新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧「マツダ フレア」を一部商品改良 / navi

クルマニュース

「マツダ フレア」を一部商品改良 / navi

(2015/09/03)

-ターボ車にもISG*1(エンジンをモーターでアシストする機能付き発電機)を採用し、燃費性能を向上-

マツダ株式会社は、軽乗用車『マツダ フレア』を一部商品改良し、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系、およびマツダオートザム系販売店を通じて9月3日より発売します。

「マツダ フレア HS」
「マツダ フレア カスタムスタイルHT」



今回の商品改良では、5MT車を除く全機種で燃費性能を向上しました。
ターボエンジン搭載機種にISG*1を搭載した「S-エネチャージ」*2を新たに採用することで、燃費性能を26.4km/L~28.0km/L*3に向上しました。
また、自然給気エンジンも改良し、CVTを搭載した機種の燃費性能は29.0km/L~33.0km/L*3(HSの2WD車、カスタムスタイルHSの2WD車、XG)に達しています。
さらにLED内蔵フロントグリルやLEDイルミネーションなどを採用した個性的な内外装と充実装備で人気の「カスタムスタイル」では、フロントフォグランプにもLEDを採用し、「フロントLEDフォグランプ」を標準装備としました。

■マツダ フレアの商品改良の概要>

ターボエンジン搭載車に「S-エネチャージ」を採用
S-エネチャージには以下の特徴があります。
・発進後、加速する際に、ISGによるモーターアシスト*4で燃費を向上しています。
・減速時のエネルギーで発電・充電を行い、低燃費に貢献しています。
・静かでスムーズなエンジンの再始動を実現しました。
・「S-エネチャージ」搭載車には専用のメーターデザインを採用しています。

自然給気エンジン車の燃費性能を向上(5MTを除く)
ターボ車を除く全車で、エンジンの圧縮比を11.5に高めるなどの改良を行い、CVT搭載車では29.0~33.0km/L*3の燃費性能を実現しました。

ボディカラーのラインナップを変更
全8色を用意しています。
スペリアホワイト(XG)
シルキーシルバーメタリック(XG、HS)
ブルーイッシュブラックパール3(全機種)
フィズブルーパールメタリック(XG)
クリスタルホワイトパール(HS、カスタムスタイルHS、カスタムスタイルHT)
アーバンブラウンパールメタリック(HS)
スチールシルバーメタリック(カスタムスタイルHS、カスタムスタイルHT)
フェニックスレッドパール(カスタムスタイルHS、カスタムスタイルHT)

■メーカー希望小売価格(消費税込)は以下の通り>

XG:1,155,600円~1,287,360円
HS:1,372,680円~1,493,640円
カスタムスタイル HS:1,465,560円~1,586,520円
カスタムスタイル HT:1,636,200円~1,757,160円

- 上記メーカー希望小売価格に加えて、購入時にリサイクル料金8,480円が別途必要。
- フレア「XG」CVT車のメーカーセットオプション「レーダーブレーキサポート」を選択した場合は51,840円高(消費税込)
- フレア「HS」のメーカーオプション「ディスチャージヘッドランプ」を選択した場合は54,000円高(消費税込)
- ボディカラー「クリスタルホワイトパール」「スチールシルバーメタリック」を選択した場合は、21,600円高(消費税込)。

*1 Integrated Starter Generator:モーターでエンジンをアシストする機能付き発電機。
*2 ISGによって、減速エネルギーによる発電量の増加とモーターによるエンジンアシストを実現したシステム
*3 JC08モード燃費(国土交通省審査値)。
*4 1回のモーターアシスト時間:最長30秒

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
5
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
6
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
7
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
8
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027