新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BENTLEY BENTAYGA(ベンテイガ):スピード、パワー、ラグジュアリーで他を凌駕する世界最高峰のSUV(ベントレー) / navi

クルマニュース

BENTLEY BENTAYGA(ベンテイガ):スピード、パワー、ラグジュアリーで他を凌駕する世界最高峰のSUV(ベントレー) / navi

(2015/09/11)

(2015年9月9日、Crewe) Bentley Motorsは本日、セグメントの概念を塗り替える最高峰の新型モデル、Bentaygaの詳細を発表しました。

- 比類なきラグジュアリー性とスポーツ性能、オフロード性能、使いやすさが融合した真のBentley
- 革新的技術を採用した最先端の装備も期待を裏切らない超一流の豪華さ
- 設計、エンジニアリング、製造を英国Creweで実施。セグメントの常識を塗り替え、Bentleyのラグジュアリー性を新た なステージへと高めたSUV
- 彫刻のようなデザインは時代を超越し優美な仕上がり、絶妙に調和する躍動感と風格
- 現代的な製造方法と素材を用い、Bentleyの職人がみせる卓越した技
- ウッドパネル、金属、レザーの精密な細工が織りなす豪華でモダンな手仕上げの内装
- 気候や地形を選ばない、Bentleyのエフォートレスなパフォーマンス
- 究極の乗り心地と快適さを実現する先進的な新設計シャシー
- クルー生まれの新設計W12エンジンが出力、トルク、効率性、環境性能で他を凌駕、史上最強・最速のSUV
- 高性能クリーンディーゼル搭載車とプラグインハイブリッドモデル、7シートオプションも追加予定
- 360度ビューのビデオ、詳細な技術データ、インタビューなどを含むメディアキットはwww.bentleymedia.comへ


Bentley Bentaygaは、比類なきラグジュアリー性にエフォートレスなパフォーマンスと日々の使いやすさを融合した車です。

新設計のW12パワートレインを搭載したBentaygaは、スピード、パワー、ラグジュアリーで他を凌駕する世界トップクラスのSUVです。Bentleyならではのドライビングエクスペリエンスを実現するとともに、革新的な技術を採用した各種装備を投入しました。

設計、エンジニアリング、手作業による製作をCrewe本社で行うBentaygaのスタイリングは、まさに真のBentleyです。彫刻を思わせる、時代を超越した優美な仕上がり、躍動感と風格とが絶妙に調和しています。丸型のLEDヘッドライト4個と大型のマトリックスグリルから特徴的なパワーラインを通って逞しいリアハンチまで、BentleyのDNAを余すところなく表現しています。

Bentley Bentaygaは世界屈指の豪華なキャビンを誇り、その精巧さは他の追随を許しません。金属、ウッドパネル、レザーといった素材に施された装飾は、英国モダンラグジュアリーそのもの。ひとつひとつの模様の精巧さにまできめ細かな配慮がなされています。これほどまで完璧に仕上げることができるのは、Creweで働くBentley従業員の卓越した技があるからこそです。

新型車Bentaygaの心臓部となるのは、新設計の6.0リッターツインターボW12エンジンです。強力な12気筒ユニットは、圧倒的な出力とトルクに効率性と燃費性能も兼ね備えています。最高出力608 PS(447 kW)、最大トルク900 Nmを発生し、0‑100 km/h加速は4.1秒、最高速度は301 km/h。Bentaygaは世界最強・最速レベルのSUVです。

Bentley MotorsのWolfgang Dürheimer会長兼CEOは次のように語っています。「BentaygaはBentleyらしさを追求したSUVです。細部への徹底したこだわりと高い走破性、そして最先端技術が融合したこの車は、SUVセグメントにおけるラグジュアリーという概念を再定義するとともに、どのような環境でも真のBentleyらしさを体感することができます。この素晴らしい車が、Bentleyの成長と売上に貢献することを期待しています。Bentaygaは当ブランドのさらなる飛躍への第一歩なのです」

Bentaygaは9月15日~27日まで開催されるIAAフランクフルトモーターショーにて初公開されます。日本での価格は未定、日本への納車開始は2016年秋以降の予定です。

Bentaygaについての詳細および設計・開発チームの主要メンバーへのインタビューをwww.bentleymedia.comでご覧いただけます。



主要諸元
エンジン
種類         6リッターW12ツインターボTSI
最高出力       608 PS / 447 kW @ 5250-6000 rpm
最大トルク     900 Nm @ 1250-4500 rpm

トランスミッション
駆動方式     ZF製8速オートマチックギアボックス、フルタイム全輪駆動、トルセンセンターデフ、オープンリアデフ、フロント40対リア60のトルク配分
変速比      1速:4.71、2速:3.14、3速:2.1、4速:1.67、5速:1.29、6速:1.00、
7速:0.839、8速:0.667
減速比      2.85

ブレーキ、ホイール、タイヤ
フロントブレーキ      400 mmベンチレーテッドディスク
リアブレーキ      380 mmベンチレーテッドディスク
ホイール      標準20インチ、オプションで21インチと22インチ
タイヤ      Pirelli 275/50 R20、285/45 R21、285/45 ZR21、285/40 ZR22

ステアリング
種類      電動パワーステアリング、可変レシオ
ロックツーロック      2.3回転
最小回転直径      12.4 m
サスペンション
フロント      マルチリンク、48Vの電動アクティブ・アンチロール・バー
リア      マルチリンク、48Vの電動アクティブ・アンチロール・バー
スプリング      セルフレベリングエアサスペンション、連続可変式ダンピングコントロール

寸法
ホイールベース      2992 mm
全長            5141 mm
全幅(ミラー除く)      1998 mm
全幅(ミラー含む)      2223 mm
全高            1742 mm
燃料タンク容量      85 L
トランク容量            430 L (荷物カバー格納時は590 L)
車両重量(EU)      2422 kg
車両総重量      3250 kg

性能 - 型式認定申請中のため暫定値
最高速度      301 km/h
0-60 mph            4.0秒
0-100 km/h            4.1秒

燃費(EUサイクル) - 型式認定申請中のため暫定値
市街地            19.2 L/100 km
高速            9.1 L/100 km
複合            12.8 L/100 km
CO2 排出量      292 g/km

燃費(EPAサイクル) - 型式認定申請中のため暫定値
市街地(US mpg)      14
高速(US mpg)      20
複合(US mpg)      16
排出ガス規制      EU 6 および US LEV III

付加情報

-      新型Bentley Bentaygaの360度ビューと迫力ある映像、開発チームおよび設計チームの主要メンバーへのインタビューに興味のある方はwww.bentleymedia.comをご覧ください。
-      リリース内の諸元・装備品に関しては本国値もしくは暫定値です。日本仕様とは異なる場合がございます。
-      リリースおよび画像はwww.bentleymedia.com でご確認ください。

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
5
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
6
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
7
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
8
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027