新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ポルシェ、ドライビングプレジャー、パフォーマンス、効率性を向上させたニュー911カレラの予約受注を開始 / navi

クルマニュース

ポルシェ、ドライビングプレジャー、パフォーマンス、効率性を向上させたニュー911カレラの予約受注を開始 / navi

(2015/09/08)

911 Carrera S  911 Carrera Cabriolet



日本. ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)は、何十年もの間、世界で最も人気の高いスポーツカーであり続けているニュー911カレラ、ニュー911カレラ カブリオレ、ニュー911カレラ S、ニュー911カレラ S カブリオレの予約受注を、2015年9月11日(金)より全国のポルシェ正規販売店にて開始いたします。

新たに登場する次世代911では、革新的な水平対向ターボエンジン、パフォーマンスと快適性が際立つ進化したシャシー、および新しいインフォテイメントシステムなどが開発されました。モータースポーツと市販スポーツカーでのターボエンジンに関する40年以上のノウハウにより、ニュー911カレラに搭載される新しいエンジンは、パフォーマンス、ドライビングプレジャー、および効率性の面でベンチマークを確立します。911カレラの各モデルに初めてオプション設定されるリアアクスルステアは、ドライビングダイナミクスを大幅に飛躍させます。

911カレラのエクステリアでは、4灯式ウエルカムホームライトを備える新しいヘッドライトから、リセスカバーのないドアハンドル、縦のスリットを備えるエンジンフード、そして特徴的な4灯式ブレーキライトを含む新しいテールライトなど多くの外観的特徴がリファインされています。インテリアでは、新たに標準装備されるマルチタッチディスプレイ付ポルシェ・コミュニケーション・マネージメントシステムが、機能を大幅に拡大するとともに、極めて優れた操作性を実現します。

新しいターボエンジン:20PSのパワーアップと燃料消費量の低減を両立

完全に新世代となったツインターボエンジンは、911カレラの感動的なドライビングプレジャーを、さらに強烈な体験へと引き上げます。911カレラのリアに搭載されたエンジンは、370PS(272kW)のパワーを解放してスポーティな駆動力に変換する、その時を待ち構えています。911カレラSのエンジンは、420PS(309kW)を発生します。いずれの場合も先代モデル比で20PS(15kW)のパワーアップを果たしています。両方のエンジンともに排気量は3リッターです。911カレラSのより大きなパワーは、改良されたコンプレッサーを備えるターボチャージャー、専用のエグゾーストシステム、およびエンジン・マネージメントシステムのチューニングによるものです。

新しいエンジンを特徴づけるものは、大幅に向上したトルクです(共に先代比60N・m増)。いずれの場合も、1,700rpmの低回転域から5,000rpmに至るまで、それぞれ450N・mと500N・mの最大トルクを常に発生し、優れたドライビングパフォーマンスを約束します。同時に、最高回転数が7,500rpmに達する新世代のエンジンは、従来のターボエンジンの最高回転数を大幅に上回ります。これを際立たせるのが、ポルシェならではのエンジンサウンドです。

全ての新世代911は、先代モデルと比べて向上したパフォーマンスと効率性を誇ります。例えば、モデルバリエーションによっては、新世代エンジンは約12パーセントも効率性に優れ、100km走行あたりの燃料消費量は最大1リッターも低減されています。911カレラのPDK仕様車は、今や100kmあたりわずか7.4リッターの燃料しか消費しません(100kmあたり0.8リッター減)。一方、911カレラSのPDK仕様車の燃料消費量は7.7リッター/100kmです(100kmあたり1.0リッター減)。*新欧州サイクル(NEDC)による計測

ニュー911は、パフォーマンスも印象的です。ポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)とスポーツクロノパッケージを装備する911カレラ クーペは、静止状態から100km/hまで4.2秒で加速します。これは、先代モデルよりもコンマ2秒速いタイムです。PDKとスポーツクロノパッケージを装備する911カレラSは、同じテストをわずか3.9秒でこなし(同じく0.2秒短縮)、4秒を切った初めての911カレラシリーズとなりました。そして、いずれのモデルの最高速度もさらに向上しています。911カレラの最高度速度が295km/hをマークする一方(6km/h向上)、911カレラSでは306km/hにも達します(4km/h向上)。

オプションのスポーツクロノパッケージを選択すると、911カレラのステアリングホイールに、918スパイダーのハイブリッドモードスイッチに由来するモードスイッチが備わります。モードスイッチは、「ノーマル」、「スポーツ」、「スポーツ・プラス」、「インディビジュアル」の走行モードに応じた4つのポジションを持つロータリーリングで構成されます。「インディビジュアル」モードでは、装備に応じて、例えばPASM、アクティブエンジンマウント、PDKシフトプログラム、スポーツエグゾーストシステムなどの車両設定を、ドライバーが自分の好みに合わせて調整することができます。PDK仕様車では、モードスイッチに「スポーツレスポンスボタン」が追加されます。このボタンを押すと、例えば追い越しをかける場面などで、20秒間の最大加速に備えてドライブトレーンのセッティングが変更されます。スポーツレスポンスボタン作動時には最適なギアが選ばれ、エンジン・マネージメントは特定の時間、よりいっそうシャープに反応するように調整されます。

標準装備:再設計されたPASMシャシーは車高を10mm低く設定

911カレラのドライビングダイナミクスは、オールラウンドスポーツカーのベンチマークです。すべてのニューモデルにおいて日常での快適性とサーキットでのパフォーマンスが、より際立っています。車高を10mm低く設定する新しいPASMシャシー(ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム)が、初めて911カレラの全モデルに標準装備され、高速コーナリング中の安定性が向上します。同時に、より幅広い特性を持つ新世代のショックアブソーバーは、いっそう正確になった応答特性のおかげで快適性を高め、さらにドライビングダイナミクスを改善します。スリムな5本ツインスポークを採用する新しい標準ホイールには、転がり抵抗が低減され性能を向上させたタイヤが装着されます。さらに、全てのバリエーションにおいて、リアホイールの幅が0.5インチ拡大されて11.5インチになりました。これで911カレラSのリアタイヤの幅は、これまでの295mmに代わって305mmになっています。

911カレラSにオプションとして用意されるアクティブリアアクスルステアは、911ターボおよび911 GT3から取り入れられたシャシーテクノロジーです。911の旋回性能をいっそう向上させることに加え、高速走行時の車線変更において高い走行安定性をもたらします。同時に、最小回転径が0.5m減少することで、市街地での取り回しがいっそう容易になります。改善されたハンドリングは、918スパイダーのステアリングホイールをベースにデザインされた新世代のステアリングホイールを介してドライバーに伝えられます。標準ステアリングホイールの直径は375mmで、オプションのGTスポーツステアリングホイールでは360mmです。日常の実用性が制限されないように、フロントアクスルのストラットには昇降用シリンダーを内蔵した油圧式リフティングシステムがオプション設定されています。ボタンを押すと、フロントの最低地上高が5秒以内に40mm上昇することで、傾斜の急な車庫の出口などで車両のアンダーボディが地面に接触することを防ぎます。

オンラインナビゲーションを組み込んだ新しいポルシェ コミュニケーション・マネージメントシステム

ニュー911カレラの各モデルには、オンラインナビゲーションモジュールとボイスコントロール機能を備える新開発のポルシェ コミュニケーション・マネージメントシステム(PCM)が標準装備されます。このPCMにはスマートフォンのような操作性を実現させた、マルチタッチ対応の7インチディスプレーが備わり、ユーザーは手書き入力をすることも可能です。また、Wi-Fiを使用すれば、携帯電話やスマートフォンを接続することもできます。iPhoneをPCMに接続することでApple CarPlayが使用できるようになったのも新たな特徴のひとつです。

交通情報が利用できるようになったことで、ナビゲーションの性能が大幅に向上しました。この情報は交通状況の概略をドライバーが素早く理解できるようにするためのもので、ルート案内に対してもダイナミックに反映されます。Google EarthおよびGoogle ストリートビューも初めて組み込まれたため、方向をより正確に把握することが可能です。

新規および拡張されたオプション:アシスタントシステム

911カレラでは、オプションとして新規および改良されたアシスタントシステムを使うことで、個人的な好みに、より忠実な仕様に仕上げることが可能です。オートマチックスピードコントロールは、例えば坂道を下る際に設定速度を超えると、軽くブレーキを作動させるようになっています。アダプティブクルーズコントロール(ACC)には、PDKとの組み合わせでコースティング機能が備わります。交通の流れに合わせて走行する際にクラッチを切ることで、エンジンの駆動力を使わないコースティング状態となって燃料を節約します。レーンチェンジアシストは、レーダーで後方の交通をモニターし、死角から接近してくる車両がいるとミラートライアングルの左右に組み込まれたLEDランプを使ってドライバーに警告します。さらに、ポルシェは、マルチコリジョンブレーキシステムを標準装備することにより、スポーツカーのアクティブセーフティを高めます。

モータースポーツと市販車における40年のターボの経験

ポルシェでは、極限のレース条件において実力を証明してきたイノベーションと開発が、常に市販車にも恩恵をもたらします。特にモータースポーツにおいて試されたターボテクノロジーを市販スポーツカーにフィードバックすることで、エンジンのパフォーマンスとダイナミクスは向上してきました。ポルシェは、水平対向6気筒ターボエンジンの開発において、40年以上のノウハウを誇ります。例えば、バイパスバルブを備えたターボチャージャーは、1972年に917/10レーシングカーに初めて用いられ、その2年後の1974年に、初代911ターボで市販車に取り入れられました。1974年には、インタークーラーも917/10に初めて導入されました。続いて1977年に、このテクノロジーは911ターボ3.3において市販モデルデビューを飾りました。ターボエンジンの開発におけるその他の画期的な出来事としては、2基のターボチャージャーを直列に連結したシーケンシャルターボ(スーパースポーツカーの959に初めて使用)、2基のターボチャージャーを並列に配置したツインターボ(911ターボ *タイプ993で初めて採用)、可変吸気バルブ(911ターボ *タイプ996で初めて採用)などがあります。


ニューポルシェ911カレラシリーズ 希望小売価格

2015年9月11日より
▼車種
▼トランスミッション   ハンドル    希望小売価格(消費税込価格)
▼ニュー911カレラ
7速MT     右 / 左    ¥12,440,000
7速PDK     右 / 左    ¥13,091,000
▼ニュー911カレラ カブリオレ
7速PDK    右 / 左    ¥15,100,000
▼ニュー911カレラS
7速MT     右 / 左    ¥15,191,000
7速PDK     右 / 左    ¥15,841,000
▼ニュー911カレラS カブリオレ
7速PDK     右 / 左    ¥18,130,000

クリックでタグの選択
最新ニュース
本当にディーゼルなのか疑いたくなる、メルセデス・ベンツ S 400d(2018/12/09)
パワー的に十分なFFモデルか+αの走行性能を有したAWD。どちらも捨てがたいXC40(2018/12/05)
ノスタルジーに浸ってしまった、中古のジープ チェロキー試乗(2018/12/04)
新型CR-Vはブレーキのコントロール性が非常に良い! ラグジュアリーとスポーティを両立したモデル(2018/11/27)
乗る前から分かっていたが、乗っても最高だった NEW アルピーヌ A110(2018/11/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027