新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ、軽トラック「キャリイ」の燃費と実用性を向上して発売 / navi

クルマニュース

スズキ、軽トラック「キャリイ」の燃費と実用性を向上して発売 / navi

(2015/08/20)

キャリイKC



スズキ株式会社は、軽トラック「キャリイ」を一部仕様変更し、燃費を向上させたほか、5速オートギヤシフト(5AGS)車の2速発進モード追加や、ボディー表面積の100%を防錆鋼板とするなど、実用性をさらに高めて8月20日より発売する。

キャリイ 一部仕様変更車の主な特長

(1)燃費の向上

・エンジン制御の変更等により、全車の燃費向上を行った。

駆動・変速機別燃費一覧

▼5MT
燃費向上:+1.2km/L
燃料消費率 JC08モード走行(km/L)2WD:19.8
燃料消費率 JC08モード走行(km/L)4WD:19.6

▼3AT
燃費向上:+0.4km/L
燃料消費率 JC08モード走行(km/L)2WD:17.2
燃料消費率 JC08モード走行(km/L)4WD:17.0

▼5AGS
燃費向上:+0.8km/L
燃料消費率 JC08モード走行(km/L)2WD:20.2
燃料消費率 JC08モード走行(km/L)4WD:20.0

(2)5AGS車に2速発進モードを追加

・5AGS車に2速発進モードを追加し、空荷時や軽積載時のよりスムーズな発進と快適な乗り心地を実現した。

(3)ボディー表面積の100%に防錆鋼板を採用

・ルーフパネルにも防錆鋼板を採用し、ボディー表面積の100%が防錆鋼板となり、防錆性能を向上した。

(4)作業性や乗り心地を向上

・左右2カ所の平シート用フックを採用したほか、リヤゲート中央に荷台フックを追加したことで、作業性を向上し、積荷をより安定して固定できるようにした。
・シートクッションを大型化し、乗り心地を向上させた。

なお、キャリイ特装車シリーズにも同様の仕様変更を施したほか、新たに「リフトダンプ」を設定。2015年10月の生産開始を予定している。

* キャリイ特装車シリーズは改造車にあたるため、燃費値を有さない。また、機種によってフック数が異なる。

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)(単位:円)

▼「キャリイ」
KC:684,720~833,760
KC パワステ:871,560
KC パワステ 農繁仕様:898,560
KC エアコン・パワステ:806,760~1,081,080
KC エアコン・パワステ 農繁仕様:982,800
KX:936,360~1,167,480

▼「キャリイ特装車シリーズ」
■ダンプシリーズ
金太郎ダンプ:1,046,520~1,256,040
頑丈ダンプ:1,285,200~1,367,280
深底ダンプ 格子型 鳥居:1,109,160~1,318,680
深底ダンプ パネル型 鳥居:1,125,360~1,334,880
浅底ダンプ:1,223,640
清掃ダンプ:1,186,920~1,393,200
新設定 リフトダンプ:1,474,200

■食品シリーズ
保冷車:1,184,760~1,394,280
冷凍車 1WAY:1,684,800~1,894,320
冷凍車 2WAY:1,870,560~2,080,080
低温冷凍車:1,976,400~2,185,920
移動販売冷凍車:1,797,120~2,006,640

▼ゲートリフターシリーズ
垂直式 ゲートリフター:1,182,600~1,392,120
アーム式 ゲートリフター:1,146,960~1,356,480

▼バイクキャリイカー
バイクキャリイカー:778,680~860,760

* 価格には、リサイクル料金、保険料、税金(除く消費税)、届出等に伴う費用は含まれない。
* セットオプション[助手席SRSエアバッグ、助手席シートベルトプリテンショナー、4輪ABS]装着車は37,800円高。(KC エアコン・パワステ、KX)
* ディスチャージヘッドランプ装着車[ディスチャージヘッドランプ、オートライトシステム]は54,000円高(KC エアコン・パワステ 5MT・3AT車、KX)

「キャリイ」WEBカタログ
「キャリイ特装車シリーズ」WEBカタログ

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アルピーヌ A110S │腕自慢に乗ってほしい! 本場アルプスで鍛えられた、超ストイックなリアルスポーツカー(2020/05/22)
【試乗】新型 BMW X7|500km以上の道のりでも駆けぬける歓びが絶えず湧き上がるラグジュアリーSUV(2020/05/18)
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
【試乗】BMW 8シリーズグランクーペ M850i xドライブ│長距離は大得意! とにかくエレガントな4ドアクーペ(2020/04/28)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル(2020/04/12)
3
up
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
4
down
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
5
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
6
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
7
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
8
down
【試乗】新型 ホンダ N-WGN│室内広々、出だしは力強い! 街乗りにピッタリな1台(2020/04/18)
9
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
10
down
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027