新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン「up!」にクロスオーバールックの「cross up!」が登場 / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン「up!」にクロスオーバールックの「cross up!」が登場 / navi

(2015/08/20)

crossup



フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社(代表取締役:スヴェン シュタイン、本社:愛知県豊橋市、略称:VGJ)は、人気のスモールカー「up!(アップ!)」に、クロスオーバールックの専用パーツを多用したゴキゲン♪な「cross up!(クロスアップ!)」を新たにラインアップにくわえ、本日から全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで販売を始めます。全国希望小売価格(税込)は¥1,940,000 と、このタイプのモデルとしては、200 万円を切る戦略的な価格にしました。ボディ色、オプションについては、下記の一覧表をご参照ください。

「cross up!」は、フォルクスワーゲンのクロスシリーズとして2006年に登場した「CrossPolo(クロスポロ)」、「CrossGolf(クロスゴルフ:2007年)」、「CrossTouran(クロストゥーラン:2012年)」に続く第4弾目になります。2013年の東京モーターショーに参考出品した「cross up!」は、その個性的なクロスオーバールックとそれ以上に愛らしいデザインが人気になりました。専用フロント&リヤバンパー、ルーフレールに加え、「up!」ではもっとも大きな16インチの専用アルミホイールを採用。最低地上高も10mm上昇したことで、「cross up!」は、クロスシリーズ特有のSUVルックを際立たせた、とてもお洒落でスタイリッシュな「up!」に仕上がっています。

【価格、オプション、カラーバリエーションなど】

▼モデル
cross up! (4dr/5 速ASG)
▼価格(税込)
¥1,940,000
▼ボディカラー(全5 色)
トルネードレッド、キャンディホワイト、ブルーベリーメタリック、リフレックスシルバーメタリック、ディープブラックパールエフェクト

【cross up!専用エクステリアパーツ】

シルバーフロント&リヤバンパー、ホイールハウスエクステンション、ブラックサイドモールディング(cross up!ネームプレート付き)、シルバードアミラー、シルバールーフレール

【cross up!専用インテリア : ボディとインテリアのカラーコンビネーション】

ダッシュパッドの色は3種類 (レッド/ブラックパール/ダークシルバー)あり、それぞれのボディ色とコーディネートされています。
▼ボディカラー(全5 色):ダッシュパッド/ダッシュボード:シートカラー(内側/外側)
トルネードレッド:レッド/アンスラサイト:レッド/グレー
キャンディホワイト:ブラックパール/アンスラサイト:アンスラサイト/グレー
リフレックスシルバーメタリック:ブラックパール/アンスラサイト:アンスラサイト/グレー
ディープブラックパールエフェクト:ブラックパール/アンスラサイト:アンスラサイト/グレー
ブルーベリーメタリック:ダークシルバー/アンスラサイト:アンスラサイト/グレー

【その他】

▽現行の「up!」同様、「cross up!」にも環境に優しく燃費にも効果的なアイドリングストップとブレーキエネルギー回生システムが付いた「BlueMotion Technology」を標準装備。(燃費:25.2km/ℓ:JC08モード)
▽「high up!」同様、レザーステアリング、レザーハンドブレーキやアルミホイールなどの上級装備を標準装備。


Vehicle Data:cross up!
▼車両の仕様:5速ASG、右ハンドル、4人乗り
▼車両型式:DBA-AACHYW
▼エンジン:直列3気筒DOHC(4バルブ)
排気量:999cc
最高出力:55kW(75PS)/6,200rpm
最大トルク:95Nm(9.7kgm)/3,000~4,300rpm
▼全長X全幅X全高(mm):3,570 x 1,650 x 1,520
▼ホイールベース(mm):2,420
▼燃料消費率 (JC08 モード):25.2km/ℓ
▼専用パーツ
◇エクステリア
シルバーフロント&リヤバンパー、ホイールハウスエクステンション、ブラックサイドモールディング、シルバードアミラー、シルバールーフレール
◇インテリア
3 色のダッシュパッド/ダッシュボード(前項の“cross up!専用インテリア :ボディとインテリアのカラーコンビネーション“を参照ください)
▼その他の特徴
・アップグレード内装パーツ:high up!と同じレザーステアリング、レザーハンドブレーキを標準装備
・ボディカラー(全5色):トルネードレッド、キャンディホワイト、ブルーベリーメタリック、リフレックスシルバーメタリック、ディープブラックパールエフェクト
・タイヤ/ホイール:185/50R16 タイヤ / 6Jx16 アルミホイール
▼その他の主な標準装備品
- BlueMotion Technology
(Start/Stop システム+ブレーキエネルギー回生システム)
- シティエマージェンシーブレーキ (低速域追突回避・軽減ブレーキ)
- ESP
- ABS
- ブレーキアシスト
- エマージェンシーストップシグナル
- フロントエアバッグ+頭部保護機能付サイドエアバッグ (運転席/助手席)
- パワーウインドー (前席:運転席側に助手席側用スイッチも装着)
- 電動リモコンドアミラー (ヒーター付き)
- フォグランプ (フロント/リヤ)
- RCD 215 (CD プレーヤー、MP3 再生、AM/FM ラジオ)
- ヒルホルダー機能
- チルトステアリング
- 電動パワーステアリング
- ファブリックシート (高さ調整式シート:運転席のみ)
- 分割可倒式シート (後席)
- 残照装置付きルームランプ
- タイヤ応急修理キット
▼その他:Volkswagen Professional Care(標準付帯)
全国希望小売価格(税込) :¥1,940,000

クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027