスティングレーT



スズキ株式会社は、軽乗用車「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」の「エネチャージ」「S-エネチャージ」搭載車の燃費を向上するとともに、ターボ車にも「S-エネチャージ」を搭載して8月18日より発売する。

今回、「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」の「S-エネチャージ」搭載車(ワゴンR「FZ」、スティングレー「X」)は、「S-エネチャージ」のモーターアシストする時間と頻度を増やすとともに、燃焼効率を高めるなどの改良を施したR06A型エンジンを組み合わせ、33.0km/L※2と軽ワゴントップレベル※1の優れた燃費性能を実現。ターボ車(スティングレー「T」)にも「S-エネチャージ」を採用して、軽ワゴンターボ車トップレベル※1の低燃費28.0km/L※3を達成し、また、「エネチャージ」搭載のNA車(ワゴンR「FX」CVT車、「昇降シート車」)に改良型のR06A型エンジンを搭載して、ワゴンRシリーズの「エネチャージ」「S-エネチャージ」搭載車の燃費を向上させた。

※1 軽ワゴン=全高1,550mm以上の軽自動車。JC08モード走行燃費(国土交通省審査値)に基づく。2015年8月現在、スズキ調べ。
※2 燃料消費率JC08モード走行(国土交通省審査値):ワゴンR「FZ」・スティングレー「X」の2WD車。
※3 燃料消費率JC08モード走行(国土交通省審査値):スティングレー「T」の2WD車。

ワゴンR・ワゴンRスティングレー「S-エネチャージ」搭載車(「FZ」・スティングレー)・「エネチャージ」搭載車(「FX」CVT車・「昇降シート車」)の主な特長

「S-エネチャージ」と改良型R06A型エンジンを組み合わせ、軽ワゴントップレベル※1の優れた燃費性能を実現

モーターアシストする時間と頻度を増やした「S-エネチャージ」を搭載(「FZ」・スティングレー)
●ISG(モーター機能付発電機)のモーターアシスト時間を、従来の最長6秒間から最長30秒間まで拡大。
●モーターアシストする速度域を、従来の「15km/h~85km/h」から、NA車は「発進後~約85km/h」に拡大し、モーターアシストする頻度を向上。さらに、ターボ車は「発進後~約100km/h」とした。
*ISG=Integrated Starter Generator(インテグレーテッド スターター ジェネレーター)


改良型R06A型エンジンを搭載(「FX」CVT車・「FZ」・スティングレー「X」・「昇降シート車」)
●圧縮比の向上やEGRシステム採用に加え、吸気、排気系を見直し、低中速の動力性能を高めた上で、燃費性能を向上。
*EGR=Exhaust Gas Recirculation
●エキゾーストマニホールド一体型シリンダーヘッドの採用や触媒ケースを簡素化するなど、軽量化、コンパクト化を実現。
●ISGの搭載にあわせ補機ベルトシステム等を変更。

外観の変更

●LEDフロントフォグランプ(スティングレー)
●青い加飾を施したヘッドランプ及びリヤコンビネーションランプ(スティングレー「T」)
●青く点灯するLEDイルミネーション(スティングレー「T」)
●車体色「ムーンライトバイオレットパールメタリック」を新たに設定(「FX」、「FZ」、スティングレー)

メーカーオプションの設定

14インチアルミホイールとキーレスプッシュスタートシステムをセットでメーカーオプション設定した(「FX」レーダーブレーキサポート装着車)。

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
ワゴンR/ワゴンRスティングレー「エネチャージ」「S-エネチャージ」搭載車

(単位:円)
▼ワゴンR(消費税8%込み)
FX:1,144,800~1,265,760
FZ:1,372,680~1,493,640

▼ワゴンRスティングレー(消費税8%込み)
X:1,465,560~1.586,520
T:1,614,600~1,735,560

▼ワゴンR 昇降シート車(消費税非課税)
昇降シート車:1,420,00


* 価格には、リサイクル料金、保険料、税金(除く消費税)、届出等に伴う費用は含まれない。
* 環境対応車普及促進税制による自動車取得税の減税措置は平成29年3月31日新車届出、自動車重量税の減税措置は平成29年4月30日新車届出まで。また、「ワゴンR昇降シート車」は持ち込み検査となるため、届出時の実測値(寸法・重量)により減税対象であることが決定する。
* CDプレーヤー装着車は21,600円高(「FX」、「FZ」)。
* スマートフォン連携ナビゲーション装着車は88,560円高(スティングレー)。
* レーダーブレーキサポート装着車[レーダーブレーキサポート、誤発進抑制機能、エマージェンシーストップシグナル、ESP(R)、運転席シートリフター、チルトステアリング]は51,840円高(「FX」CVT車)。
(ESPはDaimler AGの登録商標)
* セットオプション装着車[14インチアルミホイール、キーレスプッシュスタートシステム]は75,600円高(「FX」レーダーブレーキサポート装着車)。
* ディスチャージヘッドランプ装着車[ディスチャージヘッドランプ、オートライトシステム]は54,000円高(「FZ」)。
* クリスタルホワイトパール(昇降シート車除く)、ムーンライトバイオレットパールメタリック(昇降シート車除く)、スチールシルバーメタリック(スティングレー)塗装車は21,600円高。


「ワゴンR」WEBカタログ
「ワゴンRスティングレー」WEBカタログ
「ワゴンR 昇降シート車」WEBカタログ

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 三菱 デリカD:5│悪路だけと思うなよ! 意外にもデリカD:5は峠最速ミニバンだった!?(2019/05/19)
【試乗】新型日産 デイズ|軽の進化が止まらない!一気に進化したデイズをテストコースで全開試乗!(2019/05/18)
【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV(2019/05/12)
【試乗】新型ボルボ V60クロスカントリー|V60本来の良さをクロスカントリーが引き出す(2019/05/06)
【試乗】トヨタ サクシードバン ハイブリッド|働く車、商用車をワインディングで試す!(2019/05/01)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV(2019/05/12)
2
keep
【試乗】新型 日産 リーフe+│航続距離の延びだけじゃない!公道試乗でわかった乗り心地の進化(2019/04/26)
3
keep
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
4
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
5
down
【試乗】新型ボルボ V60クロスカントリー|V60本来の良さをクロスカントリーが引き出す(2019/05/06)
6
up
【試乗】新型プジョー 508|デザインが革新的に変化! 鋭い加速が魅力的な1台(2019/04/29)
7
down
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)
8
keep
【試乗】トヨタ サクシードバン ハイブリッド|働く車、商用車をワインディングで試す!(2019/05/01)
9
up
ホンダ 新型インサイトに試乗。スポーティセダンに生まれ変わり、走りも見た目もゆとりを手に入れた(2019/02/19)
10
down
【試乗】新型マツダ3(アクセラ)|素晴らしくマニアックな進化をしている! はっきりいって期待大だ!(2019/03/09)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027