新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー「RCZ R Final Version」を発表 〜 ハイパフォーマンスクーペの最終モデル、限定30 台 〜 / navi

クルマニュース

プジョー「RCZ R Final Version」を発表 〜 ハイパフォーマンスクーペの最終モデル、限定30 台 〜 / navi

(2015/09/17)

プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:クリストフ・プレヴォ)は、プジョーブランド史上最もパワ フルなスポーツクーペ RCZ R の最終モデル「RCZ R Final Version」を、全国の正規販売店網「プジョー・ディーラーネットワー ク」にて、本日より発売いたします。

RCZ R は、2014 年 4 月に限定 150 台にて発売したハイパフォーマンスクーペであり、モータースポーツ部門である PEUGEOT SPORT(プジョースポール)が徹底してチューンナップしたモデルです。 1.6ℓ ターボエンジン、6 速マニュアルト ランスミッションを搭載し、市販モデルにおいてプジョー史上最高の 270 ps を誇ります。今回のモデルは、トルセン LSD や 強化されたブレーキ性能などすべてを継承しながらカーボンルーフを追加装備して、より一層スポーティなモデルとして登 場いたしました。

RCZ R Final Versionの主な特長は次の通りです。

1. PEUGEOT SPORT にチューンナップされたハイパフォーマンス
2.高出力でありながら環境性能にも優れたパワートレイン
3.最高レベルの走りを支える装備と、カーボンルーフをはじめとした”R”専用デザイン


RCZ R Final Version
RCZ R Final Version



■ モデルおよび価格
RCZ R Final Version:¥5,508,000(消費税込み)

※ メタリックペイントオプション: \ 59,400

■ ボディカラーおよび設定台数
モロカン・レッド (メタリック)
オパール・ホワイト (ソリッド)
限定30台

RCZ R Final Version



■ RCZ R Final Versionの主な特徴

1. PEUGEOT SPORT にチューンナップされたハイパフォーマンス

RCZ R Final Version


プジョーのモータースポーツ部門である PEUGEOT SPORTが、スポーツモデル のノウハウを注ぎ込み、RCZ R Final Version専用にチューンナップしました。1ℓ あたり約170馬力という、プジョーの市販車において最強のエンジンとスペシャ ルチューニングされたサスペンションを搭載しています。さらに、ボディは車高を -10mm、車重は-10kgとし、380mm大径フロントブレーキディスクやフロント4 ポ ッド・レッドブレーキキャリパーを搭載しています。足回りでは高性能タイヤに19 インチアロイホイールを装着するなど、走りの性能を極限まで追求したモデルに 仕上がっています。

2.高出力でありながら環境性能にも優れたパワートレイン

RCZ R Final Version


搭載される EP 6 CDTR エンジンは、最高出力を可能な限り高められた 1.6ℓ 4気 筒ターボエンジンで、馬力はRCZ 200 ps仕様に対し 35%向上させ270 ps を実現 しています。シリンダーブロックには耐久性を高めるため特殊な熱加工を施し、 ピストンヘッドはF1 に使用されるレベルのアルミ素材を採用しています。さらに、 ターボチャージャーを大型化し、エキゾーストマニフォールドとハウジングを一 体化し高温を保つことで吸気効率の最大化を可能にしています。こうしたさまざ まなパーツに専用技術が加えられ、これまでにない革新的なパワートレインを 実現しています。RCZ R Final Versionはハイパワーだけでなく、高い環境性能も 両立しています。CO2排出量を 7% 低減し、EURO 6 の排出ガス規制に適応して います。

3.最高レベルの走りを支える装備と、カーボンルーフをはじめとした”R”専用のデザイン

RCZ R Final Version


クラス最高の走りは様々な装備によって支えられ、足回りではトルセン LSD が 高速コーナーなどで左右の車輪に生じた回転差を補正し、高速安定性とコーナ ーリング性能の向上を実現しました。さらに、固定式の大型リアスポイラーやサ ウンドチューニングを施したツインエキゾーストパイプを装備しています。デザイ ンでは新たにカーボンルーフを採用、フロントとリアに“R”エンブレムを配し、特 徴的なアーチはマットブラックに仕上げています。インテリアでは、ナッパレザー とアルカンタラを組み合わせた新設計のバケットシートを採用、細部に赤いステ ッチをあしらうなど、独特のアクセントを加えています。

RCZ R Final Version


主要諸元
主要装備
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
3
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
keep
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
7
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
8
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
keep
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027