新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧Audi A8 の装備、仕様を一部変更 / navi

クルマニュース

Audi A8 の装備、仕様を一部変更 / navi

(2015/08/18)

● 3.0 TFSI quattroにマトリクスLEDヘッドライトを標準装備化

アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大喜多 寛)は、アウディのラインナップの頂点に立つ、プレミアムラグジュアリーセダン、Audi A8 の装備、仕様を一部変更し、8月18日より全国の正規ディーラー(115店舗、現時点)を通じて発売いたします。

Audi A8は The Art of Progress (革新の美学) をコンセプトとするアウディのフラッグシップモデルです。細部に渡りアートの領域にまで高められた美しいデザインと軽量・高剛性で優れた安全性を誇るアルミニウムボディASF(アウディ スペース フレーム)を採用するなど、このセグメントに新たな価値をもたらしています。

このたびの変更で、3.0 TFSI quattroにもマトリクスLEDヘッドライトを標準装備化いたします。この革新的なヘッドライトはロービーム用のLEDと、25個の小さなLEDの集合体であるハイビームユニットから構成されており、約10億種類もの配光パターンを実現しています。ハイビーム時にカメラでセンシングを行い前方を走る車両や対向車を検知して、必要に応じてLEDを個別に点灯・消灯することでハイビームの光を部分的にマスキングし、先行車や対向車を眩惑することなく、正確に路面を照射することが可能な画期的なライティングシステムです。夜間の見通しが悪い幹線道路などでハイビームにしたまま走行が可能となり、視認性が大幅に向上します。

また、予防安全のためのアシスタンスシステムについては、アウディ プレセンスパッケージとして、車線変更時の危険を減らすアウディ サイドアシスト、ステアリングの自動修正を行い車線維持を助けるアウディ アクティブレーンアシスト、車間距離を一定に保ちつつ走行するアダプティブクルーズコントロールなどを標準装備しています。

車両本体価格

モデル:A8 3.0 TFSI quattro
エンジン:3.0リッターV型6気筒DOHC スーパーチャージャー
駆動方式:quattro
ハンドル:右/左
トランスミッション:8速ティプトロニック
車両本体価格(税込):11,290,000

モデル:A8 4.0 TFSI quattro
エンジン:4.0リッターV型8気筒DOHC インタークーラー付バイターボ
駆動方式:quattro
ハンドル:右/左
トランスミッション:8速ティプトロニック
車両本体価格(税込):13,670,000

モデル:A8 L 4.0 TFSI quattro
エンジン:4.0リッターV型8気筒DOHC インタークーラー付バイターボ
駆動方式:quattro
ハンドル:右/左
トランスミッション:8速ティプトロニック
車両本体価格(税込):15,640,000

モデル:A8 L W12 quattro
エンジン:6.3リッターW型12気筒DOHC
駆動方式:quattro
ハンドル:右/左
トランスミッション:8速ティプトロニック
車両本体価格(税込):22,400,000

モデル:S8
エンジン:4.0リッターV型8気筒DOHC インタークーラー付バイターボ
駆動方式:quattro
ハンドル:右/左
トランスミッション:8速ティプトロニック
車両本体価格(税込):17,820,000

A8


クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027