新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱、軽商用車『ミニキャブ トラック』を一部改良 / navi

クルマニュース

三菱、軽商用車『ミニキャブ トラック』を一部改良 / navi

(2015/09/04)

三菱自動車は、軽商用車『ミニキャブ トラック』の燃費や快適性を向上させるなど一部改良を施し、全国の系列販売会社を通じて9月3日(木)から販売を開始します。車両本体のメーカー希望小売価格は812,160円~1,210,680円(消費税込)。

1.主な変更点

(1)燃費の向上
・エンジン制御の変更により、5MT車の燃費(JC08モード燃料消費率)を1.2km/L向上させ、2WD車は19.8km/L、4WD車は19.6km/Lとしました。また、3AT車は同じく0.4km/L向上させ、2WD車は17.2km/L、4WD車は17.0km/Lとしました。
(2)快適性の向上
・運転席、助手席のシート座面を大型化することで、座り心地を向上させました。
・全車にエアコンフィルターを追加したほか、「G」グレードにはシート下の板金部分を覆うシートライザーカーペットを新たに採用し、室内の快適性を向上させました。
(3)機能装備
・荷台のサイド左右1ケ所ずつに荷台平シート用フックを採用したほか、リヤゲート中央部にゲートフックを追加し、作業性、積載性を向上させました。
・ルーフパネルに防錆鋼板を新たに採用し、ボディ表面積の100%を防錆鋼板としたことで、防錆性能を強化しました。

『ミニキャブ トラック』は、軽トラックトップレベル*1の荷台フロア長とし、荷台床面地上高を低く設定することで、優れた積載性を実現。作業効率を大幅に高めています。また、軽トラックトップレベル*1の室内幅により、ゆとりある室内空間を実現したほか、足元スペースを広くとったことによる運転のしやすさ、広いドア開口部と低いシート座面による良好な乗降性を実現しています。さらに、最小回転半径3.6mと小回りが利くショートホイールベースで、悪路での走破性、積載時の重量バランスにも優れ、様々な場面での使い勝手を高めています。
*1・・・2015年9月現在、自社調べ。

ミニキャブ トラック 「G」


2.メーカー希望小売価格

(消費税込)(リサイクル料金、保険料、消費税を除く税金、登録等に伴う費用は含まれません)
M:¥812,160~¥1,043,280
G:¥1,128,600~¥1,210,680
みのり:¥988,200

クリックでタグの選択
最新ニュース
国産SUVでは物足りない人への新提案、フォルクスワーゲン ティグアン(試乗レポート)(2017/05/17)
ついに誕生した、世界に通用する国産プレミアムクーペ「レクサス LC」。その“浮つきのない大人の仕様”を堪能(試乗レポート)(2017/05/15)
新プラットフォーム採用で同クラスNo.1を狙える車に!? SUBARU XV(試乗レポート)(2017/05/13)
最も成功した12気筒ミッドシップの進化形、ランボルギーニ アヴェンタドールS(海外試乗レポート)(2017/05/12)
TOYOTA、ピクシスエポックをフルモデルチェンジ(2017/05/12)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027