新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ アクセラスポーツ/アクセラ 【一部改良】 / navi

クルマニュース

マツダ アクセラスポーツ/アクセラ 【一部改良】 / navi

(2008/01/23)

クローム化されたドアハンドルやピアノブラック調パネルなどを追加装備

マツダ アクセラ|ニューモデル速報
↑写真はオーロラブルーマイカのボディカラーをもつ、アクセラスポーツ23S(5速AT-2WD)
ヨーロッパテイストを前面に押し出したマツダのコンパクトカー、アクセラスポーツ(5ドア/マツダスピード含む)とアクセラ(4ドア)に、内外装のリファインが施された。
変更点は各グレードにより異なっている。エクステリアではボディ同色だったドアハンドルのクロームタイプへの変更(5ドア23S/20S、4ドア20S)、リアバンパーのブラック部分の拡大(5ドア23S/20S)、ルーフスポイラーの追加(5ドア20C)。またダークティンテッドガラスの標準化(5ドア20S/20C)、205/50R17タイヤ+17インチアルミホイールの採用(5ドア23S)などだ。
インテリアではピアノブラック調パネルのセンターパネルなどへの採用(5ドア23S/20S、マツダスピード、4ドア20S/20E)、ドアハンドル&Pブレーキレバーなどがクローム仕上げに変更(5/4ドア15Fを除く)。また照明付きバニティミラーの運転席/助手席への装備(5ドア23S/20S/20C、マツダスピード、4ドア20S/20E)や、キーレスエントリー&スタートシステム(5ドア23S、4ドア20E)の装備が見直された。
そのほか上級モデルにはエンジンフードや、ドア/フロアに遮音材が追加され、静粛性の向上が図られた。さらに5ドア23Sでは、ボディ剛性の向上や足まわりのチューニングが変更され、操縦安定性が改善されている。
ボディカラーはメトロポリタングレーマイカとカッパーレッドマイカが新色として設定され全9色に。またマツダスピードもクリスタルホワイトパールマイカなど3色が追加され全4色に。
価格は5ドアが151万750円から241万円。4ドアが151万750円から207万円。従来モデルとの比較では、5ドア23Sを例に挙げると11万円のアップになる。

同時に、本革とアルカンターラを組み合わせた専用シートや、本革巻きステアリングを装備した20Eが4ドアに新設定されている。さらに5ドア23S/20Sをベースに、17インチホイールやBOSEサウンドシステムなどが追加された特別仕様車、23HS/20HSも用意された。
グレード アクセラスポーツ23S
駆動方式 2WD(FF)
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4435×1745×1465
ホイールベース(mm) 2640
車両重量(kg) 1300
乗車定員(人) 5
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 2260
最高出力[kW(ps)rpm] 126(171)/6500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 214(21.8)/4000
10・15モード燃費(km/L) 12.2
ガソリン種類/容量(L) プレミアム/55
車両本体価格(万円) 222.6
発表日:平成20年1月22日 取り扱い:マツダ店、アンフィニ店、オートザム店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト(2020/03/28)
【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト(2020/03/25)
【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし(2020/03/24)
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
4
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
9
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027