新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー、「フランクフルトモーターショー2015」出展内容を発表 ~ スポーツとテクノロジー、2 つのエリアを演出 ~ / navi

クルマニュース

プジョー、「フランクフルトモーターショー2015」出展内容を発表 ~ スポーツとテクノロジー、2 つのエリアを演出 ~ / navi

(2015/09/08)

フランクフルトモーターショー2015


ホール 8 に展開する 2900 ㎡のブースでは、308GTi by PEUGEOT SPORT(ワールドプレミア)、PEUGEOT FRACTAL(フラクタル、ワールドプレミア)、新しい 2 トーンのクープ・フランシュによるPEUGEOT QUARTZ、そして 308 R HYbrid の展示により、世界初公開の 4 つのコンセプトモデルが集結した感動的な空間を創りあげています。

プジョーはふたつのテーマを掲げたエリアで、スポーツと技術の新しいノウハウを披露します。スポーツ・エリアでは、308 GTi by PEUGEOT SPORT、208 GTi by PEUGEOT SPORT、RCZ R、308 Racing Cup、そしてPEUGEOT Vision Gran Turismo のシミュレーターを展示します。テクノロジー・エリアでは、PureTech とBlueHDi など高効率エンジンやEAT6 オートマチック・トランスミッション、そして 308 R HYbridのプラットフォームをご覧いただけます。
プジョーは、2015 年の上半期を充実した業績で成功裏に終えました。世界販売は 88 万 6000 台を記録し、対前年比で 3.9%増加させました。とりわけヨーロッパ(+6.7%)、アジア(+9.6%)、アフリカと中東(+10.9%)、インド/パシフィック(+50.2%)では好調を維持しつつ、プレミアムマーケットへの移行も継続しています。

1.環境面における足跡: ベンチマークはプジョー
エンジン・オブ・ザ・イヤー

PSA プジョー・シトロエンは、2020 年までに平均 CO2排出量 95 g/km を達成するという目標を掲げています。プジョーは自動車メーカーとして初めて、CO2排出量 106.9 g/km を達成しました。
C セグメントでは、308 が 10 モデルをクラス上位にラインナップしています。1.2ℓ PureTech 110ではCO2排出量はわずか95g/kmです。本年6月には、PureTech 3 気筒ターボエンジンが、1.0-1.4ℓ 部門の「エンジン・オブ・ザ・イヤー」を受賞しています。

2.PEUGEOT 308 GTi by PEUGEOT SPORT: 世界ベストセラーのスポーツ仕様
PEUGEOT 308 GTi by PEUGEOT SPORT

1.6ℓ THP 270 馬力のターボ付きガソリンエンジンを搭載しています。 0-100km は 6 秒、電子制御によるトップスピードは時速 250km です。11mm 車高を低くし、トルセン LSD、大径 380mm フロントブレーキ、19 インチホイールにより、卓越したハンドリング性能を提供します。このモデルには 6 色に加え、ペルラ・ネラ・ブラックと新色アルティメイト・レッドのツートーンとなる、クープ・フランシュを用意しています。
RCZ R と 208 GTi 30th Anniversary に続くこの 308 GTi by PEUGEOT SPORT は、競技部門の技術者、エンジニア、ドライバーによって開発されたことを示すプジョー・スポールのバッジをつけた、3 つめのモデルです。

3.PEUGEOT 308 R HYbrid: スーパーカーのようなパフォーマンスを発揮するコンパクトハッチバック
PEUGEOT 308 R HYbrid

車幅を 80mm 拡げ力強さを増したプジョー 308 RHYbrid は、一層際立った存在感を主張しています。500 馬力を発生するプラグイン・ハイブリッドテクノロジーは、1.6ℓ THP ガソリンエンジンが 270 馬力、それぞれの車軸上に搭載されたふたつの電気モーターが 115 馬力を発生します。最大トルクは 730Nm、0→ 100km はわずか 4 秒です。
4 輪駆動の PEUGEOT 308 R Hybrid は、EMP2 プラットフォームをベースとしています。スポーツシートを備え、CO2 排出量は 70g/km です。ドライブモードは、路面に合わせて Hot Lap (500 馬力)、Track (400 馬力)、Road (300 馬力) 、 ZEV (ゼロエミッション)と、パワーレベルの異なる 4 つのモードから選ぶことができます。

4.PEUGEOT 308 Racing Cup: レースのために生まれたモデル
PEUGEOT 308 Racing Cup

プジョー・スポールによる 308 GTi とエンジンの基本的 な部分を共有しサーキットのために開発された 308、そ れが PEUGEOT 308 Racing Cup です。270 馬力を発 生する 1.6ℓ THP ターボエンジンのモデルとは異なり、 このモデルは38馬力多い308馬力を発生します。プジ ョー・スポールがチューニングを施す新しいレースカー は、パワーが 14%アップしており、スタンダードモデル よりも 100〜150kg 軽量化されています。
パワートレーンは 308 GTi by PEUGEOT SPORT と同様ですが、308 Racing Cup では 6 つのピストンを施し たキャリパーによる競技用ブレーキと 6 速シーケンシャル・トランスミッション、パドルシフトを装着したステアリン グを備えています。

5.PEUGEOT FRACTAL:先進の PEUGEOT i-Cockpit
PEUGEOT FRACTAL:

2012 年に 208 が登場して以来、180 万人以上のユ ーザーに愛用されている PEUGEOT i-Cockpit は、 プジョーの現在を象徴しています。プジョーは革新 的なコンセプトカー「PEUGEOT FRACTAL(フラク タル)」で、新たな提案をいたします。この未来の電 気自動車には、より本能的なドライビングを提供す る た め サ ウ ン ド に フ ォ ー カ ス し た 、 PEUGEOT i-Cockpit の新たな演出が盛り込まれています。
PEUGEOT FRACTAL では、コックピットにおいても革新的な技術を投入します。HD ホログラフィック・ディスプ レイの新しいヘッドアップインストルメントパネルや、小径ステアリングにはタッチパッドを内蔵するほか、インテ リアの80%は3Dプリンターで制作されています。さらに、スマートウォッチで遠隔操作してドアを開けることがで きます。100%電気によって走行するこのアーバン・クーペは 204 馬力を発生し、走行距離は 450km です。車 重は 1000kg 以下に抑えられ、時速 100km まで 6.8 秒、1000m を 28.8 秒で到達します。3810mm のコンパク トな全長に地上高が 70〜110mm と低重心なことも、都会での生活にふさわしいデザインになっています。

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ボルボ 新型XC40リチャージプラグインハイブリッド T5 インスクリプション|電動化戦略第1弾における最後の1台が登場(2020/11/29)
美力を上げたモダンスポーツ JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE【Car as Art !】(2020/11/21)
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
【試乗】アウディ 新型e-tronスポーツバック|満を持して日本のプレミアム電気自動車市場に登場したアウディのピュアEV(2020/11/17)
【試乗】新型 メルセデスベンツ GLS|長距離、大雨で真価を発揮したフラグシップSUV(2020/11/12)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027