新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧シトロエン「C4」に新パワートレインを搭載し発売開始 エンジン・オブ・ザ・イヤー受賞エンジンと最新 6 速 EAT で燃費向上、276 万円より / navi

クルマニュース

シトロエン「C4」に新パワートレインを搭載し発売開始 エンジン・オブ・ザ・イヤー受賞エンジンと最新 6 速 EAT で燃費向上、276 万円より / navi

(2015/08/26)

プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:クリストフ・プレヴォ)は、シトロエンの 5 ドアハッチバック「C4」に新パワートレインを搭載、フェイスリフトを行い 9 月 11 日(金)より全国のシトロエン ディーラーネットワークにて発売を開始いたします。

2011 年にフルモデルチェンジされたシトロエン C4 は、スタイリッシュでエレガントなデザインと、快適な室内空間、そしてシトロエンらしいしなやかかつパワフルなドライビングに定評があるハッチバックモデルで、今回のフェイスリフトではパワートレインを一新しました。

PSA プジョー・シトロエン・グループが新世代エンジンとして開発し、インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー2015 を受賞した「PureTech(ピュアテック) 1.2 リッター・ターボエンジン」と、新世代の 6 速オートマチックトランスミッション「EAT6」を搭載しています。このクラスに最適な動力性能と高い燃費効率、環境性能を備えた上、スムースかつレスポンスの良い洗練されたドライバビリティを実現しています。スタート&ストップ機能も新たに加えられ、従来モデル(1.6 リッター・ターボ+6EGS)に比べ約 20%燃費が改善されました。
また、外観ではヘッドライトとリアコンビネーションランプのデザインと機能を一新しています。LEDランプを内蔵したヘッドライトはシャープで精悍なデザインにリファインされ、リアランプには 3D の視覚効果を持つ独特のデザインを採用、洗練されたフォルムと高い機能性を融合させています。

シトロエン C4 にはエントリーグレードの「C4 Seduction(セダクション)」と、パノラミックガラスルーフなどの装備を充実させた「C4 Seduction Upgrade Package(アップグレードパッケージ)」の 2 グレードをラインナップしました。コストパフォーマンスに優れた装備を持つ「C4 Seduction UpgradePackage」はこのクラスをリードする性能と機能を充実させており販売主力グレードとなります。

シトロエン C4 シトロエン C4

シトロエン C4 の主な特長は下記の通りです。
1. ダウンサイジングした次世代ユニット
PureTech1.2ℓ ターボエンジと EAT6 を搭載
2. ヘッドライトとリアコンビネーションランプの
デザインをリファンイン
3. 充実した装備の Seduction Upgrade Package を設定

■CITROËN C4
(消費税込)
C4 Seduction:¥2,760,000
C4 Seduction Upgrade Package:¥2,960,000


■シトロエン C4 の主な特長

1. ダウンサイジングした次世代ユニット PureTech 1.2ℓ ターボエンジと EAT6 を搭載
1.2ℓ ターボエンジ

C4 には、コンパクトハッチバック C3 に導入された 3 気筒 1.2リッターエンジンをベースに、最新の直噴システムとターボチャージャーを加え、高い動力性能と環境性能を備えたパワーユニットを採用しました。1 気筒あたり 5 つの噴射口を持つインジェクターからは 200bar の高圧燃料がスパークプラグに近い位置に噴射され、高効率の燃焼を実現しています。最新のターボチャージャーにより最高出力 130ps、最大トルク230Nm を生み出し、そのパフォーマンスは最高出力は60%、最大トルクは 95%(自然吸気エンジン比)という大幅な向上を成し遂げています。

PureTech1.2ℓ Turbo

この PureTech 1.2 リッターターボエンジンは、今年 6 月「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー2015」を 1.0~1.4リッター部門において受賞しています。PureTech エンジンの低燃費および CO2 排出量削減などのパフォーマンスが高く評価され、世界 34 ヶ国 80 名のモータージャーナリストの投票によりその栄誉に輝きました。

またトランスミッションには C4 PICASSO に採用され国内でも高い評価を得ている EAT6(エフィシェント・オートマチック・トランスミッション)を搭載。ギヤレシオをハイギヤード化することで同一速度域でのエンジン回転を下げ、新開発のクラッチによってロックアップ領域を拡大、トルクコンバーターのスリップロスを低減させています。また、ミッション全体のフリクションロスもさらに低減し、低速域でのニュートラルコントロールを最適化するなど効率を突き詰めることによって、スムースで省燃費、静粛性を高めています。より素早く、ダイレクトなシフトフィーリングを実現した次世代型トランスミッションです。

これら PureTech1.2 リッターターボエンジンと EAT6 との組み合わせに加え、ストップ&スタート(アイドリングストップ)機能の搭載、約 30kg の車重軽減などにより燃料消費量(JC08 モード)は16.3km/ℓ を達成。従来モデルの 13.5km/ℓ に比べ 20%以上の燃費改善を果たしました。

EAT 6 (Efficient Automatic Tramsmisson)
 C4
インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー2015


2. ヘッドライトとリアコンビネーションランプのデザインをリファンイン

シトロエン C4 は、コンパクトで個性的なフォルムが特長的ですが、ヘッドライトのリファインにより、 さらに精悍でモダンなフロントフェイスとなりました。引き締まったシャープなデザインのハロゲンヘ ッドライトには、LED ランプが組み合わされます。LED はエンジン始動とともに白色に点灯し、ウイ ンカーと連動して点滅します。

一方、新しいリアコンビネーションランプは、シトロエン独自の 3D ライトを採用しました。多数の LED を使用することによって、奥行き深い立体感のある 3D 視覚効果を生み出し、シトロエンの個 性を際立たせます。

ヘッドライトとリアコンビネーションランプ


3.充実の装備 「Seduction Upgrade Package」

シトロエン C4 は、従来の装備にさらに磨きをかけました。また、快適性や利便性、安全性を高め る新装備の多くを「C4 Seduction Upgrade Package」に設定しています。このパッケージでは価 格をエントリーレベルから 20 万円アップとしながらも従来モデルに比べ大幅に装備を充実させて います。

Seduction Upgrade Package にプラスされる装備
▼大型パノラミックガラスルーフ … 1.3 ㎡の広さを持ち、開放的で快適な室内空間を 作り出します。電動のブラインドを備え、ルームライトには LED を使用しています。

▼スマートキー・システム&エンジンスタートボタン … キーを携帯していれば車が感知し、 ドアハンドルに触れるだけで自動的に解除。さらにセンターコンソールのボタンでエン ジンを始動、停止することができます。

▼新デザイン 17 インチアロイホイール(ダイヤモンドカット加工)

▼ブラインドスポットモニターシステム … サイドミラーのコーナーに配置されたオレンジ ダイオードにより、後方車両が死角に入った際にドライバーに警告します。フロントとリ アバンパーに組み込まれた4つのセンサーにより、サイドミラーからリアバンパーの後 方約 5m、車両の側面約 3.5m の範囲を監視します

▼車両周囲の障害物を検知するフロントソナー

充実の装備


その他の装備

他にもシトロエン C4 には、安全性や快適性を高める新たな装備を追加し、このセグメントをリード するシトロエンのポジションを確立しています。

▼余裕のラゲージスペース …C4 は使い勝手の良さにも定評があります。ラゲージスペ ースはクラス最大級の 380ℓ を誇ります。また 6:4 の分割可倒式のリアシートによって、 スキーやサーフボードなどの長尺も収納可能です。

▼新発想のデジタル+アナログメーター … 安全で快適な運転操作のために、シトロエ ン C4 のメーターは視認性の高い独自のデザインが特長です。メーターの照明は好み に応じて白色系からブルー系まで 5 段階に調整可能です。

▼インテリジェントトラクションコントロール(標準装備)… 雪道や悪路など滑りやすい路面で のグリップを高め、特にスタートしにくいコンディションを検知し、安全で最適なグリップ 力を確保します。

▼ヒルスタートアシスト(標準装備) … 急な坂道での発進時にブレーキペダルから足を離し ても自動的に車両の動きを 2 秒間静止させます。3%以上の勾配でもスムースに車両 を発進することができます。

その他の装備

ボディカラー
ボディカラー

ボディサイズ
ボディサイズ



■シトロエン C4 諸元表

シトロエン C4 諸元表



■ シトロエン C4 主な装備

 シトロエン C4 主な装備
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027